2021年09月03日

◆ 芸能界のコロナ感染

 芸能界では、感染者が多い。これはどうしてかというと、感染対策がろくに取られていないからだ。

 ――

 上の話には、疑問を感じる人も多そうだ。というのは、テレビドラマの冒頭で、「感染対策をしています」という表示が出ることがあるからだ。次のように。


tv-capt2108.jpg
出典:警視庁ゼロ係

 
 しかし、これは建前であって、現実には感染対策はまともになされていない。
  → 感染予防は現場任せ「TVドラマ」のずさんな実情 | 東洋経済オンライン

 たとえば、こんな感じ。↓(リハーサルではマスクをしているが、本番ではマスクなしだとわかる。)





 下記記事もある。ここでは、キムタクだけがマスクをしていて、他の役者はマスクをしていないことがわかる。(画像は記事の最後)
  → キムタク「マスク自撮り」の徹底ぶり インスタ写真の「配慮」に絶賛相次ぐ: J-CAST

 テレビ撮影の現場はこういう状況だから、感染者が続出する。(前項の)永野芽郁と綾瀬はるか だけではないのだ。
  → 朝日放送のドラマ収録でコロナ大量感染 テレビ局が最も恐れていた事態だ
  → 田中圭には猛批判が!芸能界コロナ「第5波」感染爆発で炎上する人・しない人

 ――

 困ったことだ。そこで、困ったときの Openブログ。文句を言っているだけではなく、私としても、対策を示そう。こうだ。
 「リハーサルのときには、マスクをする。本番では、声を出さないで、口だけ動かす。そのあとは、アフレコで声を入れる」(アニメの声優と同様だ)

 これで何とかなるだろう。口の動きと声とが、わずかにタイミングがズレることもありそうだが、その場合は、音声のトリミングをして、時間をずらせばいい。それで解決できるはずだ。
 コストは若干、上昇するが、そのくらいならば、何とかなるだろう。
 


 【 関連項目 】

 永野芽郁と綾瀬はるか が感染した話は、前項で。
  → 年齢別のワクチン接種率: Open ブログ

 年齢による症状の差がわかる。永野芽郁は圧倒的に若い。

posted by 管理人 at 23:50| Comment(0) |  感染症・コロナ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ