2021年10月08日

◆ 厚労省を分割する?

 厚労省が巨大になりすぎたので、厚労省を分割するべきだ……という案がある。

 ――

 これは自民党総裁選のときに河野太郎が提案したことだ。特にコロナのような大事件が起こると、担当大臣の仕事量が大きくなりすぎて、大臣一人では扱いかねるので、組織そのものを分割してしまえ……という案だ。

 河野太郎は総裁選で負けたので、この案が日の目を見ることはなさそうだが、ちょっと興味を引いたので、考えてみる。


kouseiroudousyou.jpg


 河野太郎の案では、医療と労働・年金に分割する、ということらしい。
 「特命担当相を置くほか役所を分けるやり方も考えられる」と述べた。都内で記者団の取材に答えた。
 「年金や医療の改革を抜本的にやる場合、1人の閣僚では非常に大変だ」と説いた。「年金と医療、あるいは医療・介護、所管する閣僚を別々にして議論する必要がある」と強調した。
( → 厚労省に分割・複数閣僚案 河野氏 自民総裁選: 日本経済新聞

 新型コロナウイルス対策や社会保障政策など所管業務の範囲が広いとして「かつてのように厚生省と労働省に分けることも一つの考え方だ」と述べた。
 記者団の取材には、厚労省が存続する間の対応として、年金や医療などの改革を進めるため厚労省に複数の特命担当相を置く案も挙げた。
( → 河野氏、厚労省分割に言及 特命相新設も(共同通信)

 言っていることは、いちおう筋が通っているが、これだと、そもそも厚生省と労働省を一本化した往時の政策との整合性が問われる。
 また、医療と労働管理は「健康管理」という点で共通性があるので、無理に分離しなくてもよさそうだ。

 一方で、年金はまったく別だと言える。ところが、年金は、医療の健保と同様で、ともに社会保険であるという共通性がある。
 そこで、年金と健保を一括して扱う省庁を作って、それを独立させるといい……というアイデアが浮かぶ。
 とはいえ、そのような省庁は、かつてあった。社会保険庁がそうだ。それを復活させればいいのだろうか?

 ――

 まずは調べてみよう。
 社会保険庁とは、かつて存在した日本の中央官庁で、略称は社保庁(しゃほちょう)と呼ばれた。
 その責務は、政府管掌健康保険事業、船員保険事業、厚生年金保険事業、国民年金事業等の運営である。地方支分部局として都道府県単位の社会保険事務局が設置され、その傘下として地域毎に社会保険事務所が置かれていた。
 健康保険については、社会保険庁の廃止に先立つ2008年10月に全国健康保険協会(協会けんぽ)に移管されている。
( → 社会保険庁 - Wikipedia

 健保は協会けんぽに移管したので、今さら新・社会保険庁 に取り込むことはできないようだ。

 一方で、健保を、協会けんぽや厚労相に任せきりだと、ろくに進まないことがある。処方箋の電子化だ。そういう問題がある。
  → 薬局が多すぎる: Open ブログ
  → お薬手帳を廃止せよ(電子化): Open ブログ
  → マイナンバーカードが健康保険証に: Open ブログ
 
 ――

 以上をまとめて、整理しよう。
 確かに厚労省は巨大すぎる。扱う金額も図抜けて大きい。医療だけで 42兆円だし、他に年金ももある。一つの省庁で巨額の金を扱いすぎる。その意味では、分割した方がいいかもしれない。
 とはいえ、扱う金額の問題とするのならば、年金と健保を扱う社会保険庁を独立させれば足りる。
 ところが年金と健保はすでに政府の外部に移管されていて、政府は直接は扱っていない。とすれば今さら社会保険庁を復活させても、あまり意味はない。

 以上のことからすると、組織そのものの分割は特に必要なさそうだ。かわりに、作業量を分割するために、担当の特命担当相を置いてもいい。(河野太郎の別案。)

 ――

 だが、私としては、次の案の方がよさそうだと思える。
  ・ 厚労相(大臣)は一人でいい。
  ・ 事務次官は、一人でなく、複数人がいてもいい。
  ・ コロナのような大事件が起こったときには、特命担当相を置けばいい。


 なお、より喫緊の問題としてあるのは、労基署や保健所の人員不足だ。足りないのは、トップの大臣クラスの人員ではなく、現場の人員なのである。この人員が足りないから、コロナでも何でも、あちこちで業務の停滞を招いている。
 このことに気づかずに、大臣の数ばかりを増やそうとするのは、およそ見当違いのことだと言っていい。なすべきことが、あさっての方向を向いている。
 
posted by 管理人 at 22:00| Comment(1) | 一般(雑学)6 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>事務次官は、一人でなく、複数人がいてもいい

国土交通省は、事務次官に加え、『技監』というポストがあります。

事務次官は事務官の最高ポストで、技監は技官の最高ポスト。

技監の配置により、国土交通省には事務次官が2人いるような体制になっています。
Posted by 反財務省 at 2021年10月09日 09:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ