2021年09月06日

◆ パラのオブジェを廃棄するな

3agitos.png パラリンピックのオブジェが廃棄されるが、もったいないので、廃棄をやめるべきだ。
 
 ――
 
 パラリンピックのオブジェが廃棄される。
 東京パラリンピックの閉幕から一夜明けた6日、東京都港区のお台場海浜公園では、海上に設置されたパラリンピックのシンボルマーク「スリー・アギトス」のオブジェが撤去された。
 オブジェは縦17.5メートル、横23.4メートル、厚さ2メートルの鋼鉄製で、今後は解体され、資源として再利用される予定という。
( → (TOKYO2020+1)挑んだ証し、シンボル去る:朝日新聞

 廃棄するというが、わざわざ多額の費用をかけて、ただの鉄くずにしてしまうそうだ。
 これではもったいない。どうせなら、そのままお台場に保存するべきだ。それならお台場で観光資源になる。人を引き寄せるかちのあるものとなる。また、多額の廃棄費用を支出しないで済む。
 
 五輪組織委は、弁当や備品もやたらと廃棄したが、何でもかんでも廃棄しすぎる。ちゃんとした宝のようなものを、廃棄する必要はないのだ。
 




 お台場には、巨大ガンダムもあるが、これだって観光資源となって、人を引きつける。
 


 
 
 だったら、パラリンピックのオブジェも、ガンダムといっしょに並べて、観光資源にするべきだろう。
 
 別に、場所が足りないわけではない。このあたりは埋め立て地なので、人口密度は閑散としている。ストリートビューを見ても、人の姿は、ポツンポツンとあるだけだ。繁華街とはまったく違う。巨大ガンダムのそばだけには人がいるが。
 こういうふうに閑散としているお台場なのだから、観光資源としてオブジェを設置しておけば、役に立つ。おまけに、廃棄費用も浮く。
 


 【 関連サイト 】

 以前の廃棄の例。
  → 《現場写真入手》五輪組織委の医療物資廃棄 スタッフの告発「譲渡を提案したのに…」 | 文春オンライン

posted by 管理人 at 23:41| Comment(0) |  東京五輪・豊洲 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ