2021年11月11日

◆ ダイハツが e-POWER の真似

 ダイハツが e-SMART という方式の HV を発売した。この方式は日産の e-POWER とそっくりである。

 ――

 ダイハツはトヨタの 100% 子会社であり、事実上、トヨタの一部門(軽自動車部門)であるといっていい。だが、ハイブリッド車の方式として、トヨタの THS II でなく、日産の e-POWER と同様の方式(シリーズ方式)を採用した。e-SMART という名称で。
  → ダイハツの新ハイブリッドシステム「e-SMART HYBRID」と日産「e-POWER」ではどちらがすごいか?
  → なぜトヨタ「THS II」を使わない? ダイハツがシリーズHEVで独自路線 | 日経
 後者の記事には、こうある。
 軽くて小さなクルマにはシリーズ式が最適だと判断した」と語る。「小型車向けに限れば、シリーズ式の方が(シリーズ・パラレル式よりも)コストの下げしろが大きい」。

 THS IIに代表されるシリーズ・パラレル式は、……動力分割機構を要する分、構造が複雑である(図3)。
 一方のシリーズ式は、……動力分割機構は不要である。
 坪井氏は「Cセグメント以上の車両なら迷わずTHS II」(同氏)と言い切る。大きく重い車両で十分な走行性能を持たせるには、エンジンとモーターの動力を両方使えるシリーズ・パラレル式が有利という。

 シリーズ方式ならば、動力分割機構が不要で、コストが安いからだ……と説明している。だが、これはちょっと苦しい。シリーズ方式だと、動力分割機構は不要だが、その分、モーターと電池を大きくしなくてはならないからだ。その分で、かなりコストがかかる。価格差で言えば、そんなに大差はない。(後述の [ 付記 ] を参照。)

 THS II ならば「エンジンとモーターの動力を両方使える」……と上記記事にあるが、これもまた ちょっと苦しい。シリーズ方式でも、トップギアのエンジン直結をやれば、エンジンとモーターの動力を両方使えるからだ。(これだと、純然たるシリーズではなく、シリーズ・パラレルになるが。)
 たとえば、アウトランダーPHEV やホンダの ステップワゴンHV がそうだ。高速巡航のときは基本的にエンジン走行だけにして、加速時だけはモーターで補助する。
 この方式の利点は、シリーズ・パラレルという点では THS II と共通するのだが、動力分割機構は不要だ、ということだ。単にトップギヤを用意するだけで済む。そしてそれは、既存の部品(トランスミッション)だけで足りる。動力分割機構(遊星ギア)を新たに用意する必要はない。





 というわけで、いろいろと簡単化や簡略化ができるので、 e-POWER の方式は有利だ。だから私は前から「シリーズ方式とトップギアのエンジン直結」という方式を推奨してきた。
  → 次のハイブリッドは?: Open ブログ(2017年02月05日)

 ダイハツの e-SMART や、日産の e-POWER は、「トップギアのエンジン直結」がないので、日本はともかく欧州では不人気となるだろう。日本でも高級車では不人気になるだろう。
 セレナ e-POWER の高速燃費はかなり悪いそうだ。
serena-nenpi.gif
( → 新型セレナe-powerの燃費は?実燃費はかなり悪い?実際の口コミは? | Car Lab

 速度が上がると、燃費がガクンと落ちてしまう。高速道路を多用する人には、まったく適していない。これでは欧州では売れないだろう。



 [ 付記 ]
 アクアはプリウスの古くて償却済みの(一時代前の)THS II を使うことでコストを切り下げた。だが、その設備をダイハツに回すほどには、設備が余っていないのだろう。
 ダイハツに回す設備がないので、使いたければ、そのための THS II の設備を新設しなくてはならない。それではコスト的に割に合わない。設備を新設するのならば、THS II よりもシリーズ式の方が初期コスト(固定コスト・資本コスト)が安く済む……ということなのだろう。それならばわかる。
 一方、アクアの方は、償却済みの設備を使えるので、低コストで THS II を使える。だから、アクアの方は THS II を使うのだろう。
  → THSの世代( Wikipedia )
posted by 管理人 at 23:22| Comment(2) | 自動車・交通 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
欧州での高速燃費を気にされているようですが、高速の制限速度は確かに速いですが、市街地の道路環境は日本とさして変わらないので実用的には使い勝手は変わりません。

あとはキャシュカイe-POWERについては、モーターのトルクアップ、出力アップと変速比のハイギアード化で対応してくると思われます。
Posted by なまず at 2021年11月14日 14:35
 欧州では高速道路の長距離利用が多いんです。国家間を渡る長距離移動。たとえば、アウトバーンみたいな。
 欧州は鉄道網が発達していないので、日本よりも、長距離輸送では自動車がメインになります。速度も時速 200km ぐらい出せることも多い。

Posted by 管理人 at 2021年11月14日 15:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ