2021年11月28日

◆ 欧州車の EV 比率が高いわけ

 欧州車の EV 比率はとても高い。日本に比べて約 20倍だ。どうしてこんなに差があるのか? 

 ――

 本日の朝日新聞の記事にこうある。
 20年の欧州の新車販売に占めるEVの割合は11%と主要市場で最も高い

ev-portion.gif

( → (Sunday World Economy)欧州EV化、インフラ格差の現実:朝日新聞

 一方、日本はどうかというと、こうだ。
 一般社団法人 日本自動車販売協会連合会が発表している「燃料別販売台数(乗用車)」1)を見ると、2020年(1〜12月)のEVの新車販売台数は約1万5000台となっています。乗用車全体の販売台数が約250万台なので、全体の約0.6%がEVです。
( → 【2021年】電気自動車(EV)の普及率はどのくらい? 「日本で普及しない」は本当? - EV DAYS | EVのある暮らしを始めよう

 日本はずっと少なくて、0.6% だ。割り算して、欧州は日本の約 20倍となる。(有効数字1桁)
 では、どうしてこんなに大差があるのか? 

 ――

 すぐに思いつくのは「補助金の差があるから」だが、現実にはそんなに差はない。
 次に思いつくのは「欧州車の EV が優れているから」だが、日産リーフに比べても、大きく優れているわけではない。価格だって、かなり高い。一般のガソリン車に比べて、かなり不利である。
 次に思いつくのは、「欧州の人は環境保護にうるさいから」だが、それも 20倍もの差をもたらすほどではない。

 いろいろ考えているうちに思い至ったことは、こうだ。
 「欧州の自動車メーカーは、ハイブリッド車を作っていない(作れない)から、そのかわりに EV を作っている」
 ということだ。ここまで来ると、かなり正解に近くなる。

 ――

 では、正解は何か? 考えているうちに、ようやく判明した。こうだ。
 「欧州では炭酸ガスの排出規制が厳しい。一定以上の炭酸ガスを排出する車を販売すると、巨額の罰金を科される。これを科されなかったのは、テスラとトヨタだけだ。テスラは電気自動車があり、トヨタはハイブリッドがある。一方、他社はみな巨額の罰金を払わされた。今年はその罰金の額がさらに増える。そこで、巨額の罰金を免れようとして、炭酸ガスを排出しない EV を大量に販売する必要に迫られた」

 裏付けとなる記事はこれだ。
 EUで自動車を販売している日米欧韓の大手自動車メーカー13社は、2021年のEUのCO2排出量目標を達成できない場合に総額で約146億ユーロ(約1兆7540億円)以上の罰金を支払うことになると予測。

 EUは2021年に、EU域内で新たに登録される自動車について、平均CO2排出量を走行1kmあたり95gにすることを求めています。規制の目標値は販売台数や自動車の重量などで違いがありますが、各社それぞれの目標値を超えると、超過1gにつき95ユーロを販売台数に乗じた罰金が発生します。
 リポートでは、上位13社の中で最も目標達成率が高いメーカーはトヨタで、目標の94.9gに対して予測値は95.1gで、超過は0.2gです。トヨタは、初めて目標を達成できない可能性があるとしています。
( → EUで巨額の罰金に直面する自動車メーカーをPAコンサルティングが予測 - EVsmartブログ

 テスラだけは、罰金を払うどころか、自社の枠を他社に売って、大きな利益を得ているそうだ。自社の車の生産では赤字でも、こちらの枠を巨額で売るので、会社全体では大きな黒字になるそうだ。
  → 迷走する日本のエコカー戦略:ホンダもひれ伏す「テスラの環境クレジット・ビジネス」の驚くべき収益力と成長率

 ――

 以上によって、欧州では EV 車の販売比率が高いことがわかった。

 一方、日本ではどうか? 日本ではどうしてEV 車の販売比率が、こんなに低いのか?
 その理由は、おそらくこうだ。
 「日本では、ハイブリッド車がたくさん売れる。だから、EV よりもハイブリッド車に注力する。欧州のように罰金が科されるわけでもないので、無理に EV を得る必要もない。ユーザーとしても、ある程度の補助金をもらえるだけでは、EV はあまり買う気になれない」

 日本でも EV がまともに売れるようになるのは、日産アリア以後だろう。つまり、来年からだ。
 ただ、アリアの生産台数には限りがあるので、アリアだけではたいした台数にはなるまい。
 日産リーフが、小型 SUV になって発売されるのが 2024年ごろだ。
  → 【日産】新型車デビュー・モデルチェンジ予想&新車スクープ|2021年10月最新リーク情報
 日本で EV車が普及するのは、あと3年以上かかるようだ。
 それ以後も、EV車の販売比率は、欧米よりもずっと低いままであるようだ。(冒頭のグラフを参照)

 ――

 ここで注目されるのは、トヨタの戦術だ。
 トヨタは今のところは「ハイブリッド車重視」で乗りきるつもりらしい。だが、欧州の炭酸ガス排出規制がどんどん強まると、もはやハイブリッド車だけでは規制をクリアできなくなり、巨額の罰金を科される。今の「ハイブリッド車重視」では、今は良くとも、将来は乗りきれないのだ。
 となると、トヨタもまた EV を重視せざるを得ないのだが、トヨタの足取りはかなり鈍い。PHV 開発も鈍い。EV や PHV の開発では、日産・三菱に大きく出遅れている。先が思いやられる。
 もっと厳しいのは、ホンダだ。どうも自社単独では乗り切れないので、GM との協力に頼るつもりらしいが、EV でも 自動運転でも GM に頼り切っていて、いったい、どうなるんですかね? 
  → ホンダ・GM、EV共通化: 日本経済新聞
  → ホンダが米GMと提携強化、EV共通化だけじゃない「真の狙い」とは | 今週のキーワード 真壁昭夫 | ダイヤモンド・オンライン

 上の二つの記事を読むと、GM よりホンダが主導しているようにも読めるが。…… ホンダにそれだけの能力があるのかな? 現状では、ひどいレベルだが。



 [ 付記 ]
 欧州が EV をやたらと推進するのには、ちょっと制度的なインチキがある。EV の炭素排出量をゼロと見なすことだ。
 実際には、EV の炭素排出量は、ゼロではない。発電のうちで火力発電に頼る分は、炭素を排出しているからだ。ドイツの場合、その量は全発電量の4割程度になる。
  → ドイツのエネルギー源別発電量の推移 - ドレスデン情報ファイル
 だったら、EV の炭素排出量を、電力消費に応じた炭素排出量を割り当てるべきなのだが、現行制度ではゼロと見なしている。( ゼロ・エミッションなどと言っている。ペテンも同様だ。)
 こういうインチキで、EV を推進して、ハイブリッドを排除しているわけだ。ひどいね。

 トヨタの社長は、どうせなら、こういうペテンを批判するべきだった。「日本では化石燃料発電が多いから不利だ」なんて弱音を吐いたりせずに、「ドイツは化石燃料発電が多いのにそれを無視しているぞ。ペテンだ。EV の炭素排出量をきちんと計量しろ!」と批判するべきだった。
 社長の頭が弱いから、見当違いなことを批判して、正しく批判するべきことを批判できない。社長が威張り散らすと、ろくなことはない。



 [ 余談 ]
 今年のカー・オブ・ザ・イヤーの最有力候補は、日産ノートとホンダ・ヴェゼルが拮抗している。
  → ヴェゼルとノート&オーラが有力?日本カー・オブ・ザ・イヤー「10ベストカー」発表 | MOBY [モビー]

 ホンダ・ヴェゼル(ハイブリッド)が人気なのは、トップ・ギアがエンジン直結で、高速燃費が良いのが魅力であるようだ。
 一方、日産のキャシュカイ(ハイブリッド)は、ギアなしのモーター駆動だけなので、高速燃費がとても悪くなる。モーターは高速回転に適していないからだ。(せめてギアを使って、回転数を落とせば、燃費が良くなるのだが。ただ、どうせギアを使うのなら、エンジン直結の方が効率はずっと高くなる。)
 日産は、EV では頑張っているが、ハイブリッドが間抜けだ。EV でも電池冷却を抜いたが、ハイブリッドではエンジン直結モードを抜く。いつも肝心なところを抜いてしまうので、せっかくの先進技術も、全体としては間抜けになる。自動ブレーキでもずっと、ミリ波レーダーを抜いていたしね。……いつもいつも抜け作の日産。コストカットで、重要点もカットするのは、ゴーンの置き土産。

 ※ 技術畑の 関潤 が社長になっていれば、こんなに技術音痴の経営にはならなかっただろうに。自動車会社の社長を文系の人間がやるというのが、根本的に駄目なんだよ。トヨタも日産も、イーロン・マスクにはまったく負けている。ホンダの社長は、技術畑だが、今の社長も先代も、学歴がひどすぎる。人材不足か。 

 ――

 蛇足だが、私がカー・オブ・ザ・イヤーに1票を入れるとしたら、三菱の PHEV に入れたいところだが、発売日が 12月16日。だったら、これは来年に回すのが妥当だという気もする。そうなると、アリアと競合して、負けてしまいそうだが。



 【 追記 】
 現実的には、欧州の EV はまだまだ価格競争力を持たない。たとえば、売れ線の ID.3 は、こうだ。
 ID.3のボディサイズは欧州のCセグメントに属し、ほぼゴルフに近いサイズで全長4,261×全幅1,809×全高1,552mm。(ゴルフは全長4,265×全幅1,800×全高1,465mm)

 ID.3のベースモデルは3万5,574.95ユーロ(約449万円)。
 ステアリングホイールヒーターやシートヒーターなどが追加された「ID.3ライフ」は3万7,787.72ユーロ(約477万円)。
 スタイリッシュになった「ID.3スタイル」は4万946.04ユーロ(約517万円)で、キーレスなどを標準装備した「ID3.ビジネス」は4万1,287.22ユーロ(約521万円)。
( → 自動車EV化の現状とは?VWの電気自動車ID.はいつ日本に来る?


 一方、三菱アウトランダー PHEV は、前席シートヒーターは全車標準装備で、価格は 4,621,100円から。
  → 【公式】アウトランダー|三菱自動車
  → アウトランダー|こだわりの充実装備|装備・メーカーオプション

 EV でなく PHV だが、装備は圧倒している上、価格は安くて、4WD もあり、3列シートもある。パワー部分(モーター・電池・エンジン)以外なら、200万円分ぐらいの品質差がある。常識的に考えて、ID.3 にはまったく価格競争力がない。

 要するに、現時点で最強なのは PHV であって、EV ではない。なのに欧州が EV 一辺倒で進もうとするのは、ハイブリッドや PHV の技術を持たないからだ。で、そのせいで、ユーザーは馬鹿高い EV を買わされるハメになる。(補助金はもらえるが。)
 日本メーカーとしては、当面は PHV を主力に据えるのが最善だ、と私は考える。そう意見表明しておこう。

 ※ ノートやキャシュカイも、あとちょっと充電池を足すだけで、PHV になって、補助金をもらえるんだが。日産は、ここでも大切なものが抜けている。いつも抜け作の日産。 nissan あらため nukesan という名前にするべき。

posted by 管理人 at 22:57| Comment(3) | 自動車・交通 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 最後の少し前に [ 付記 ] を加筆しました。
Posted by 管理人 at 2021年11月29日 00:39
 最後に  【 追記 】  を加筆しました。
Posted by 管理人 at 2021年11月29日 13:06
 他の大きな要因として、ガソリン・軽油の小売価格の高さがあるのではないでしょうか。下の資源エネルギー庁のレポートでは、イギリス・フランス・ドイツは、いずれもガソリンや軽油が日本よりも2割くらい高いです(2021年2月のデータ)。いっぽうで、家庭用電気料金は、イギリスが日本と同じくらいで、フランスが日本より安くてドイツは日本より高いです(2019年のデータ)。

 https://www.enecho.meti.go.jp/about/whitepaper/2021/html/2-2-4.html

 なお、ガソリン価格はもう少し前のデータを比較するほうがいいと思い、探したら2015年2月のデータがありました(みんカラの記事)。これによると、もっと差があります(欧州各国が高い)。EVが順調に普及しているノルウェーは、日本の約1.8倍(ドル換算)です。

 https://minkara.carview.co.jp/userid/285744/blog/35147843/

 ノルウェーといえば、下の日産のサイトによると、EVにはさらにインセンティブや免除がたくさんあるとのこと。(1990年代後半から徐々に導入。)

 ・ 付加価値税(VAT)免除 ※通常は25% ←これは大きい!
 ・ 道路使用税免除
 ・ 一部の市営駐車場での駐車料金無料
 ・ 社用電気自動車減税(化石燃料車両よりも低率)
 ・ 一部地域で通行料金割引または無料
 ・ 乗客を乗せている場合はバスレーンの走行可
 ・ 一部の駐車場、通行料金、フェリー運賃半額

 https://ev2.nissan.co.jp/BLOG/622/
Posted by かわっこだっこ at 2021年11月30日 12:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ