2021年11月07日

◆ 画面キャプチャーの方法

 画面キャプチャー(部分的なスクショ)をパソコンで実行するための方法。

 ――

 次の3通りがある。

 (1) Snipping Tool

 Windows のアクセサリに入っている「 Snipping Tool 」というソフトを起動して、任意の範囲をドラッグして選択すればいい。
 ただしこの方法には致命的な難点がある。画像が究めて低品質な JPEG になるので、画像が汚くて、サイズがデカくなる、ということだ。二重苦である。とんでもない低品質ソフトだと言える。

  ※ あとで画像ソフトでコントラストを上げることで、汚れ模様を消すこともできるが、面倒臭いし、画像の色が歪む。
  ※ 写真ならともかく、グラフのように白い部分が多い画像では、とんでもなく低品質になる。

  → 最後の 【 追記 】 で追加情報あり。

 (2) Firefox 、Edge

 Firefox なら簡単だ。画面を右クリックしてから、「スクリーンショットを撮影」を選択して、任意の範囲をドラッグして選択すればいい。
 保存するファイル名が勝手に決められてしまうので、いちいちファイル名を修正するのが面倒だが、それ以外は満点だ。
 Edge でも、同様のことは可能だ。
 ただし、Chrome では、この方法は使えない。
 
 (3) キーボード・ショートカット

 ちょっと難しいが、Windows のキーボード・ショートカットでも利用可能だ。
Windows 10 October 2018 Update(バージョン 1809)より、Win + Shift + S キーを押すことで、マウスをドラッグして任意の範囲をキャプチャーすることができるようになっています。
( → 無料画面キャプチャーソフト一覧 - フリーソフト100

 解説は
  → 【Windows 10】範囲指定して画面をキャプチャーする

 この方法は、ブラウザに限らず、どのアプリでも付けるのが便利だ。ただし、覚える必要があるので、ちょっとだけ難しい。S という文字は「Save」でなく「Screen」の S だ、と覚えればいいが。Win キーは、この手のショートカットでは当然だ。 Shift キーも使うのが、ちょっと難度が高い。

 また、画像はコピーするだけなので、別途、画像ソフトを起動して、新規作成して、画像を貼りつけて、保存する……4つの手間がかかる。かなり面倒だ。

 どちらかというと、(2) の方がよさそうだ。操作はずっと簡単だ。思い出すのも、「画面を右クリックする」とだけ覚えておけばいい。あとは項目を選択するだけだ。
 

display_monitor_computer.jpg




 【 追記 】
 読者から有益な情報を得た。
 「 Snipping Tool では、JPEG でなく PNG で保存すれば、画像の劣化がない」
 という指摘。
 確認したところ、確かにそうだった。これなら、Snipping Tool でもちゃんと保存できる。(劣化なしに)

 ※ GIF だと、歪みはないが、色数が 256色に減色されてしまうので、ちょっとまずい。PNG がお勧めだ。
 
posted by 管理人 at 20:27| Comment(2) | コンピュータ_04 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
(1) Snipping Tool の方法について
>画像が究めて低品質な JPEG になるので、画像が汚くて、サイズがデカくなる

画像の保存時に「ファイルの種類」から、PNG形式やGIF形式を選択してはいかがでしょうか。
Posted by そもそも at 2021年11月08日 20:36
 ご教示ありがとうございました。
 最後の 【 追記 】 に記載しました。
Posted by 管理人 at 2021年11月08日 21:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ