2021年11月09日

◆ 熊から逃げる方法

 熊と遭遇したら、どうするべきか? 熊の速さは時速 60km で、人間の倍以上の速さだ。とても逃げられそうにないが。

 ――

 熊と遭遇したら、どうするべきか? 


animal_kowai_kuma.jpg


 「逃げればいい」という人が多いが、熊から逃げることはできない。熊の速さは時速 60km で、人間の倍以上の速さだからだ。
 むしろ、逃げることで、熊の追う本能を刺激しかねない。何もしないで、睨み合っている方が、まだしも安全だ。やたらと逃げれば、熊が追いかけてくるので、最終的には殺されてしまいかねない。
 「熊にあったら死んだフリをするといい」
 というのは、半分だけは正しいようだ。「熊は死んだ人間を無視する」からではない。「その場で動かなければ、逃げずにいるので、追う本能を刺激しない」という意味だ。
 だが、それは「マイナスにはならない」という意味であって、積極的にプラスになる意味ではない。
 何とか積極的に助かる方法はないのか? 

 ――

 情報を知るなら、インターネットだ。さっそくググってみたら、次のページが見つかった。
  → クマに遭遇してしまった場合の対処法 - 江津市ホームページ
  → 出会った時は|公益財団法人 知床財団
  → 必見!キャンプ中に熊と遭遇したときの対処法と襲われないための対策
  → 鼻息がかかる距離でヒグマに遭遇した私が、専門家に対策を聞きに行く
 
 いずれのページも似たような話だ。急に逃げ出すのは良くない。かわりに、あわてず、驚かず、ゆっくり避難すればいい、とのことだ。
 そりゃまあ、そうなんですけどね。それでは済まないこともあるから、問題なんだ。熊が本当に襲いかかってきたら、どうする? それが問題だ。
 「その場合には熊除けスプレーで、熊をひるませる」
 というのが正解らしいが、スプレーがなければどうするんだ? 
 こうなったら、戦うしかないようだ。実際、熊と戦って、撃退した人もいる。
  → 熊を素手で撃退した63歳空手家 「大山倍達を超えた」





 しかし、この人は空手の有段者だ。普通の人はそんなに強くない。
 しかも、これは群馬県のことなので、相手はツキノワグマだろう。体格でも、人間とは大差がなさそうだ。人間がかろうじて戦える相手だ。
 北海道のヒグマは違う。200kg ぐらいの体重があって、しかも全身が筋肉質だ。とうてい対抗できそうにない。
 動物界でも、熊が虎3匹よりも強い、という事例があった。
  → ヒグマ対トラ : アニマル情報202X
 こんなのを相手にしたら、空手の有段者だって、ひとたまりもない。つまり、熊を相手に、まともに戦うのは愚策だ。
 困った。どうする?

 ――

 そこで、困ったときの Openブログ。うまい案を出そう。それは、知恵を使うことだ。具体的には、次の三つだ。
  ・ めつぶし 
  ・ フェイント
  ・ 長距離


 (1) めつぶし

 足元にある砂や土をつかんで、近くに来た熊の顔にぶちまける。これで、めつぶしになる。熊がひるんだすきに、逃げ出すことができる。逃げ出しながら、また砂や土をつかんで、再度のめつぶしを実行する用意をする。

 (2) フェイント

 ツキノワグマは別として、ヒグマは巨体なので、急激な方向転換はできない。それを利用して、小柄な人間は、小回りをするといい。それには、フェイントが有効だ。
 右へ逃げると見せかけて、1秒または2メートルほど右へ移行する。それを追って、0.5秒後に熊が方向転換したら、その 0.5秒後(つまり最初から1秒後)に、左へ移行すればいい。
 こうすると、フェイントになるので、熊は出鼻をくじかれる。熊はいきなり方向転換できない。そこで、人間は逆方向へゆうゆうと逃げ出せばいい。
 そのあとで、熊がまた追いかけてきたら、またフェイントをかけて、逃げ出せばいい。
  ※ 熊の巨体を逆用する方法だ。

 (3) 長距離走

 ヒグマは巨体ゆえに、エネルギーの消費が大きい。1分間ぐらい走ると、発熱量が多くなって、体温が上昇して、もう走れなくなる。だから、1分間以上も走り続けると、ヒグマはもう追いかけることができなくなる。
 それを念頭に置いて、追いかける距離を長く伸ばせばいい。それには、フェイントを何度も続ければいい。
 フェイントの1回だけでは、熊は諦めてくれないかもしれない。しかし、2回、3回、……と続けると、どんどん体温が上昇するので、ヒグマはもう走ることができなくなる。諦める。とりあえず、一休みする。それを見計らって、人間がどんどん長距離走をすればいい。そうすれば、先の方に逃げいった人間を見て、ヒグマは追うのを諦める。

 一般に、発汗機能をもつのは、人間ぐらいしかいない。ただし馬は例外的だ。馬は例外的に発汗機能をもつし、体も長い毛で覆われていることはない。
  → 人間以外に汗をかく動物はいるの

 一方、体が長い毛で覆われているような、たいていの動物(哺乳類)は、発汗機能をもたないし、長距離走に適していない。だから、少し走ると、すぐに走るのをやめてしまう。
 熊も同様だ。せいぜい1分間ぐらいしか走れない。それ以上を走り続ければ、もう熊は追いかけることができなくなる。(1分間というのは微妙だが、2分、3分となると、もう追いかけるのは絶対無理だろう。)

 ――

 以上で、三つの方法を示した。これで何とかなりそうだ。
 ただし、上の方法で必ず助かる、という保証はない。成功率は 50% ぐらいかも。
 しかし、それがイヤなら、成功率 10% に期待して、死んだフリをするしかない。

 あるいは、成功率1%に期待して、すばやく逃げ出すか。そして 99%の確率で、追いつかれて、食い殺される。


animal_bear_kowai.jpg


 どれにするかは、お好みで。




 [ 付記1 ]
 なお、木登りというのは、絶対駄目だ。熊は木登りがうまい。人間が木登りをして逃げたら、その下から熊が木登りをして追いかけてきて、熊につかまってしまった、という例もあるほどだ。









 [ 付記2 ]
 「逃げる」というのは、平地では役立つが、笹山では逃げようがない。(笹に足を取られるので。)……となると、戦うしかないが、どうする?
 ネットでは「ナタで熊に痛みを与えて撃退する」という方法が推奨されている。だが、これは机上の空論だろう。熊の毛は分厚いので、ナタを下ろしたぐらいでは、肌に痛みを与えることはできない。
 困った。どうする?

 そこで、困ったときの Openブログ。うまい案を出そう。こうだ。
 「アイスピックを用意してから、熊の目を突き刺して、熊の脳を破壊する」
 これならたぶん熊を殺せる。

 ただし、熊は顔を動かすので、狙ったとおりに目を突き刺すのは困難だ。前もって、熊の顔を固定する必要がある。そのためには、こうする。
 「左手を犠牲にして、左手を熊に噛みつかせる。その状態で、熊の顔を固定して、目をアイスピックで突き刺す。上から下へではなく、前から奥へ。脳を破壊する」

 これを聞いて、「それは難しい」と思う人がいるだろうが、そんなことはわかっている。九死に一生を得るための方法だ。これが不満なら、むざむざと無抵抗で食い殺されるしかない。
( ※ だいたい、あんなに巨大な熊を相手に、勝とうとするのが、最初から困難な課題だ。簡単に勝てるはずがないだろう。)



https://amzn.to/3wslXwB




https://amzn.to/3EWFRTm




 【 追記 】
 「何かもっと頭のいい方法はないの? 女性や老人でもできるような対策はないの? 森で熊に襲われるのは、たいていは老人なんだから、老人でもできる対策を教えてよ。困ったときの Openブログでしょ?」
 という注文が出そうだ。……むむむ。そこで、何とか案を出そう。こうだ。
 「魔法瓶式の水筒に熱湯を入れておく。熊が近づいて、噛みつきかけたら、そのあいた口と顔に向けて、熱湯をぶちまける」
 「注ぎ口をあけた魔法瓶式の水筒を、熊の口に突っ込んで、中身の熱湯を、熊の喉に呑み込ませる」
 これで熊は、ギャーと叫んで、逃げ出すだろう。確実に助かるとは言えないが、とりあえず撃退できる可能性は高い。

 ただし、撃退用の熱湯を常に保持しておく必要がある。自分が飲んでは駄目だよ。重さもかなり重い。アイスピックみたいに軽くはない。ちょっと不便だ。

 この点を解決したければ、「ライターで可燃物に火を付ける」とか、「強い照度の懐中電灯で照らす」とか、火や光で威嚇するのがよさそうだ。
 ロケット花火を使う手もある。他の花火も使えそうだ。

 花火の代わりに、爆竹を使う手もある。火炎でなく音で威嚇するわけだ。熊は銃声との区別が付かないから、銃声だと思って逃げることもありそうだ。

 別途、バカでかい音声を出す装置も考えられる。

 モデルガンのライフルで威嚇する手もあるが、重たい(4kg)なので、実用的ではないね。
 


https://amzn.to/3F2yolL

 






posted by 管理人 at 22:33| Comment(3) | 一般(雑学)6 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 最後に 【 追記 】 を加筆しました。
Posted by 管理人 at 2021年11月10日 12:17
熊は好奇心旺盛なので、ナップザック的な袋を置いて気をそらさせるというのがよいのでは?そちらをあさりに行くことが多いようですよ。袋はとくに気になるらしいですよ。
https://www.youtube.com/watch?v=sZR5_A_7joY

こちらの猟師さんはにらみつければいいと言っていますが。この猟師さんの眼力は無理…
https://www.youtube.com/watch?v=uHb9tuf_5Sw
Posted by とおりがかり at 2021年11月10日 14:59
 体験談:

 → 『山で熊に襲われました。』 〜格闘&血だらけ逃走レポート
  https://note.com/bear_attack/n/nf71a79e0864f
Posted by 管理人 at 2021年12月07日 11:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ