2021年09月12日

◆ 反ワクチンを称賛せよ

 反ワクチンを唱える人々がいる。彼らを「トンデモだ!」と批判する人が多いが、むしろ称賛する方がいい。
 
 ――
 
 なぜか? 彼らは別に犯罪者ではないからだ。犯罪者はならば、他人に害悪をもたらすが、反ワクチンを唱える人々はそうではない。彼らは、他人に害悪をもたらすのではなく、自分自身に害悪をもたらすだけだ。その意味では、一種の自傷行為であるにすぎない。愚かではあるとしても、社会に害悪をもたらすわけではないので、一種の愚行権として、彼らの行為を認めてもいい。
 
 しかも、今のように「ワクチン不足」という状況においては、彼らの行為は社会にとって有益ですらある。なぜなら、ワクチン不足で困っているときに、自分の権利を他人に譲っているからだ。要するに、自分の命を犠牲にして、他人の命を守ろうとしているのだ。これは、尊い犠牲的精神であると言える。
 
 一つのワクチンで守れる命は一つである。ワクチン不足のときには、誰かにワクチンを打てば、誰かにワクチンを打てなくなる。人々は「我先に」と競争するようにしてワクチンを打ちたがる。ワクチン待ちの行列ができている。


hospital_gyouretsu.jpg


 そういうワクチン不足のときには、ワクチンを辞退する人は、とても尊いのだ。
 「私はワクチン接種を辞退します。私の命を犠牲にしてもいいので、他の人の命を救ってください」
 というのも同然だ。ああ、何と崇高な犠牲的精神であることか。
 このような犠牲的精神は、すこぶる称賛に値する。だからこそ、「オレは死んでもワクチンを打ちたくない」という(愚かな)人々の方針は、とても歓迎するべきことなのだ。

 これを下品に言えば、
 「死にたきゃ勝手に死ね。おかげでこっちは、助かるわ。死んでくれてありがとう」
 というようなものだ。

 たとえば、千葉真一は、ワクチンを打つのを嫌がって、そのすえにコロナに感染して死んでしまった。彼が死んだのは残念だが、その分、ワクチンを打ったおかげで助かった命がある。彼が自ら死を選んだおかげで、幸運にも助かった命がある。
 とすれば、千葉真一のような(愚かな)犠牲的精神は、社会にとってはとても歓迎するべきことなのである。

  → 千葉真一は「水素水を飲むからコロナにならない」と



 [ 付記1 ]
 ワクチン嫌いの人が少数いても、結果には大きな影響を及ぼさない。これは、とくに日本では当てはまる。
 一方、アメリカでは、ワクチン嫌いの人がとても多くて、接種率は 62%で頭打ちになっている。そのせいで、いつまでたっても集団免疫が得られない。
 アメリカのような国では、「ワクチン嫌い」は社会的に害悪がある。この場合には、ワクチンを接種しない人へのペナルティがあっても、やむを得ないだろう。下記を参照。
  → カナダの大学教授がワクチン拒否により解雇 / Twitter

 [ 付記2 ]
 「自分はワクチンを接種しない」
 と主張するだけなら、何も問題はないが、
 「あなたはワクチンを接種するべきではない」
 と他人に要求・勧誘するのは、害悪がある。他人の命を奪うのも同様だ。それは「悪魔のささやき」と言える。……こういうのは、広い意味では「自殺幇助罪」や「詐欺罪」に該当しそうだ。ほとんど犯罪だ。

 [ 付記3 ]
 下記を参照。自業自得ふう。
  → ワクチン否定論を広めた米男性、COVID-19で亡くなる  - BBCニュース
posted by 管理人 at 23:27| Comment(10) |  感染症・コロナ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
反ワクチン派が問題なのは、自分だけでなく他の人にもワクチンを打たせないようにすることですよ。
反ワクチン派の人が高齢の親の面倒を見ているような場合、悲劇的なことが起こります。
Posted by 田好 at 2021年09月13日 10:33
> 問題なのは、自分だけでなく他の人にもワクチンを打たせないようにすることです

 それはそうなので、 [ 付記2 ] で言及しています。

 ――

 実を言うと、本項の真意は、反ワクチン派の人を称賛すること自体ではなくて、反ワクチン派の人々を洗脳から解きほぐすことです。
 「反ワクチンは間違っている」
 と教えても、素直に言うことを聞くはずがない。そこで、
 「死にたきゃ勝手に死ね」
 と言えば、ようやく目を覚ますだろう、……という狙い。
Posted by 管理人 at 2021年09月13日 11:49
管理人さん、でもあのイスラエルも感染爆発しているのですよ。人口比で言えば日本よりもよっぽど多いです。イスラエル コロナ、でGoogle検索してみてください。そして副反応疑いはインフルエンザワクチンの100倍です。効果が半年ごとに切れるので年2回接種が必要です。mRNAワクチンは核酸医薬で未知のワクチン。ノババックスのワクチンであれば喜んで接種しますよ。
Posted by gunts at 2021年09月13日 18:00
> イスラエルも感染爆発している

 イスラエルはワクチン接種率が高いが、マスクをしていないのだから、感染率が高いのは当然だ。「ワクチンだけでは駄目で、マスクと併用せよ」とすでに記したとおり。
  http://openblog.seesaa.net/article/483205485.html
 つい先日に書いたばかりなんだが。

 ――

> 副反応疑いはインフルエンザワクチンの100倍です

 どっちにしても比率は僅少なので、無視してもいい。
 0.001%を 100倍にしても、0.1% だ。コロナの死亡率よりも圧倒的に低い。

> ノババックスのワクチンであれば喜んで接種しますよ。

 いや、それも接種しないでいいです。何も接種しなくてもいいです。「死にたきゃ勝手に死ね」といのが、私の方針です。

 そもそもノババックスのワクチンは、「組み換えたんぱくワクチン」なので、大量に接種する必要があって、副作用の危険性は mRNA ワクチンよりも(原理的には)高いはずだ。
 体内に異物をいっぱい入れるのだから、その分、危険性は増える。少量で済む mRNA ワクチンの方がよっぽど安全だ。

Posted by 管理人 at 2021年09月13日 18:25
マスクが感染抑制要因というのは根拠が薄いと思います。
-コロナが空気感染する事が明確(エアロゾルの場合N95マスクでないと防げない)
-マスク着用率の高い日本で感染拡大している
-イスラエルは着用率が低くても数ヶ月前まで感染抑制していた

さらにmRNAワクチンは半年程度しか効果が持続しないし、重症化抑制効果の持続期間が不明確。
またアメリカのトップ科学者を多く抱えるソーク研究所ではスパイクT自体が人体に害である事を証明。大量のスパイクTを生成するmRNAワクチンは全く安全ではありません
https://www.salk.edu/news-release/the-novel-coronavirus-spike-protein-plays-additional-key-role-in-illness/
心筋炎をはじめとした血管にまつわる副反応の原因が、スパイクTと考えれば多くが辻褄が合います。
Posted by gunts at 2021年09月13日 21:00
デマを書いてはいけません。

>-コロナが空気感染する事が明確(エアロゾルの場合N95マスクでないと防げない)

 不織布マスクでもかなり大幅に防げます。N95マスクの方が、より性能がいいというだけ。

>-マスク着用率の高い日本で感染拡大している

 最近はどんどん減少しつつあります。ニュースを見ていないの? 


>-イスラエルは着用率が低くても数ヶ月前まで感染抑制していた

 デルタ株以前とデルタ株以後、と判明しています。マスクの有無は同じでも、結果は異なる。
Posted by 管理人 at 2021年09月13日 21:11
 何故一部打たない人が居るかって?
群選択を知らなかったとは言わせないぜ。
万が一にも数年発現の重篤な副作用があった
場合、人類(狭義には日本人)が壊滅的な
ダメージを受けるのを避ける為の種の
保存行動だろ。

 ワク進は反ワクに対しては
「種の絶滅を避けるための個体数調節行動」
程度に思っておけばよい。反ワクもワク進
に対して、そう思ってるかもしれないがな。
Posted by どら at 2021年09月13日 21:12
あー群選択の意味を取り違えている
と言うツッコミは予想しておく。
Posted by どら at 2021年09月13日 21:18
インフルエンザに対しても複数のRCTでは、マスクに有意差なしと、CDCが見解出していますよ?

https://wwwnc.cdc.gov/eid/article/26/5/19-0994_article

Posted by gunts at 2021年09月13日 22:19
 上記論文、あなたは本当に読んだの? どこかの評者の評論文(誤読)を読んだんじゃないの?

 上記論文が示しているのは、「医療用マスクと不織布マスクに有意差がない」ではなくて、「マスクをしてもしなくても有意差がない。それは医療用マスクでも同様だ」という「マスク不要論」です。

 CDC は以前からずっと「マスク不要論」「マスク無効論」を唱えてきました。それが転じたのは、昨年春です。
 一方、上記論文は、一昨年よりも前の論文をまとめて読んで、「どの論文もマスクの効果を認めなかった」と記しています。それが内容です。

 あなたは何も読んでいないのでしょう。もはや時代遅れとなったポンコツ論文を拾い上げて、紹介しているだけです。ゴミを紹介しても、意味がありません。
Posted by 管理人 at 2021年09月13日 23:11
  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ