2021年11月01日

◆ 2021 選挙結果への講評

 接戦が続いたが、接戦の結果は意外ではなかった。自民はほぼ予想通りの微減だったが、立憲は意外な大幅減で、維新は予想を超えた大勝だった。
 立憲の比例区は 61から39へ。「立憲の敗北」については、私が前に述べた話がそっくりそのま適用できる。そちらを参照。
  → 立憲はなぜ敗北したか?: Open ブログ(10月26日)

 ※ 選挙結果(一覧表)は、下記。

 ――

shuuin-kekka21.png

出典:朝日新聞
posted by 管理人 at 07:00| Comment(3) | 一般(雑学)6 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今回の選挙では、落ちるべき人がそこそこ(選挙区で)落ちた選挙だったのかなと思います。

また、立民は共産党との協力により、立民支持層の一部が離れてしまったのではないかと想像します。立民支持層の中には、共産党を嫌う人がそれなりにいると思いますので。

あと、目立ちはしませんが、国民民主党は、管理人さんの批判をよそに、議席数を微増させました。
Posted by 反財務省 at 2021年11月01日 07:22
 減ったのは、自民・公明あわせて12議席にとどまります。いっぽうで維新は+30議席の大?躍進。簡単にいうと、ゴ〇の一部が〇ズに入れ替わっただけ。(というよりは、かなり悪化?)
 立民(立憲)は〇ミとまではいいませんが、前項(10月26日付)で筆者が書いたとおり「愚かな善人(心は善意あふれる優しい人だが、やることがあまりにも世間からズレているエゴイスト)」なので、全体として善人≠フ数は減ったかもしれません。
Posted by かわっこだっこ at 2021年11月01日 11:48
 選挙の分析については、本日夜の記事にご期待ください。
Posted by 管理人 at 2021年11月01日 12:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ