2021年09月10日

◆ 雨戸と庇(ひさし)

 省エネのためは、家の断熱性を高めるといいと言われる。そのために、窓の小さな家が推奨される。だが、雨戸の方がいい。
 
 ――
 
 省エネのためは、家の断熱性を高めるといいと言われる。(これには異論がない。)
 省エネのためには、窓の小さな家が推奨される。ググってもわかるが、省エネという目的のために、小さな窓が推奨されることが多いし、実際、近年は窓の小さな家が多い。
 だが、省エネのためであれば、窓を小さくするよりも、雨戸を備える方がいい。特に、断熱雨戸だ。(雨戸に断熱材を張り込んであるもの。)

 断熱雨戸を使うとして、その使い方が問題だ。こうするといい。
  ・ 冬には、日中に雨戸を開く。 (陽光を取り入れるため)
  ・ 夏には、日中に雨戸を閉める。(陽光を取り入れないため)


 特に、後者が重要だ。私は長年、夏にも雨戸を開けて、窓も開けて、風通しを良くしていた。しかしそれだと、室内温度が上がる。そこで、日中には断熱雨戸をほぼ完全に閉めておくことにした。(ごくわずかな通気口だけをあけておく。)
 こうすると、ほぼ完全に遮光されるので、陽光が入らなくなった。おかげで、室温の上昇を防ぐことができた。この2年間、断熱雨戸を閉じることで、夏の室温をかなり下げることができた。すごく暑くなるということはなくなった。
 なぜなら、断熱雨戸は、断熱材の役割も果たしたので、夜間の涼しさをいつまでも保つことができたからだ。また、遮光することで、「小さな窓がある」どころか「窓がまったくない」という状況にすることができたので、この意味でも(遮光のおかげで)室温上昇を招かなくなった。
 
 というわけで、「家の断熱性を高めるには、断熱雨戸が最適だ」と言っておこう。
 近年は、「窓の小さな家」が多いが、それよりももっといいのだ。(特に冬は日光が入って暖かくなる。)
 逆に、駄目なのは、「雨戸のない家」だ。近年は、カーテンだけがあって雨戸のない家が多いが、雨戸がある方がずっといいのだ。雨戸があれば、台風の風雨を防ぐこともできるので、一石二鳥だ。
 家を建てるなら、雨戸のある家を建てましょう。雨戸のない家を建てたとしても、遅くはない。断熱雨戸は、いつでも後付けできるので、あとから設置しましょう。
  → 断熱雨戸の効果とは?雨戸をリフォームして快適に過ごそう!|生活110番
 
 なお、シャッタータイプもあるが、これは操作が便利であるかわり、断熱性は低そうだ。
 折り戸タイプは、便利さと断熱性をともに備えているようだが、サイズが窓サイズであって、高さは不足しているようだ。
 引き戸タイプは、戸袋があって格好悪いと思われているようだが、性能的には一番だと思う。うるさいけどね。
 
 ――
 
 さて。ついでに(ひさし)との関連も示しておこう。
 室内に日光が差し込むのを防ぐのには、庇を大きくするのが有効だ。これだと、夏には日光が差し込まず、冬には日光が差し込む。
 ただし、それは原則であって、9月にはうまく行かなくなる。とても大きな庇があったとしても、8月半ばごろには日光が少し差し込むようになる。(南側の全面が開口部になっている場合。床からすでに開口部がある場合。一方、窓の場合には、床の近くはまだ壁になっているので、日光は差し込まない。下図)


window_amado_woman.jpg


 8月下旬や9月上旬には、日が強い上に、太陽が傾いているせいで日光が室内にかなり差し込む。こうなると、「庇で日光を防ぐ」という効果は不足する。結果的に、(8月下旬や9月上旬には)足元付近に差し込んだ日光のせいで、室温がかなり上昇する。(南側の全面が開口部になっている場合。)
 この問題を防ぐためには、「窓を大きくしない」ということが推奨される。だから近年は、南側の全面をガラス戸にはしない家が増えている。だが、それだと、冬には日光不足になる。
 

tobukuro.jpg


 この問題も、断熱雨戸で解決できる。それも、南側の全面が開口部になっている雨戸だ。(上図)
 8月下旬や9月上旬の暑い日には、断熱雨戸を閉め切ってしまえばいいのだ。そうすれば、雨戸の表面は日光を受けて熱くなるが、その熱さは裏側には伝わらないので、室内は暑くならない。……ここでは、遮光によって熱さを防ぐのではなく、断熱性によって暑さを防ぐ。だから、断熱性が大事だ。(分厚さのある雨戸であることが必要だ。シャッタータイプでは弱いので注意。)
 8月下旬や9月上旬でも、涼しい日には、雨戸を開けきることができる。こうすれば、曇った日には、外の光を取り入れるので、室内では照明をつけなくても済む。
 
 ――
 
 というわけで、あらゆる状況に応じて、可変的に対応して、最適の状態を選ぶことができる。だから、断熱雨戸は最強なのだ。
 逆に、駄目なのは、「小さな窓で、雨戸なし」という家だ。最近は、こういう家が増えているが、それは省エネという点では、よろしくないのである。「省エネのために小さな窓の家」というのを選ぶことで、かえって省エネの点では悪化してしまっているのだ。(雨戸なしでカーテンだけにするせいで。)
 


 [ 付記 ]
 断熱雨戸を選ぶときは、色に注意。黒っぽいものではなく、白っぽいものを選ぶといい。なぜなら黒っぽいものは、日光を吸収して、熱くなるからだ。夏にはそれが困る。
 その点、白っぽいものにすれば、日光を反射するので、熱くなりにくい。断熱性が高まる。
 ※ 黒い断熱雨戸なんて、ほとんど言葉が自己矛盾している。メーカーは反省しろ。たとえば、LIXIL がそうだ。
   → LIXIL 断熱アルミ窓 雨戸付引違い窓



 【 関連項目 】
 前にもちょと似たことを記した。転載しよう。
>  直射日光が当たる窓

庇(ひさし)はないの? 夏には窓には直射日光が当たらないのが原則。さもないと窓から直射日光が入って、室内が暑くなる。最近、庇のない家が増えているようだが、庇は原則、1メートルぐらいは必要です。庇を付けましょう。

ちょっと調べた。「庇 ない家」でググった。
最近はコスト面とデザイン面から、庇のない家が増えている。しかし日射しと雨よけの点から、庇のない家は不便だと、後悔されることが多い。

メーカーの話では、「あってもなくてもどちらでもご自由に」とのこと。ただし庇なしだと価格が下がるので、標準では庇なしで販売しているようだ。庇はオプション扱い。で、たいていの人は庇なしで購入して、あとで「騙された」というふうに後悔する。

まあ、「屋根のない家は安価ですよ」と言われて屋根なしの家にしたら、雨の日に困った、というのと同じレベル。メーカーに文句を言うと、「屋根は別料金で承ります。屋根をオプションで購入できます。購入しなかったお客様の自己責任です」
 これじゃ、詐欺だね。

   ̄ ̄
 だまされた人の体験例もある。
  → http://www.geocities.co.jp/SweetHome/6984/4matori.htm
( → エアコンの湿度を下げる: Open ブログ




 【 関連サイト 】
 話は違うが、「どうせカーテンを付けるのならば、防犯のために、透けて見えることのないカーテンにするべきだ。特に女性は」という話もある。
  → 【注意喚起】遮光カーテンじゃない部屋は外から「女の子一人暮らしだな..」と分かるかも。防犯のためにもカーテンは性能で選んでほしい話。 - Togetter
posted by 管理人 at 23:28| Comment(3) | エネルギー・環境2 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あんまり寒くない地域にでは、そうですね。
積雪寒冷地で戸袋式の雨戸なんかつけたら、凍結してひと冬でぶっ壊れますもん。
南北に長くて気候が多様な日本ですから、ちゃんとそれぞれの地域に合った造りを目指すべきでしょう。
ドイツを環境先進地なんて持て囃して何でも真似すれば良いわけじゃありませんよね。

カーテンにも、遮熱遮光タイプがあります。値段は高くなりますが。
Posted by けろ at 2021年09月11日 12:38
 雪国ではどうしているのかと思ったら、ガラス窓をそのまま(外気に)さらしているのではなく、十手金具という金具で、横板を留めて、カバーにしているそうだ。下図。
  → https://yamorigumi.jp/works/detail/345.php

 雪国以外の人には、想像も付かなかった話。
Posted by 管理人 at 2021年09月11日 15:29
メーカーは反省しろと言いますが、汚れが目立たないとか人気があるから売るだけでは?
そのリンク先にも明るい色のバリエーションがありますしね。
メーカーは明るい色を用意した上で売れる黒を優先してるだけでしょう
Posted by ファミマ at 2021年09月12日 09:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ