2021年10月05日

◆ リベラルはなぜ少数派か?

 自民党の政治はクソであるのに、選挙では強い。立憲などのリベラルの政治はもっとマシであるようだが、選挙では弱い。なぜか?

 ――

 この問題を扱っているページがある。
  → なぜリベラルの声は中間層に届かないのか?(鳥海不二夫)

 「リベラルの声は中間層に届かない」ということを、統計データで示している。それはまあ、たしかにそうだろうし、疑問は感じられない。

 ただ、「なぜ」に対する分析がほとんどないし、回答もほとんどない。せいぜい、「保守の方が感情に訴える言葉を使っている」ということぐらいだ。要するに、言葉遣いによって差が付く、という発想だ。しかし、そんな単純な話ではあるまい。(これは統計における「疑似相関」という言葉で説明される。この語でググれば説明が見つかる。)


nejirekokkai.jpg


 より本質的に考えると、どうなるか? 私なりに、正解を述べよう。こうだ。
 「世の中の人々は、3分の2はもともと保守である。人間は保守的なものである。現状でちゃんと生きていられる限りは、現状を特に変更しようとはしない。とりあえずは現状維持を狙う。それが安心できるからである。年を取ればなおさら、現状維持を狙う。
 一方、世の中の3分の1は革新的である。現状をあえて大規模に変更したがる。政府そのものも全取っ替えしたがる。しかしそういう人は、少数派であるにすぎない。
 一方、政治的には、三等分される。右派は3分の1、中間は3分の1、左派は3分の1である。これはどうしてかというと、そういうふうになるように、言葉の定義を決めているからだと考えていい。だから、原理的にそうなる。
 さて。自民党のような政党は、政治的には右派だが、保守的な人々の票を得るので、およそ3分の2の票を得る。そこには、右派と中間の双方が含まれる。立憲のようなリベラルな政党は、政治的には左派だが、革新的な人々の票を得るので、およそ3分の1の票を得る。そこには、左派だけが含まれ、中間の人々は含まれない。
 以上のような理由で、リベラルはもともと中間の人々の票を得られないのである。それは原理的なものだ。表現方法がまずいからだというような技術的な理由によるのではない」

 ――

 以上のことからして、リベラルが中間の人々の票を得るためには、どうすればいいかもわかる。
 そのためには、左派の主張を声高に述べればいいのではない。そんなことをしても、3分の1の票を得るだけであって、中間の3分の1の票を得ることはできない。
 かわりに、左派の主張を捨てて、保守的な人々の心に響くような主張をすればいいのだ。そのためには、「人々は(生活面で)保守的である」という原則を理解した上で、「劇的な変更をしない」という方針を取るべきだ。

 すると、次のような政策は、「劇的な変更をする」ので、不可であるとわかる。
  ・ 原発をゼロにする。
  ・ 安保条約をいじる。
  ・ 少数派や弱者への対策を大切にする。


 こういう方針は、左派にとっては必要なことだが、保守派の人々にとっては嫌われるものだ。だから、保守派の人々の票がほしければ、上のような政策を声高に語ってはいけない。

 リベラルにとって必要なことは、「正しい政策を取ること」ではない。「正しい政策を取ること」を諦める必要がある。かわりに、「自らの主張を捨てて、相手の方針に寄り添う」ということが必要になる。それができたとき初めて、リベラルは多数派の票を取ることができる。なぜなら、相手の気持ちを理解して、相手の気持ちに寄り添うからだ。

 ここまで理解すれば、リベラルが票を獲得できない本当の理由がわかる。それは「リベラルがコミュ障であるから」である。リベラルは、自分の言いたいことだけを主張して、保守的な人々の気持ちを理解しないのだ。
 「現状を変更することが怖いから、多少は汚くても、汚い現状を維持したがる」
 というのが、大多数の人々の感覚なのである。人々はもともと保守的なのである。特に、現代の若者は、そういう人が多い。大きな変革を恐れる。
 だから、そういう人々の心に寄り添って、「大きな変革はありませんよ」と安心させることが大切なのだ。自分が正しいことを主張するよりも、不安な人々の心に寄り添うことが大切なのだ。

 そして、それができるのが右派であり、それができないのが左派である。だから右派は中間の人々を取り込み、左派は中間の人々を切り捨てる。

 リベラルが多数派にはなれないのは、リベラルが自己陶酔して、相手を理解できないという、コミュ障であることが原因なのだ。



 【 関連項目 】

 → 若者の保守化: Open ブログ

 ※ ここでも似た趣旨のことを述べている。
   「若者が保守化したのは、変革に対して恐怖心をもっているからだ」
   と。本項の話(本日分)と、かなり重なる内容だとわかるだろう。

posted by 管理人 at 23:07| Comment(3) | 一般(雑学)6 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これは興味深い論考でした。自民党、保守は言ってみれば人情があるのです。K首相は広島では虐められた。日大の件で藪本とA元首相の写真がどこでも出ています。恨みに対する復讐ですね。恨みには恨み、恩には恩です。これが日本人に馴染みます。左派は人情ではなく、主義主張です。昨日まで仲良くしていた人が、考え方に違いが出るともう仲間ではありません。人間不在というか、人情不在なのです。どっちもどっちですが、管理人さんの言われる通り、左派は自己陶酔して自分の主義主張こそが正しいと思い込んで、他人の声に関心が全くないので、そこが厄介ですね。過去に唯我独尊と言われたグループがありましたが、まさにそれですね。
Posted by CD at 2021年10月08日 16:18
実現しませんでしたがお世話になっている大阪市を廃止するという大阪都構想に関しては何故維新派は半分に迫る勢いで支持できたと思いますか?自治体を廃止に賛成だなんて普通は躊躇しそうなもんなのに。
Posted by 山木 at 2021年10月11日 14:30
 大阪民は、維新に洗脳されているから。維新が好きなので、何でもかんでも言いなりになる。大阪の民放は維新の支配下にあるし。
Posted by 管理人 at 2021年10月11日 15:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ