2021年11月29日

◆ 超ひも理論(ニュートン)

 科学雑誌「ニュートン」の最新号で、超ひも理論を解説しているが、とてもわかりやすくて、お勧めだ。

 ――

 科学の初心者向けの解説。数式は出てこない。高校生レベルでも理解できる。
 核心・要点をうまくつかんでいて、わかりやすい。この手の「超ひも理論の解説書」としては、傑出している。同じ雑誌の過去の号でも、何度か特集が組まれたが、今回は特別に優れている。
 監修者は、慶応大学教授の「松浦 壮」という人だが、現役バリバリの研究者なので、優秀らしい。京都大卒。

 出版社の広告は
  → 科学雑誌ニュートン最新号(2022年1月号) 「超ひも理論」2022年1月号

 アマゾンでの購入は


https://amzn.to/3p778vZ


 ※ Kindle 版もある。値段は2割ほど安い。
posted by 管理人 at 23:45| Comment(1) | 物理・天文 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 ツイッターで検索してみたら、「さっぱりわからん」という声がチラホラあった。

 私から見たら平易すぎると感じたが、一般の素人から見たら難しいのかも。
 専門用語などは特に知らなくていいのだが、量子力学の基本的概念ぐらいは知っていることが前提なのかもね。
 とすると、高校生レベルでは無理で、大学の理系卒ぐらいの知識は必要かも。
Posted by 管理人 at 2021年11月30日 00:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ