2017年03月19日

◆ ネアンデルタール人との混血はなかった(証拠)

 ネアンデルタール人との混血はなかったことの、証拠が出た。私の予想通り。

続きを読む
posted by 管理人 at 20:10| Comment(13) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2017年01月02日

◆ 鳥は恐竜か?

 「鳥は恐竜だ」という説がある。妥当だろうか? 
 ( ※ 真相は、炎上商法だ。)

続きを読む
posted by 管理人 at 23:53| Comment(3) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2016年10月27日

◆ 小笠原諸島の外来生物(グリーンアノール)

 小笠原諸島で、グリーンアノールという外来生物が大繁殖して、困っているそうだ。

続きを読む
posted by 管理人 at 21:53| Comment(11) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

◆ 遺伝子ドライブとは?

 遺伝子ドライブとは何か? 解説しよう。

続きを読む
posted by 管理人 at 20:21| Comment(1) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2016年09月01日

◆ 縄文人のルーツ(本土・沖縄)

 縄文人の遺伝子が初めて解明された。結果は、昔の説には反するが、最新の説には合致する。

続きを読む
posted by 管理人 at 23:58| Comment(3) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2016年08月18日

◆ メンデルの業績

 「メンデルの法則」で有名なメンデルの業績について解説する。簡単に言えば、「遺伝子概念の提唱」である。

続きを読む
posted by 管理人 at 16:13| Comment(3) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

◆ ネアンデルタール人の絶滅(異論)

 ネアンデルタール人の絶滅について、新たな仮説が出た。人類と食料の競合があった、という説。続きを読む
posted by 管理人 at 21:49| Comment(3) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2015年11月26日

◆ 鼻炎・鼻づまりの対策

 日本人は、鼻炎・鼻づまりの人が多いという。そこで、その対策について、情報を示す。続きを読む
posted by 管理人 at 22:10| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2015年11月22日

◆ フローレス原人

 フローレス原人はジャワ原人から派生したことが判明したそうだ。続きを読む
posted by 管理人 at 18:23| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2015年10月18日

◆ 人類はなぜアフリカで誕生したか?

 人類はアフリカで誕生した。ではなぜ、アフリカなのか?続きを読む
posted by 管理人 at 19:48| Comment(2) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2015年09月22日

◆ 鳥類の進化と恒温性

 鳥類は、なぜ大幅に進化したか? 同系の爬虫類がほとんど進化しないのに、なぜ鳥類だけが大幅に進化したのか? 鳥類と爬虫類を区別するものは何か?続きを読む
posted by 管理人 at 15:08| Comment(2) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

◆ 昆虫の変態の謎

 蝶などの昆虫は、蛹から変態して、成虫になる。どうしてそうなるか?続きを読む
posted by 管理人 at 10:40| Comment(5) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2015年08月24日

◆ トバ・カタストロフはあったか?

 歴史的に人類の人口の急減があったとされる「トバ・カタストロフ」という事件は、あったか? なかった、と私は考える。続きを読む
posted by 管理人 at 23:48| Comment(2) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2015年08月23日

◆ ネアンデルタール人は私たちと交配した?

 「ネアンデルタール人は私たちと交配した」という本がAmazonでベストセラー1位になっている。だが……続きを読む
posted by 管理人 at 22:19| Comment(1) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2015年06月16日

◆ オスの存在意義

 前項 の続き。
 オスの存在意義は何か? 「オスはコストだ」とも言われるが。続きを読む
posted by 管理人 at 19:00| Comment(1) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2015年06月15日

◆ Nature でまた捏造論文?

 「オスの存在理由、実験で証明される」という論文が Nature に掲載された。しかしこれは、捏造っぽい。続きを読む
posted by 管理人 at 22:40| Comment(1) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2015年05月06日

◆ 人類の移動 3(北米)

 北米先住民は、いかにしてユーラシア大陸から来たか? これについて朝日に仮説らしきものが出ていた。「もともと白人と混血していたんだ」という珍説。
 ※ 本項では、真実を説明するのではなく、虚偽を指摘する。続きを読む
posted by 管理人 at 22:36| Comment(1) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2015年03月05日

◆ 最古のホモ族(原人)

 最古のホモ族(原人)の化石が発見されたそうだ。続きを読む
posted by 管理人 at 19:21| Comment(1) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2015年03月03日

◆ 人類の移動 2

 人類の進化や、人類の移動について、新たにまとめる。続きを読む
posted by 管理人 at 22:48| Comment(8) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2015年02月23日

◆ まつげは何のため?

 睫毛(まつげ)は、何のためにあるのか? 
   【 追記 】 あり。「虫から目を守るため」という説を加筆した。続きを読む
posted by 管理人 at 22:12| Comment(22) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2014年12月21日

◆ 人間のDNAの99%はマウスと同じ?

 人間の DNA の 99%はマウスと同じである……という情報があるが。
  ※ 【 追記 】 あり。続きを読む
posted by 管理人 at 11:55| Comment(3) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2014年12月20日

◆ 人間のDNAの半分はバナナと同じ?

 「人間のDNAの半分はバナナと同じだ」という俗説が出回っているが、本当か?続きを読む
posted by 管理人 at 21:55| Comment(2) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2014年08月24日

◆ 弥生人は朝鮮半島を経由したか?

 弥生人については、「朝鮮半島経由と、琉球諸島経由との、双方がある」と考える。
  ( ※ 美人動画 あり。)続きを読む
posted by 管理人 at 22:25| Comment(43) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2014年08月02日

◆ 走鳥類は翼を失った?

 「走鳥類は翼を失った鳥だ」という説がある。しかしそれは妥当ではない。逆に、翼のない走鳥類から、翼のある鳥へ進化したのだ。続きを読む
posted by 管理人 at 19:43| Comment(10) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

◆ 恐竜の小型化に5000万年

 恐竜が鳥類に進化する前の小型化には 5000万年かかった、という新説が出た。これをどう評価するか?続きを読む
posted by 管理人 at 09:54| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2014年07月25日

◆ 恐竜の鳥盤類に羽毛

 恐竜のうち鳥盤類に属する新種に羽毛があった、という新発見があった。これは何を意味するか?続きを読む
posted by 管理人 at 22:10| Comment(16) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2014年07月21日

◆ 人はなぜ性器を隠すのか

 人はなぜ性器を隠すのか? その理由は簡単だ。人以外の動物は、隠すための布をもっていないからだ。あと、性器を保護するため、という理由もある。続きを読む
posted by 管理人 at 13:32| Comment(1) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2014年06月12日

◆ レプトケファルスと進化の謎

 クラゲのような生物から、普通の生物へと、進化が起こった。そのことをレプトケファルスから推定できる。続きを読む
posted by 管理人 at 06:34| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2014年06月10日

◆ クシクラゲの進化と系統

 クシクラゲの神経は、他の生物の神経とは、まったく系統が異なることが判明した。これは何を意味するか?続きを読む
posted by 管理人 at 23:58| Comment(3) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2014年05月27日

◆ 恐怖記憶とオメガ脂肪酸

 恐怖の記憶をやわらげるには、DHA などの魚油を摂取するといい、という研究報告がある。続きを読む
posted by 管理人 at 20:59| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2014年05月26日

◆ 魚類の不思議(性別など)

 魚類の不思議な現象が解説されていた。その記事がおかしいと思えるので、私見を述べる。続きを読む
posted by 管理人 at 22:36| Comment(2) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2014年05月06日

◆ 利己的行動/利他的行動

 利己的行動の対極は、利他的行動か? いや、もう一つある。協調的行動だ。続きを読む
posted by 管理人 at 20:20| Comment(2) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2014年04月18日

◆ 眼の形成(自己組織化)

 眼という複雑な組織は、いかにして形成されるか? この問題は、ダーウィン以来の問題だ。それを解決したのが笹井芳樹だ。続きを読む
posted by 管理人 at 20:14| Comment(2) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2014年04月06日

◆ 進化論とゲノム・インプリンティング

 進化論にゲノム・インプリンティングの概念を適用することができる。続きを読む
posted by 管理人 at 09:00| Comment(2) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2013年12月26日

◆ ネアンデルタール人との競合

 前項 の続き。 ネアンデルタール人との間では、生態的領域が重ならないので、棲み分け競合はないはずだ……とすでに書いた。それとは逆に、本項では「棲み分け競合があった」という見解を示す。(両論併記の形になる。)続きを読む
posted by 管理人 at 18:48| Comment(2) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2013年12月25日

◆ 生態的領域(棲み分け領域)

 前項 の続き。棲み分けの領域を、「生態的領域」と呼ぶことにしよう。ここでの競合が重要だ。続きを読む
posted by 管理人 at 21:47| Comment(3) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2013年12月24日

◆ 種の絶滅は不適者絶滅(適者生存)?

 種の絶滅の理由は何か? 「適者生存」を「不適者絶滅」と言い換えて、自然淘汰説で説明できるか? いや、できない。続きを読む
posted by 管理人 at 23:53| Comment(2) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2013年12月22日

◆ 種の絶滅と環境

 生物種が絶滅したのは環境の変動が理由だ、という見解が強い。しかし、そうではない、と私は考える。続きを読む
posted by 管理人 at 21:08| Comment(1) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

◆ ネアンデルタール人の絶滅 3

 ネアンデルタール人が絶滅したのは環境の変動が理由だ、という主張がある。しかし、支持できない。続きを読む
posted by 管理人 at 21:06| Comment(1) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2013年12月21日

◆ 恐竜映画の嘘(ウォーキング with ダイナソー)

 「ウォーキング with ダイナソー」という新作映画がある。「最新の科学的成果」と報道されているが、この報道も、映画の内容も、嘘八百だ。続きを読む
posted by 管理人 at 22:34| Comment(10) | TrackBack(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2013年12月19日

◆ 女性に更年期があるのはなぜか?

 女性には更年期がある。これは自分の遺伝子を増やすためには不利である。ではどうして更年期があるのか?続きを読む
posted by 管理人 at 21:59| Comment(1) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2013年12月06日

◆ 人類が進化した理由(← 前項 )

 人類はなぜ進化できたのか? 昆虫やシーラカンスは、何億年も前からたいして進化していないのに、どうして人類はこれほどにも進化できたのか?続きを読む
posted by 管理人 at 23:48| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

◆ 異種間交雑が起こりにくい理由(ゲノム・インプリンティング)

 異種間の交雑は、哺乳類では起こりにくい。その理由は、ゲノム・インプリンティング(全遺伝子の刷り込み)だ。

  ( ※ 難解だが 重要 )
続きを読む
posted by 管理人 at 21:02| Comment(4) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2013年12月05日

◆ デニソワ人の分岐は?

 進化上で、デニソワ人の位置づけが変わったようだ。ネアンデルタール人の姉妹群かと思えたが、ホモエレクトスの近縁種と見なされるようになった。続きを読む
posted by 管理人 at 22:25| Comment(2) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2013年12月04日

◆ 恐怖は遺伝する?

 恐怖を感じたマウスの子孫も、同じ恐怖を感じるようになった……という実験結果が出たらしい。これは「獲得形質の遺伝」を意味するか?続きを読む
posted by 管理人 at 23:40| Comment(20) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2013年11月30日

◆ 同性愛の遺伝子はなぜ残る?

 同性愛者は子供を残さないので、遺伝子が途絶してしまいそうだ。なのになぜ、遺伝子は残るのか?続きを読む
posted by 管理人 at 20:30| Comment(3) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2013年11月28日

◆ 生物の目的は子孫を残すことか?

 「生物の目的は子孫を残すことだ」という考え方がある。これは妥当だろうか?続きを読む
posted by 管理人 at 20:22| Comment(6) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

◆ ドーキンス説/利己的遺伝子説

 本サイトでは、「ドーキンス」「利己的遺伝子」について、大量の項目があります。どこの項目から読めばわからなくなりそうなので、簡単に ご案内します。続きを読む
posted by 管理人 at 20:20| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2013年10月19日

◆ ホモ・ハビリスはなかった?

 ホモ・ハビリスという種はなかった、という新説が出た。続きを読む
posted by 管理人 at 20:34| Comment(1) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2013年10月16日

◆ 魚類の進化

 魚類の進化は、「軟骨魚類 → 硬骨魚類」という順の進化だと思われていたのだが、そうではなかったようだ。続きを読む
posted by 管理人 at 22:22| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2013年08月20日

◆ ネアンデルタール人の顔

 古人類の化石から顔を復元する、という試みがある。その書籍を紹介する。続きを読む
posted by 管理人 at 23:59| Comment(2) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

◆ ネグリト/アンダマン島人

 ネグリトとは、アジア南洋の島々にいる、小柄の民族(人種)。肌が黒いので黒人と見間違われることもあるが、オーストラロイドの一種と見なせる。
( ※ トリビアふうの話題なので、読まなくてもいい。)
続きを読む
posted by 管理人 at 23:58| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2013年08月18日

◆ 鳥の羽の進化

 鳥の羽はいかに獲得されたか? その進化的な歴史はどうか?続きを読む
posted by 管理人 at 20:59| Comment(1) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2013年08月09日

◆ プラナリアの記憶再生

 プラナリアの記憶は頭の外にもあるらしい、という実験結果が出た。これをどう解釈するか?続きを読む
posted by 管理人 at 20:33| Comment(1) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2013年07月01日

◆ 古代人類の航海

 古代人類はいかにして遠路はるばると海を渡ったか? それを明かす本がある。続きを読む
posted by 管理人 at 23:21| Comment(4) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2013年06月14日

◆ 眼は一つか二つか

 動物の眼は、二つある。これはどうしてか? もともと同じものが二つできるようにして、二つが同時に誕生したのか?続きを読む
posted by 管理人 at 23:51| Comment(4) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2013年06月01日

◆ オビラプトル以前

 鳥類の祖先であるオビラプトルよりも前には、どのような祖先がいたか?続きを読む
posted by 管理人 at 20:25| Comment(1) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

◆ ジアンチャンゴサウルス

 ジアンチャンゴサウルスという新種の恐竜の化石が見つかった。これは「鳥類の祖先」という見方もあるが……続きを読む
posted by 管理人 at 14:24| Comment(5) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2013年05月30日

◆ アウロルニス(最古の鳥類?)

 始祖鳥よりも古い鳥類とされるアウロルニスという新種の化石が発見された。続きを読む
posted by 管理人 at 22:20| Comment(2) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2013年05月08日

◆ 鳥の祖先の翼:4枚 → 2枚?

 鳥の祖先の翼は、4枚から2枚になった、という説がある。正しいか?続きを読む
posted by 管理人 at 20:17| Comment(2) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2013年02月01日

◆ 翼があるのに飛ばない羽毛恐竜?

 新種の羽毛恐竜が発見された。翼があるのに、飛ぶことはない、と見られている。では何のために翼があるのか?続きを読む
posted by 管理人 at 21:08| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2012年11月10日

◆ ダーウィン説は正しいか?

 「ダーウィン説は正しい説だ」と思い込んでいる人が多い。そこで、実はそうではないということを、以下で実証しよう。続きを読む
posted by 管理人 at 19:14| Comment(10) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2012年11月07日

◆ 牛は赤い布に興奮する?

 闘牛では、牛は赤い布に興奮して角を突き立てる。「それは嘘だ。牛は色盲なんだから、赤い色を理解できるはずがない」という説がある。本当か?続きを読む
posted by 管理人 at 22:17| Comment(2) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

◆ ネアンデルタール人の絶滅 2

 ネアンデルタール人が絶滅したのは、なぜか? これを考える研究プロジェクトがあるそうだ。「交替劇プロジェクト」という。続きを読む
posted by 管理人 at 20:46| Comment(3) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2012年11月05日

◆ 18000年前の縄文人

 1万8千年前の縄文人の行動の一部が判明した。北海道の黒曜石が山形県まで運ばれたそうだ。続きを読む
posted by 管理人 at 19:44| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2012年11月02日

◆ ドーキンス説をめぐる誤解

 【 注記 】
 Google の検索システムのせいで、「ドーキンス」を検索して本項に来る人が多いようです。しかし本項は、小さな話題だけを記しています。むしろ、次の項目をお読み下さい。

 (1) ドーキンス説(の問題点)については、次の項目をお読み下さい。
  → 利己的遺伝子説の「遺伝子」とは?
  → 自分の遺伝子 1
  → ドーキンス説の問題 (別サイト)

 (2) 利己的遺伝子説については、次の項目をお読み下さい。
  → [補説] 利己的遺伝子の意味
  → 個体は遺伝子の乗り物か?
  → 利己的遺伝子とは (別サイト)
続きを読む
posted by 管理人 at 20:49| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

◆ 縄文人と弥生人 2

 縄文人と弥生人について、新たな報道が出たので、ここで考えをまとめてみよう。続きを読む
posted by 管理人 at 20:35| Comment(14) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2012年10月26日

◆ 恐竜の翼の性淘汰説

 恐竜の翼は異性へのアピールのためだ、という性淘汰説が出た。これを評価する。続きを読む
posted by 管理人 at 19:23| Comment(3) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2012年10月03日

◆ 准核生物(準核生物)

 原核生物と真核生物の中間的な生物として、准核生物というものが発見された。続きを読む
posted by 管理人 at 19:30| Comment(2) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2012年08月25日

◆ 原人との混血はあったか?

 原人(ホモ・エレクトス)との混血はあっただろうか? ネアンデルタール人との混血があったとすれば、原人との混血もあったはずだ。続きを読む
posted by 管理人 at 09:28| Comment(11) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2012年08月23日

◆ ネアンデルタール人はどこで誕生したか?

 ネアンデルタール人はどこで誕生したか? 欧州でだろうか? アフリカでだろうか? 常識的には「欧州で」だが、「アフリカで」と私は考える。その理由は遺伝子だ。続きを読む
posted by 管理人 at 21:32| Comment(1) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2012年08月22日

◆ ネアンデルタール人の絶滅

 ネアンデルタール人の絶滅の理由を探る。私の考えでは、絶滅の理由は、ホモ・サピエンスのもたらした感染症だろう。ほぼ同じ種なので同じ病気にかかるが、知力不足のせいで生き残る能力が劣っていたのだ。続きを読む
posted by 管理人 at 19:32| Comment(5) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2012年08月21日

◆ 古モンゴロイド(北方系)の経路

 古モンゴロイド(北方系)は、出アフリカのあと、どういう経路をたどったか?続きを読む
posted by 管理人 at 19:20| Comment(3) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2012年08月20日

◆ 文明の形成

 世界の文明はいかにして形成されたか? これまでに述べた「言語の歴史」や「人類の移動」のあとで、歴史を整理してみよう。続きを読む
posted by 管理人 at 22:11| Comment(3) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2012年08月19日

◆ 人類の移動 (まとめ)

 ここまでの話を整理して、人類の移動の経路を簡単に示す。
 最新の修正点も加えて、最新版の「まとめ」とする。 【 重要 】続きを読む
posted by 管理人 at 21:09| Comment(1) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2012年08月16日

◆ 言語の歴史:10万年

 人類の歴史を考えるとともに、言語の歴史を考えてみる。10万年に渡って。
( ※ 話の後半は、事実ではなく、推理です。真実性は保証されません。)続きを読む
posted by 管理人 at 22:30| Comment(5) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2012年08月15日

◇ メラネシア人に関する修正

 これまでの話で、メラネシア人というのを、古モンゴロイド(オーストロネシア人)から、オーストラロイドに修正しました。また、それにともなって、オーストロネシア人と書いた記述を、あちこちで修正しました。続きを読む
posted by 管理人 at 22:05| Comment(5) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2012年08月13日

◆ 人類の進化(総集編) 2

 人類の進化の全体像を眺めよう。今回はホモサピエンスの歴史。
 (シリーズの 第2回 :一番面白い話。)続きを読む
posted by 管理人 at 21:28| Comment(10) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2012年08月12日

◆ 人類の進化(総集編) 1

 人類の進化の全体像を眺めよう。猿人から現生人類まで。
 (シリーズの 第1回)続きを読む
posted by 管理人 at 19:35| Comment(1) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2012年08月10日

◆ 出アフリカは2回か?

 現生人類の出アフリカは、何回あったか? 一回だという説と二回だという説があるが。続きを読む
posted by 管理人 at 20:00| Comment(9) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

◆ 人類の祖先は白人だ(進化)

 現生人類の祖先は、黒人でなく白人だ、と考えられる。その化石的な論拠を示す。
( ※ 白人とは、欧州の白人のことではなく、初期コーカソイドのこと。肌の色は白色でなく褐色。)続きを読む
posted by 管理人 at 19:09| Comment(9) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

◆ 人類の祖先は黒人か?(進化)

 現生人類の祖先は黒人だろうか? この問題を考える。続きを読む
posted by 管理人 at 19:01| Comment(2) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2012年08月09日

◆ デニソワ人との混血はなかった

 デニソワ人との混血はなかった、ということの証拠が出た。新たな遺伝子解析の結果。続きを読む
posted by 管理人 at 19:18| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

◆ ネアンデルタール人との混血はなかった

 現生人類とネアンデルタール人との混血はなかった、ということが科学的に判明した。その証拠を示す。続きを読む
posted by 管理人 at 19:00| Comment(3) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2012年08月08日

◆ デニソワ人・ネアンデルタール人との混血 4

 ここまでで取りこぼした話題を補足する。
( ※ シリーズの第4回:完結編 )続きを読む
posted by 管理人 at 22:49| Comment(3) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2012年08月07日

◆ デニソワ人・ネアンデルタール人との混血 3

 現生人類はアフリカ北東部で誕生したあとで、アフリカ南部に分岐した集団がいる。そう見なすのが分岐説だ。では、その説の根拠は?
( ※ シリーズの第3回:前項の根拠を示す。)続きを読む
posted by 管理人 at 21:05| Comment(7) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2012年08月06日

◆ デニソワ人・ネアンデルタール人との混血 2

 現生人類は古人類(デニソワ人,ネアンデルタール人)と共通遺伝子をもつ。このことを、混血以外の原理で説明する。
( ※ シリーズの第2回。画期的な新説。)
続きを読む
posted by 管理人 at 19:34| Comment(1) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2012年08月05日

◆ デニソワ人・ネアンデルタール人との混血 1

 現生人類と、デニソワ人・ネアンデルタール人との間で、混血があった、という学説が有力である。しかしながら、この学説は正しくないだろう。つまり、混血はなかったはずだ。
( ※ シリーズの第1回。 おもしろい話は次回から。)

  【 追記 】 新たな項目を書きました。先に、こちらを読むといいでしょう。
       → デニソワ人の分岐は? (2013-12-06)
続きを読む
posted by 管理人 at 19:02| Comment(36) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2012年02月21日

◆ 怠け蟻と経済学

 働き蟻のなかには、ちっとも働かない蟻がいる。その理由は、「いざというときのための予備軍」という解釈がある。
 だが、経済学的には別の解釈ができる。「生産量が十分だから働く必要がない」と。続きを読む
posted by 管理人 at 20:07| Comment(1) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2012年02月17日

◆ 瞳の色 & 光の感度

 瞳の色と、光の感度は、どういう関係にあるだろうか? 青い瞳は感度が高く、黒い瞳は感度が低い、と思えるが。しかし……続きを読む
posted by 管理人 at 19:15| Comment(2) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2011年11月16日

◆ 後脚をもつイルカ

 イルカやクジラには、前肢から変化した前ビレだけがあるのが普通だが、腹ビレをもつイルカが見つかった。腹ビレは、後肢の痕跡だという。その意味は?続きを読む
posted by 管理人 at 19:23| Comment(1) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2011年10月20日

◆ 草原説と直立歩行

 人類の進化について、「猿が草原に出たから、猿が直立した」という仮説がある。(草原説)
 それがおかしいことは、論理力があればわかる。続きを読む
posted by 管理人 at 21:36| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

◆ セディバ猿人と二足歩行

 人類の進化について、
  ・ セディバ猿人
  ・ 人類と二足歩行
 この二つについての情報を紹介した上で、部分的に批判する。続きを読む
posted by 管理人 at 20:47| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2011年10月05日

◆ 生命の起源は地中で?

 生命の起源について、興味深い研究が得られた。海中ではなく、海底の地中において、タンパク質が蓄積した、という研究だ。続きを読む
posted by 管理人 at 20:19| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2011年08月25日

◆ 鳥と恐竜(通説の矛盾)

 鳥と恐竜は、進化的にどういう関係にあるか? (学界で一般的な)通説を紹介し、同時に、その矛盾を示そう。続きを読む
posted by 管理人 at 19:08| Comment(5) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2011年08月24日

◆ スズメとオウムの近縁性

 スズメとオウムの進化的な近縁性が、遺伝子の解析でわかった、という報告がある。これは何を意味するか?続きを読む
posted by 管理人 at 19:12| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2011年07月16日

◆ アホウドリ(亜鳳鳥)

 アホウドリの名前を、沖の太夫(おきのたゆう)に変えよう、という見解がある。
 しかしどうせなら、「亜鳳鳥」という名前の方がいい。続きを読む
posted by 管理人 at 09:12| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2011年06月28日

◆ ティラノサウルスと羽毛

 「ティラノサウルスに羽毛が生えていた」という説がある。この説の是非について検討する。続きを読む
posted by 管理人 at 20:06| Comment(4) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2011年03月11日

◆ 突然変異の範囲

 遺伝子の突然変異の範囲は限られている。たとえば、ミジンコの突然変異の範囲は限られている。ミジンコが突然変異して、いきなり哺乳類になる、というようなことはない。続きを読む
posted by 管理人 at 19:01| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2011年03月10日

◆ 直立歩行と脳の発達

 「人類の直立歩行は、手を自由にさせたので、脳の発達をもたらした」
 という説がある。しかしそれは論理的に成立しない。
 正しくは? 脳を発達させたのではなく、脳の発達分野を決めただけだ。続きを読む
posted by 管理人 at 19:58| Comment(2) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2011年03月07日

◆ 中間種の問題(進化論)

 ダーウィン説に従うと、進化は連続的な変化となるはずだ。
 しかし現実には、中間種の化石が見つからない。つまり、化石における進化は、連続的でなく、断続的だ。
( ※ その問題を探る。これは論理の穴を探る論理クイズにもなっている。)続きを読む
posted by 管理人 at 18:33| Comment(1) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2011年03月06日

◆ 人類の出アフリカ

 人類の出アフリカは、6万年前であったというのが定説だ。だが、12万5千年前にもあった、という説が出た。石器の分析に基づく。続きを読む
posted by 管理人 at 13:24| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

◆ 進化論(ダーウィン説)の問題点

 ダーウィン説は、今日では進化論の標準理論と見なされているが、そこには大きな難点がある。それを簡単に示す。続きを読む
posted by 管理人 at 13:22| Comment(3) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2011年02月12日

◆ 恐竜と鳥の指

 恐竜の鳥の指は、構造が同じであることが判明した。従来の説を覆す成果だ。続きを読む
posted by 管理人 at 21:28| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2011年02月10日

◆ モンゴロイドとダウン症

 モンゴロイドとダウン症患者は、形質が似ている。どちらも似たようなものだ……という解釈がある。
 ほとんどトンデモな説に見えるが、よく考えると正しい面もある、と私は考える。続きを読む
posted by 管理人 at 18:48| Comment(34) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2011年01月16日

◆ 人種と亜種

 人種は亜種か? 「ノー」と思っている人が多いようだが、必ずしも「ノー」とは言えない。(人種は亜種だ、と言ってもいい。)続きを読む
posted by 管理人 at 12:21| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2010年12月23日

◆ 進化論の議論

 進化論の議論のページ。コメント欄で。(前項のコメント欄の続き。)
posted by 管理人 at 12:00| Comment(31) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

◆ デニソワ人と混血?

 デニソワ人( Denisova hominin )について、続報が出た。DNA の全情報を解析した結果、デニソワ人は、ネアンデルタール人に近い姉妹グループと判明したそうだ。

 ※ 本項の続編として、新しい記事があります。こちらの方が正確です。
    → デニソワ人・ネアンデルタール人との混血 1
続きを読む
posted by 管理人 at 10:24| Comment(51) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2010年11月20日

◆ 鶏が先か卵が先か?

 「鶏が先か卵が先か?」という問題について、スパコンを使って計算したところ、決着が得られたそうだ。「鶏が先だ」という結論。しかし……続きを読む
posted by 管理人 at 18:01| Comment(1) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2010年11月16日

◆ DNA の相同組み換え

 DNA の相同組み換えがあるから進化が起こった、という説がある。間違ってはいないが、認識が少し狂っている。続きを読む
posted by 管理人 at 21:06| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2010年09月27日

◆ キジ類の祖先

 前項では、「キジ類がカモ類よりも先だ」と示した。このことから重大な結論が得られる。ダチョウ類の兄弟である未知鳥類がどんなものであるか、ということだ。続きを読む
posted by 管理人 at 23:47| Comment(3) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

◆ キジ類とカモ類

 キジ類とカモ類は、どちらが先か? この問題はいろいろと難しい点を含んでいるのだが、いろいろ考慮した末に、「キジ類が先」との結論を出した。続きを読む
posted by 管理人 at 20:32| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2010年09月26日

◆ 絶滅した巨鳥

 絶滅した巨大な鳥類を紹介する。(ネットで探した情報。)続きを読む
posted by 管理人 at 23:05| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

◆ 鳥の祖先種は大型だ

 鳥類は、収斂進化して、鳥らしい形の小型生物になった。逆に言えば、その祖先に近い古い種は、あまり鳥らしくない形で、体も大型である。たとえば、フラミンゴやツルなどだ。……そのことが 鳥類の系統樹 からわかる。続きを読む
posted by 管理人 at 22:45| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

◆ 樹上性/地上性(飛ぶ前)

 鳥の祖先は、飛ぶ能力を十分にもつ前は、どうしていたか? 樹上で暮らしたか、地上で暮らしたか? 
 
       ▲ ▲ x   樹上
       ▲ ▲ 
       ┃ ┃ £  地上

続きを読む
posted by 管理人 at 21:52| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2010年09月25日

◆ クチバシの理由

 前項 では、鳥型生物に2系統があることを示した。
 それぞれの系統において、どちらでも(翼のみならず)クチバシが生じている。それは、なぜか?

( ※ 重要な話題ではないので、読まなくてもよい。ただし最後の [ 補足2 ] だけは重要。)
続きを読む
posted by 管理人 at 18:48| Comment(1) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

◆ 鳥型生物の2系統

 前項で示したとおり、「恐竜から鳥類へ」という系統には、2系統がある。この2系統は、どういうふうに区別されるか?続きを読む
posted by 管理人 at 12:43| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2010年09月24日

◆ 恐竜と鳥の系統図

 恐竜と鳥はどういう関係にあるか? その系統図を示す。
 
  →  恐竜と鳥の系統図 

  ※ 解説は、前々項前項
  ※ 白亜紀末までに滅びた古鳥類や真鳥類は、新鳥類(現生鳥類)とは関係がないとわかる。続きを読む
posted by 管理人 at 19:58| Comment(1) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

◆ 古い真鳥類(イクチオルニス・他)

 新鳥類ではない真鳥類(古い真鳥類)を紹介しよう。イクチオルニスなどだ。これらはすべて白亜紀末までに絶滅した。

 ※ 本項は、前項(真鳥類と新鳥類)の補足です。
 ※ 次項の 恐竜と鳥の系統図 を見ながら読むといいでしょう。
続きを読む
posted by 管理人 at 19:53| Comment(1) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

◆ 真鳥類と新鳥類

 真鳥類のうちで古いものは、イクチオルニスやヘスペロルニスなどがある。これらは、現生鳥類を意味する新鳥類とは異なる。続きを読む
posted by 管理人 at 19:52| Comment(1) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

◆ プロトアビスと鳥類

 プロトアビス protoavis は、始祖鳥に似ており、最古の鳥とも言われる。始祖鳥よりもずっと前に出現した。続きを読む
posted by 管理人 at 18:37| Comment(2) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2010年09月20日

◆ 鳥類は爬虫類か?

 「鳥類は爬虫類だ」という見解がある。なるほど、系統に従えば、鳥類は爬虫類だろう。
 だが、分類は系統に従う必要はない。鳥類と爬虫類とは、別の分類項目(綱)でいい。
 「鳥類は爬虫類を先祖にもつが、鳥類は爬虫類ではない」と言える。続きを読む
posted by 管理人 at 12:45| Comment(5) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

◆ 鳥の翼と羽毛

 鳥の特徴は翼と羽毛だ、と見なす立場がある。
 では、翼や羽毛は、鳥の進化においてどれほどの意味があるのか?続きを読む
posted by 管理人 at 12:34| Comment(2) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2010年09月19日

◆ ヘッケルの反復説は間違い?

 「ヘッケルの反復説は間違いだ」という疑惑が、インターネット上に出回っている。しかし……続きを読む
posted by 管理人 at 16:09| 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2010年09月18日

◆ ティタニス(前肢のある恐鳥類)

 ティタニスという絶滅種は、小さな腕のような前肢をもつ。これは、恐鳥類・走鳥類から、翼をもつ鳥類への、進化の過程を示すものだろう。続きを読む
posted by 管理人 at 23:02| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

◆ ヴェロキラプトルと鳥類

 ヴェロキラプトルは、翼をもつ恐竜だ。これが鳥類の祖先だ、という仮説もあるが……続きを読む
posted by 管理人 at 22:50| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

◆ 鳥類の祖先:鳥型恐竜

 鳥類の祖先とされる恐竜は、鳥型恐竜と呼ばれるものだ。(特に、マニラプトル形類。) では、そのうちどれが、最も鳥類に近いのか?続きを読む
posted by 管理人 at 22:26| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2010年09月17日

◆ 進化の量と分岐の量

 進化の量と分岐の量は、おおむね、比例関係にある。つまり、分岐の量が少ない種ほど、進化の量は小さい。続きを読む
posted by 管理人 at 18:11| Comment(12) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2010年09月16日

◆ 鳥類の系統樹

 鳥類の系統樹は、分子生物学による解析が得られている。( 2008年 )
 その系統樹を紹介する。続きを読む
posted by 管理人 at 18:53| Comment(6) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

◆ 鳥類の本質

 前の4項からすると、鳥類の本質がわかる。 鳥類とは「翼をもつ生物」ではない。「前肢をいったんなくした生物(の系統)」である。
( ※ 前肢をなくしたことが大事であり、翼があるか否かはどうでもいい。翼がない種は、翼が退化したのではなく、翼がまだ生じていないだけだ。)続きを読む
posted by 管理人 at 18:45| Comment(15) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2010年09月15日

◆ 走鳥類の羽毛と足

 走鳥類(翼のない鳥)は、翼のある鳥よりも先に出現した。
 このことを明白に証明することが可能だ。それには、羽毛と足を見ればいい。続きを読む
posted by 管理人 at 20:33| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

◆ 走鳥類とドードー

 走鳥類は、翼を喪失したのか、それとも、まだ翼を獲得していないのか? この問題を考えるために、ドードーと比較しよう。続きを読む
posted by 管理人 at 18:52| Comment(1) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

◆ 走鳥類の位置づけ[再修正]

 走鳥類の位置づけを再修正する。つまり、前項を取り消して、次のようにする。

  (正)  走鳥類 = ダチョウ類 & 未知鳥類(ダチョウの兄弟:絶滅種)
  (誤)  走鳥類 = 形態レベルの進化の一段階
続きを読む
posted by 管理人 at 00:01| Comment(3) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2010年09月14日

◆ 走鳥類の位置づけ[修正]《 取り消し 》

 本項は間違いなので、全面的に取り消します。正しくは、次項

 走鳥類という概念について、これまでの解釈を修正する。
  旧解釈:  走鳥類 = ダチョウ類
  新解釈:  走鳥類 = 形態レベルの進化の一段階
続きを読む
posted by 管理人 at 23:30| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

◆ 恐鳥類と走鳥類

 恐竜から鳥類への進化で、恐鳥類と走鳥類を途中に位置づけることができる。
     恐竜 → 恐鳥類 → 走鳥類 → 鳥類

 ここで、恐鳥類とは何かを示しておこう。続きを読む
posted by 管理人 at 18:56| Comment(2) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2010年09月07日

◆ トサカは何のため?

鶏などのトサカは何のためにあるのか? 「性的魅力のため」「放熱のため」という二つの理由が知られている。だが、私はまったく別の見解を示す。目的説ではなく、原因説で。続きを読む
posted by 管理人 at 19:41| Comment(1) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2010年09月06日

◆ 足の小指は何のため?

 足の小指(第五指)は、何のためにあるのか? 「役立たずで無意味だ」という見解もあるが。……続きを読む
posted by 管理人 at 20:23| Comment(3) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2010年09月05日

◆ 人は猿に進化するか?(進化のレベル)

 人は進化して猿になることはあるだろうか?
 「進化は環境への適応だ」という説に従えば、人が森林に適応することで、人が猿になることはあるはずだ。しかし……続きを読む
posted by 管理人 at 19:51| Comment(2) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2010年05月07日

◆ 異種間の交雑

 異なる種同士の交雑は可能か? (例。ネアンデルタール人とホモ・サピエンス。)
 生物学的に言えば、「可能性は非常に低い」と言える。続きを読む
posted by 管理人 at 19:26| Comment(4) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

◆ ネアンデルタール人との混血

 ネアンデルタール人とホモ・サピエンスが混血していた可能性がある、という研究がなされた。しかしこの研究は信頼できない。

 ※ 本項の続編として、新しい記事があります。こちらの方が正確です。
    → デニソワ人・ネアンデルタール人との混血 1

続きを読む
posted by 管理人 at 19:16| Comment(4) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2010年05月06日

◆ 縄文人と弥生人

 縄文人と弥生人についての通説は、正しくないそうだ。DNA の調査により、これまでの通説が否定されたという。続きを読む
posted by 管理人 at 22:45| Comment(3) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2010年04月11日

◆ ホモ・フロレシエンシス

 ホモ・フロレシエンシス(ホモ・フローレシエンシス)Homo floresiensis という小型人類が1万年ほど前まで生存していた。これについて仮説を示す。続きを読む
posted by 管理人 at 13:14| Comment(4) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

◆ ホモ・サピエンスの誕生

 ホモ・サピエンスは、いつ誕生したか? 「化石からして、約 20万年前」という見解が普通だ。しかし、論理的に考えれば、およそ 50万年前と言える。続きを読む
posted by 管理人 at 20:40| Comment(1) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

◆ 人類の進化

 人類の進化の概略図を示す。(転載)
 前々項のデニソワ人も、この図において、ホモ・エレクトスの一種と見なすことができる。続きを読む
posted by 管理人 at 09:30| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

◆ ミトコンドリアDNA

 (前項の)デニソワ人の系統はいくらかわかったが、デニソワ人の形質はわかっていない。これは、今回の DNA が(核 DNA でなく)ミトコンドリア DNA であるからだ。続きを読む
posted by 管理人 at 18:13| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

◆ デニソワ人

 現生人類とネアンデルタール人が分岐したのは 47万年前だが、これらの共通祖先から 104万年前に分岐した別種人類がいたという。その名称は デニソワ人。
 ※ 本項は内容が古くなっています。私の解釈の部分は取り消します。
   新しい項目は下記です。そちらをお読みください。
    → デニソワ人・ネアンデルタール人との混血 1続きを読む
posted by 管理人 at 19:21| Comment(1) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

◆ 走る鳥類の化石

 現生鳥類の最古のタイプと見られる鳥類の化石が、白亜紀後期の地層から見つかった。これは、翼をもち、飛ぶことができるが、主に地上を走り回っていたという。続きを読む
posted by 管理人 at 21:29| Comment(7) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2010年03月16日

◆ のどちんこは何のため?

 のどちんこは何のためにあるのか? 「何の役にも立たない」という見解もあるが。続きを読む
posted by 管理人 at 21:10| Comment(2) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

◆ 人のヒゲは何のため?

 人のヒゲは、何のためにあるのか? 大人の男だけにあり、女や子供にはないが、それはなぜか?続きを読む
posted by 管理人 at 20:20| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

◆ 女性の乳房は何のため?

 女性の乳房は、何のためにあるのか? 性的アピールのためか? 
 いや、むしろ、「母乳の容器」としてある。続きを読む
posted by 管理人 at 20:00| Comment(6) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

◆ 眉毛は何のため?

 眉毛は何のためにあるのか? 「目に汗が入らないため」「日除けのため」という説明がある。しかしむしろ、「脳が拡大したから」と説明できる。続きを読む
posted by 管理人 at 19:00| Comment(1) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2010年03月15日

◆ イカはなぜ群れて飛ぶ?

 イカは空を飛ぶ、というニュースが話題になった。飛ぶ原理はわかったが、群れる原理は別だ。なぜ群れるのか?続きを読む
posted by 管理人 at 21:45| Comment(1) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

◆ シマウマはなぜ縞がある?

 シマウマに縞があるのはなぜか?続きを読む
posted by 管理人 at 21:42| Comment(2) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

◆ ライオンのタテガミは何のため?

 ライオンのタテガミは何のためにあるのか? 「首を噛まれないため」という説が普通だが、「メスにモテるため」という説もある。どちらが妥当か?続きを読む
posted by 管理人 at 21:40| Comment(1) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

◆ クジャクの羽はなぜ華美か?

 クジャクの羽は、目玉模様があって、とても華美である。(オスの場合。)
 なぜそうなのか?続きを読む
posted by 管理人 at 21:33| Comment(14) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

◆ 豚の鼻はなぜ、あんな形?

 豚の鼻はなぜ、あんな形をしているのか?続きを読む
posted by 管理人 at 20:40| Comment(8) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

◆ ゾウの鼻はなぜ長い 2

 ゾウの鼻はなぜ長いか? 「水中で鼻をシュノーケルのようにしていたからだ」という仮説を提唱したい。続きを読む
posted by 管理人 at 20:30| Comment(3) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

◆ 馬の顔はなぜ長い

 なぜ馬は顔が長いのか? 「顔が長い分、首を短くできるから」という理由が妥当だろう。ただし、別の解釈もある。続きを読む
posted by 管理人 at 20:17| Comment(1) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

◆ キリンの前脚はなぜ長い

 なぜキリンの前脚は長いのか? 足を開くからか? いや、高い葉を食べるときの姿勢が楽だからだ。続きを読む
posted by 管理人 at 20:03| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

◆ キリンの首はなぜ長い?

 キリンの首はなぜ長いのか? 高いところの葉を食べるのに有利だからか? しかし話はそれほど単純ではない。首が長いだけでは、ろくろ首みたいで不便だし、頭に血が上らないので貧血になる。首が長いだけでは、かえって不利なのだ。続きを読む
posted by 管理人 at 19:14| Comment(3) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2010年03月03日

◆ ゾウの鼻はなぜ長い 1

 ゾウの鼻はなぜ長いのか? 「鼻の長いものが有利だから」という説がある。しかしそれは論理が逆だ。ゾウの鼻が長くなったのではない。鼻の長いものがゾウになったのだ。続きを読む
posted by 管理人 at 22:50| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2010年03月02日

◆ 猿の尻はなぜ赤い?

 お猿のお尻は真っ赤っか。「それはどうして?」という疑問に、私なりに答えよう。
 実は、その質問が間違っている。猿の尻は、「赤い」のではなく、「無毛」であるのだ。ではなぜ無毛なのか? 尻で坐るためだ。続きを読む
posted by 管理人 at 18:57| Comment(3) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

◆ 人の鼻はなぜ高い?(何のため?)

 ゾウの鼻は長いが、人の鼻は高い。まわりの頬よりも隆起した鼻をもつ。そうなっているのは人間だけだ。
 ではなぜ、人間だけが高い鼻をもつのか? 人の鼻は何のためにあるのか?続きを読む
posted by 管理人 at 18:57| Comment(3) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

◆ 人の唇はなぜ赤い?

 人の唇は赤い。 キスマーク  粘膜状の部分が赤くなっている。そうなっているのは人間だけだ。
 ではなぜ、人間だけが赤い唇をもつのか? 「言葉を発音するため」というのが、私の仮説だ。続きを読む
posted by 管理人 at 18:52| Comment(1) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2010年02月25日

◆ 鼻の下の溝(人中)は何のため?

 鼻の下の溝は、何のためにあるのか?
 この問題は、進化論などで未解決の問題とされてきたが、ここで新しい仮説を出そう。それは「言葉を発音するため」である。続きを読む
posted by 管理人 at 20:42| Comment(2) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

◆ 人間も単為生殖する?

 昆虫などの下等生物では、(オスなしで)メスだけで子を生むという「単為生殖」をすることがある。
 ところが人間も同様のことが可能である……と政府が決めるらしい。続きを読む
posted by 管理人 at 19:41| Comment(18) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2010年01月07日

◆ 最古の両生類?

 最古の両生類の「足跡」の化石が見つかった。生物の化石でなく、足跡の化石なので、直接の証拠ではないが、とても有力。
 この化石の意味は、「化石の年表」が書き換えられる、ということだ。従来の推定よりも かなり前から、両生類は誕生していたらしい。続きを読む
posted by 管理人 at 20:27| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2009年12月12日

◆"進化論を学校で教えるな"

 「進化論を学校で教えるな」という見解がある。(私の見解ではない。
 宗教的な信念で、「神が世界を創造したからだ」と考えて、そう主張する人々もいる。しかし、驚くなかれ、日本では「進化論を学校で教えない」という方針がすでに取られている続きを読む
posted by 管理人 at 10:00| Comment(1) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2009年12月11日

◆ ほぼ中立説/ノイズ効果

 前項 の続き。
 自然淘汰という概念は、絶対的ではない。修正される必要がある。そのためには、「ほぼ中立説」および「ノイズ効果」という概念を理解するといい。

( ※ 「優者/劣者」という二項対立は、あまりにも粗雑すぎる。もっと精密に理解するために、この二つの概念を用いる。)続きを読む
posted by 管理人 at 20:46| Comment(1) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

◆ 自然淘汰と多様性

 前項 の続き。
 進化をもたらすのは、自然淘汰か? いや、もっと大切なものがある。それは多様性だ。続きを読む
posted by 管理人 at 17:46| Comment(2) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

◆ 阿久根市長と優生思想

 阿久根市の竹原信一市長が障碍者差別の発言をしたことで、各界の批判を浴びている。「トンデモ」と呼ぶ人もいるが、彼を「トンデモ」と呼ぶのは正しくない。
 彼と同じ思想は、現代人の根っこにはびこっている。それは「自然淘汰」という発想だ。(優生思想とも言える。)続きを読む
posted by 管理人 at 12:46| Comment(2) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2009年12月10日

◆ 毒牙のある恐竜

 毒牙のある恐竜が見つかった。毒蛇みたいな能力をもつ恐竜。続きを読む
posted by 管理人 at 22:40| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

◆ 鳥と恐竜(気嚢)

 鳥は肺をもつだけなく、気嚢を備えている。一方、初期の恐竜も、原始的な気嚢を備えていたらしい。恐竜は初期のころから、鳥への進化を準備していたことになる。……という学説があるが、これは論理のミスだ。続きを読む
posted by 管理人 at 22:30| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

◆ 鳥と恐竜(進化)

 本項を書いたあと、のちに「鳥類と恐竜」との関係について、全面的に書き直した。まとめとしては、次の項目を見てほしい。
  → 恐竜と鳥の系統図

 通説の難点については、下記を参照。
  → 鳥と恐竜(通説の矛盾)

 また、関連する一連の項目は、カテゴリ別の目次を見て、2010年9月の各項を見てほしい。
  → カテゴリ 「生物 ・進化」続きを読む
posted by 管理人 at 22:20| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

◆ 多様性と優勝劣敗

 ドングリには、タンニンが含まれている。その濃度はさまざまだ。ここでは、「特定の形質だけが有利である」ということはなく、さまざまな形質があることがかえって有利になっている。
 つまり、「最も有利な遺伝子だけが増える」という遺伝子淘汰説は、ここでは成立しない。大切なのは多様性なのだ。続きを読む
posted by 管理人 at 18:20| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2009年10月15日

◆ 断続進化 (断続平衡説)

 ダーウィン説に従えば、進化は「小進化の蓄積」という形で起こるのだから、化石は連続的な変化を示すはずだ。しかし現実の化石は、断続的な進化を示す。理論が現実に矛盾する。続きを読む
posted by 管理人 at 22:40| Comment(7) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

◆ 進化は 変化か交替か

 進化とはどのようなものか? 次の二つの立場がある。
  ・ 進化とは、種の変化のことである
  ・ 進化とは、種の交替のことである続きを読む
posted by 管理人 at 19:40| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

◆ 小進化と大進化(原理)

 小進化と大進化は、どう違うのか? 次のように示せる。
  ・ 小進化 = 逐次の突然変異 (突然変異が逐次的に起こる)
  ・ 大進化 = 一斉の突然変異 (突然変異がいっせいに起こる)
続きを読む
posted by 管理人 at 22:57| Comment(1) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

◆ 小進化と大進化(形質の数)

 小進化と大進化では、進化にかかわる形質の数が異なる。
  ・ 小進化 …… 一つの形質が変化する
  ・ 大進化 …… 多くの形質が変化する続きを読む
posted by 管理人 at 19:30| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2009年10月12日

◆ 小進化の蓄積で大進化?(嘘)

 「小進化の蓄積で大進化」という説には、次の二つの難点がある。
  ・ 超大進化
  ・ 突然変異が同時に成立する確率はきわめて低い。続きを読む
posted by 管理人 at 19:15| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

◆ 小進化の蓄積

 「小進化の蓄積で大進化が起こる」
 ということはありえない。そのことを示す。続きを読む
posted by 管理人 at 17:28| Comment(13) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

◆ 進化の本質

 進化の本質は何か? 次の二つの説が知られている。
 (1) 進化とは、環境への適応だ。
 (2) 進化とは、遺伝子の自己複製だ。
 しかしいずれも現実に合致しない。では、正しくは?続きを読む
posted by 管理人 at 10:48| Comment(7) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2009年10月11日

◆ 分岐と進化

 分岐と進化とは別のことだ、と認識した方がいい。(進化論で。)
 大進化と小進化についても、ここから本質的なことがわかってくる。続きを読む
posted by 管理人 at 20:33| Comment(16) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

◆ 進化と変化

 ダーウィニズムは、進化の本質を「変化」であると見なす。ここでは「進化」は「変化」のことである。とすれば、ダーウィニズムは(変化論ではあるが)進化論ではない、とすら言える。(ショッキングな表現だが。)続きを読む
posted by 管理人 at 18:00| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

◆ 下等生物/高等生物

 下等生物・高等生物とは、何か? これらは、進化の順序関係を示す。
 進化の程度が低いものが下等生物で、進化の程度が高いものが高等生物だ。ただし、種レベルの細かな差は問わず、「哺乳類/爬虫類/両生類/魚類/……」というような大枠でのみ意味をもつ。

( ※ 一般には、魚類よりも下のものが明白に「下等生物」と呼ばれるだろう。場合によっては、人間を基準にして、哺乳類よりも下のもの(爬虫類など)が「下等生物」と呼ばれるようだ。)
続きを読む
posted by 管理人 at 17:28| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2009年10月10日

◆ 進化の不可逆性

 進化の不可逆性という言葉は、二つの意味で解釈されるので、混同しないようにしよう。続きを読む
posted by 管理人 at 22:10| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

◆《 余談 》 火と人類

 「言葉と人類」の話にからめて、「火と人類」という話をする。
 人類の進化の歴史において、火は重要だったか? 火そのものよりも、火を扱う能力が大切だった。つまり、脳の能力が。続きを読む
posted by 管理人 at 19:53| Comment(1) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

◆ ネアンデルタール人の滅亡

 本項を書いたあとで、次の項目を新たに書きました。そちらをお読みください。
  → ネアンデルタール人の絶滅続きを読む
posted by 管理人 at 20:13| Comment(1) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2009年10月08日

◆ 道具と人間

 人間の特徴は何か? 「道具の使用だ」という説もある。しかし、猿だって道具を使う。続きを読む
posted by 管理人 at 17:08| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

◆ 言葉と人類 (動物も?)

 言葉を発声できるようになったのが、人類の特徴である、という説がある。
 しかし、それが正しいとすれば、言葉を発声できるオウムやインコだって、人類並みに脳が進化したはずだ。続きを読む
posted by 管理人 at 16:59| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2009年10月07日

◆ 人類の進化の場(境界領域)

 前項では、「半水生説」を唱えた。人類進化は水辺で起こった、と。
 この水辺とは、「境界領域」にあたる。この境界領域について詳しく説明する。(前項の補足)  【 重要!】続きを読む
posted by 管理人 at 20:42| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

◆ 人類進化の水辺説(半・水生説)

 人類進化について、草原説(サバンナ説)のかわりに、水生説(アクア説)というものがある。私はこれを修正して、半水生説というものを提唱したい。(水生説の半分ぐらいを取るが、ただの折衷案ではない。)続きを読む
posted by 管理人 at 19:21| Comment(6) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2009年10月06日

◆ 最古の人類(ラミダス猿人)

 ほぼ最古の人類(ラミダス猿人)の化石が復元された。樹上生活と直立二足歩行ができたらしい。これは、「草原への進出で二足歩行」という従来の説(草原説)を否定するものと言えるだろう。続きを読む
posted by 管理人 at 23:00| Comment(5) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

◆ 直立二足歩行は人類の特徴でない

 「直立二足歩行は人類の特徴である」という説が世間に流布している。しかし、これは正しいとは言えない。
 直立二足歩行は人類の特徴でない。類人猿もまた直立二足歩行する。……私はそう考える。続きを読む
posted by 管理人 at 22:59| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2009年10月05日

◆ 犬の小進化(品種改良)

 小進化の蓄積は、大進化をもたらさない。そのことは、犬の小進化(品種改良)を見るとわかる。犬には、小さいのや大きいのや、実に多様な品種がある。だが、いずれも亜種であって、犬という一つの種に留まる。つまり、品種改良でどんなに形質の差が大きくなっても、犬は別の種にならない。続きを読む
posted by 管理人 at 19:47| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

◆ 鳥類までの進化

 本項は、鳥類までの進化を述べる。鳥類のなかの進化(さまざまな鳥類の進化)については、下記項目を見て欲しい。
  → 鳥類の系統樹

 「鳥類と恐竜」との関係については、後日に新たな項目を記した。そちらを見てほしい。
  → 恐竜と鳥の系統図

 また、関連する一連の項目は、カテゴリ別の目次を見て、2010年9月の各項を見てほしい。
  → カテゴリ 「生物 ・進化」続きを読む
posted by 管理人 at 16:10| Comment(2) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2009年10月04日

◆ 進化の逆行? (鳥類で)

 進化というものは、逆行するはずがない。しかしたいていの進化論学者は、「鳥類だけは例外で、鳥類だけは進化が逆行する」と考えている。これはおかしい。続きを読む
posted by 管理人 at 19:03| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

◆ 遺伝子の水平移動

 遺伝子の水平移動( or 水平伝播・水平転移)という現象がある。遺伝子が種を越えて転移することだ。たとえば、植物の遺伝子がウミウシに取り込まれる。続きを読む
posted by 管理人 at 20:12| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

◆ 進化論と経済学

 進化論と経済学は、似ている。
 特に、「自然淘汰」「市場原理」という原理は、似ている。これらはともに、「優勝劣敗」という概念に基づく。
 ここで注意。両者は、その限界(欠点・失敗点)も似ているのだ。続きを読む
posted by 管理人 at 19:30| Comment(1) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2009年03月10日

◆ 哺乳類の進化

 哺乳類の進化について、その系統が新たに判明した。遺伝子を分子的に調べた成果。共通祖先から、三つのグループへと同時に枝分かれしたという。

   ※ 最後に 【 後日記 】を過加えた。続きを読む
posted by 管理人 at 19:53| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2009年02月03日

◆ 脳とシナプス

 脳とシナプスについて、最新の脳研究の情報を紹介する。(特に面白い話ではない。ちょっとしたミニ情報)続きを読む
posted by 管理人 at 17:48| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2009年01月06日

◆ パラサイトシグナル

 生物学の話題。(細胞進化の話。)
 ミトコンドリアや葉緑体が、それを含む細胞本体のDNA複製を制御している、ということが判明した。その意味を考える。続きを読む
posted by 管理人 at 21:00| Comment(2) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2008年10月12日

◆ パンダの遺伝子

 パンダ(ジャイアント・パンダ)の遺伝子が解明された。パンダは犬に近いと判明したそうだ。では、これは何を意味するか?続きを読む
posted by 管理人 at 19:23| Comment(5) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

◆ 脳と遺伝子

 「脳の大きさを決める特定の遺伝子がある」という趣旨の記事が、朝日にあった。しかしこれは間違いなので、指摘しておく。続きを読む
posted by 管理人 at 20:15| Comment(2) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2008年01月17日

◆ 数の増加(生命の本質)

 生命の本質は「数の増加」か? いや、違う。続きを読む
posted by 管理人 at 19:10| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2007年08月15日

◆ 人類の進化のシナリオ


 人類の進化についてのシナリオ(仮説)を示す。
 これは、あくまでシナリオ(仮説)である。正しいかどうかは、実証的には判明していない。
 ただし、論理的には、これが唯一のシナリオである、と私は考える。(他の説は何らかの難点がある。)続きを読む
posted by 管理人 at 00:22| Comment(8) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2007年08月13日

◆ ホモ・ハビリスの共存

 現生人類 ホモ・サピエンスの 先祖にあたる原人は、ホモ・エレクトスであるが、その前に、ホモ・ハビリスという原人がいた。ところが、新たに発見された化石では、両者の共存期間がかなり長いという。
(朝日新聞・朝刊 2007-08-09 )続きを読む
posted by 管理人 at 19:41| Comment(12) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2007年06月18日

◆ トカゲの二足歩行

 直立するのは、人間だけじゃない。レッサーパンダも直立する。
 二足歩行するのは、人間だけじゃない。トカゲも二足歩行する。

( ※ 後半に重要な文明批評があります。重要! )続きを読む
posted by 管理人 at 19:42| Comment(3) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2007年06月02日

◆ 人類の直立歩行:樹上説


 人類の直立歩行について、「樹上説」ともいうべきものが現れた。類人猿が樹上生活をしているうちに、直立するようになった、という説。根拠は、オランウータンの一部が、樹上で枝の上を歩いて生活している、というのが観察されたこと。続きを読む
posted by 管理人 at 18:43| Comment(1) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2006年11月12日

◆ 社会問題と利己的遺伝子説

  
 社会問題を利己的遺伝子説で解決しよう、という主張がある。
 「少子化や環境汚染などは、個体よりも遺伝子が利己的になることで、全体の改善をもたらす」
 という主張。(読売新聞・朝刊・学者の説 2006-11-08 )続きを読む
posted by 管理人 at 17:40| Comment(9) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

◆ クラス進化論への誤解


 前項の「トンデモとは何か?」の続き。

( ※ 前項の内容を、進化論に当てはめて、詳しく説明する。進化論の話。) 
( ※ 本項の内容は、特に重要な話があるわけではない。前項の内容を、具体的な例に当てはめているだけだ。何か新味のある情報があるわけではない。細かな点で補充的に解説するだけだ。)続きを読む
posted by 管理人 at 19:21| Comment(7) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

◆ 小進化&大進化 (その問題)

 「小進化の蓄積で大進化が起こる」
 という俗説には、問題がある。それを解説する。
  → 小進化の蓄積
   cf. 参考ページ



 【 後日記 】
 以上の解説とは別に、本サイト内で新たに詳しい説明を示した。下記。

  → 断続進化 (断続平衡説)

  → 小進化と大進化(形質の数)

  → 小進化と大進化(原理) 【 重要!】
posted by 管理人 at 00:00| Comment(1) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

◆ 進化とは何か

 「進化とは何か?」という本質について語る。
  ・ 従来の説 …… 「進化とは種内の改善である」
  ・ 新しい説  …… 「進化とは新種の追加である」

 詳しい話は:
 → 進化の意味



 【 追記 】
 本項を記してから二年後に、次の項目を書いた。こちらを読んでほしい。重要な話がある。

  → 進化の本質
posted by 管理人 at 01:08| Comment(10) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2006年10月01日

◆ ドーキンス説をめぐる無駄論議2


 「ドーキンス説」のページへのアクセス数が増えたので調べてみたら、下記のサイトからのリンクがあった。南堂の説への批判。
http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20061005

 ※ 2008-02-02 になって、ほぼ同趣旨の批判が繰り返された。
http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20080201
 これについては、コメント欄に詳しく解説した。続きを読む
posted by 管理人 at 10:00| Comment(38) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

◆ ドーキンス説をめぐる無駄論議1

 ドーキンスの論議があったので、前項から移転した。
 
 本項は、コメントのみがある。

 参考文書は、こちら。
http://hp.vector.co.jp/authors/VA011700/biology/class_82.htm

   ※ 現在のこのページ(Openブログ)をご覧になっている方は、必ず、
     上記のページをご覧ください。少なくとも、冒頭の[ 要約 ]をお読み
     ください。
     現在のこのページだけをご覧になっても、とんでもない勘違いを
     するだけです。
     (以下のコメント欄にあるのは、勘違いゆえの騒ぎです。)
posted by 管理人 at 07:24| Comment(26) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

◆ 代理出産&遺伝子

 タレントの向井亜紀が代理出産でもうけた子について、東京高等裁判所が「出生届を受理せよ」という判断を下した。

 これについて日本の医学界(の一人)は、「自分の遺伝子を残したがる親のエゴ」と批判した。(朝日・夕刊・2006-09-30 )
 しかし、「親は自分の遺伝子を残したがる」という主張は、科学における妄想であるにすぎない。(と私は思う。)続きを読む
posted by 管理人 at 01:24| Comment(0) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2006年09月30日

◆ Y染色体・補足

 前項の補足。

 前項では、「Y染色体の継承」という主張の馬鹿らしさを指摘した。
 ただし、同じことを指摘するにしても、間違った論拠で指摘するべきではない。──このことが、前項において重要なことだ。
(結論は正しくても、間違った根拠による結論では駄目だ、ということ。)続きを読む
posted by 管理人 at 09:45| Comment(2) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2006年09月28日

◆ Y染色体の継承

 紀子様に親王(悠仁)が生まれた。これで天皇家の血筋はひとまず安泰になったが、将来の保証がないことから、旧宮家を復活させよう、という動きがある。「このことで、Y染色体の継続が図れるから、天皇の万世一系が保たれる」という発想である。
 では、この主張は、生物学的には正しいのか?

続きを読む
posted by 管理人 at 20:23| Comment(3) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

◆ 眼の誕生


 「眼の誕生」という進化論の本がけっこう売れている。その趣旨は、こうだ。
 「カンブリア紀に進化の爆発が起こった。それは、なぜか? 眼の誕生があったからだろう。[これが本書の仮説] ……眼を獲得した捕食者は、捕食するのにきわめて有利であった。逆に、眼を獲得した非捕食者は、捕食者から逃れるために有利であった。捕食者は眼を獲得したことで、各器官を急激に進化させていき、非捕食者もまた眼を獲得したことで、各器官を急激に進化させていった。つまり、眼の誕生が進化をもたらした
 いかにももっともらしい説だが、論理的に考えれば、これはトンデモと言えるだろう。続きを読む
posted by 管理人 at 23:01| Comment(1) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2006年07月20日

◆ 進化の番組

 NHKスペシャルで、「恐竜 VS ほ乳類 1億5千万年の戦い」という番組があった。(7月16〜17日。2回連続)

http://www.nhk.or.jp/special/onair/060716.html続きを読む
posted by 管理人 at 20:59| Comment(7) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2006年04月16日

◆ 走鳥類の進化

 「走鳥類の進化」という話題については、後日、本格的記述した。そちらを参照してほしい。
  → 恐鳥類と走鳥類
  → 走鳥類の位置づけ[修正]
  → 走鳥類とドードー
  → 鳥類の本質
  → 鳥類の系統樹

      ※ 上記の項目を書いたのにともなって、本項冒頭の記述を改めた。

 
 以下では、走鳥類の進化について、余談ふうの話題を扱う。続きを読む
posted by 管理人 at 00:38| Comment(3) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2006年04月14日

◆ 人類の進化


 新しい猿人の化石が発見された。新種の誕生という進化が急激に発生したことを示す。
「アウストラロピテクス属は440万年〜420万年前、ラミダス猿人から急激に進化した可能性が高い」
「歯の変化が20万年ほどの間に急激に起きた」
http://www.asahi.com/international/update/0413/004.html続きを読む
posted by 管理人 at 00:00| Comment(1) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2006年04月10日

◆ エセ進化論


 進化論としては間違っている理論(エセ進化論)と見なされている、二つの学説がある。「ラマルク説」と「ID(知的デザイン)説」だ。
 しかしながら、この二つの説は、現代の標準的な進化論と、実質的に等価になってしまう── ということが、今回の両生類の化石からわかる。続きを読む
posted by 管理人 at 00:31| Comment(3) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする

2006年04月09日

◆ 化石と進化(両生類の誕生)

 魚類と両生類の中間を埋める新種の化石が発見された。
http://www.asahi.com/international/update/0406/001.html
http://nng.nikkeibp.co.jp/nng/topics/n20060406_1.shtml

 これは非常に重要な発見だ。なぜなら、この発見により、標準的な進化論は完全に破綻してしまうからだ。続きを読む
posted by 管理人 at 09:08| Comment(4) | 生物・進化 | 更新情報をチェックする
過去ログ