2021年09月12日

◆ 妥協とは何か?

 妥協とは、単に節を屈することか? 自説を抑止して、他人に従うことか?

 ――

 いや、単に譲ることだけではない。こちらが譲ると同時に、相手も譲る。双方が譲り合う。
 では、妥協とは、単に譲り合うことだけか? いや、そうではない。双方が譲り合うことで、合意に達するので、双方が一つにまとまる。このことが本質だ。

 それまではバラバラだったものが、一つにまとまる。そうすると、政治の世界では、「多数の優位」を確立することができることが多い。そして、「多数の優位」を確立できたなら、「権力なし」から「権力あり」に転じることができる。……この結果が決定的に重要だ。


akusyu_man_ojisan.jpg


 ここまで理解すれば、「妥協」の重要さがわかるだろう。それは特に野党において問題となる。
 与党ならば、「権力のうまみ」を知っているので、「権力あり」が最優先となる。そのためには、自説を譲ることも厭わない。つまり「妥協」の大切さを知っているので、妥協をすることができる。
 野党ならば、「権力のうまみ」を知っていないので、「権力あり」が最優先とならない。そのせいで、自説を譲ることができない。自説の正しさにこだわり、自説を曲げまいとする。そういう潔癖症にとらわれている。そのせいで、妥協をすることができない。

 ――

 結局、野党がいつまでたっても政権を取れないのは、「妥協」の大切さを知らないからだ。自説の純度にばかりこだわって、自説とは異なる意見を許容できない。妥協して一つにまとまろうという意思が最初からない。権力を握ろうという意思が最初からない。「自分は正しいのだから、多くの人々が自分を支持するべきだ」と思い込んでいる。


building_ryoutei.jpg


 これはまあ、老舗の和菓子屋や料亭と同じだ。「立派な品物を売っていれば、自然にお客さんが付いてくる。理解できない 一見(いちげん)のお客など、こっちからお断りだ」と傲慢に構えている。
 だから、古くからのなじみ客だけは保てるが、いつまでたってもこぢんまりとしているだけだ。

 これが今の野党の姿なのである。



 「妥協」という概念を正しく知ると、今の野党に何が欠けているかが、はっきりとわかる。

posted by 管理人 at 12:53| Comment(1) | 一般(雑学)6 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>双方が譲り合うことで、合意に達するので、双方が一つにまとまる。

政治の世界に限らず、仕事でも同じですね。

仕事の質ばかりに拘り、自分のやり方に固執するあまり、部下の仕事の進め方や成果物を否定し、部下のモチベーションや満足感を引き下げて組織の雰囲気を悪くする幹部がいますよね。
(ウチの職場がまさにこれ(T . T) 幹部が意固地なため、仕事が前に進みません)

愚痴ばかりですみません。
Posted by 反財務省 at 2021年09月12日 13:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ