2021年08月26日

◆ デジタル庁トップはIT素人

 デジタル庁事務方トップに石倉洋子・一橋大名誉教授を起用するそうだが、この人はITには素人だ。

 ──

 報道は下記。
  → デジタル監に石倉洋子・一橋大名誉教授: 日本経済新聞
  → 【独自】デジタル庁事務方トップに石倉洋子・一橋大名誉教授起用へ(TBS系(JNN))

 経営学の名誉教授だということだが、肝心のIT の知識はどうなのか? ……そう思って、調べてみたら、次のページが見つかった。本人のブログ記事。
 論文のドラフトなどは、量が多く、ラップトップでは小さくて読みにくいため、大体iPADに送って読みます。

 本もいただいていたものを3冊ほど持ってきた以外は、kindleで読んでいます。問題はアカウントが英語?なので、洋書しか読めないらしいということです。(この間、日本で出ているKindle本を読もうと、インターネットの専門家に相談したら、できないかもしれない、と言われたので、そのままにしているのです。。。)  まあでもよいか、という感じで、買ったけど途中までしか読んでいない洋書を読んでいます。

( → 書籍、修士論文など。。。 ? 石倉洋子の公式ウェブサイト

 ここにはいろいろとおかしい点がある。

 (1) 「ラップトップでは小さくて読みにくい」というが、ラップトップという前時代的な言葉を使うのが古すぎる。また、その画面が小さいと言うが、iPad よりも小さいとなると、10インチ以下か? そんな小さなノートパソコンしかもっていないのだろうか? 

 (2) iPAD というふうに書くのは、子供ならば仕方ないが、文系の教授としては情けない。iPad と書くべし。正書法も知らないのでは、馬鹿かと思われるよ。こんなのがITを教えるというのは、笑止千万だ。

 (3) 「iPADに送って読みます」って、いちいちファイルを送って使うという手間をかけているわけだ。ということは、ファイル共有の仕方も知らないんだな。Dropbox も使えないんだろう。知識不足。

 (4) Kindle について「アカウントが英語?なので、洋書しか読めないらしい」って、馬鹿丸出しですね。「「アカウントが英語」じゃなくて、「アカウントが米国 Amazon である」(日本 Amazon ではない)ということだ。日本 Amazon の本を読みたければ、日本 Amazon と契約して、日本 Amazon に金を払って購入する必要がある。米国 Amazon と契約しているだけでは、日本 Amazon の本を読めないのは、当り前だろ。(購入してもいないのに、読めるわけがない。)
 ただし、機械が米国版 Kindle しかないとしても、日本 Amazon の本を購入して読む方法はある。それは iPad 経由で読むことだ。 iPad で(日本版の) Kindle アプリをインストールすれば、米国在住でも、日本 Amazon の本を購入して読むことができる。
 こんな簡単なこともわからないのだから、IT の知識は素人レベルだとわかる。
 のみならず、そばにいる「インターネットの専門家」というのも、無知であるようだ。自分も知人も、無知な人だらけ。若い研究者とのつながりもないようだ。……時代錯誤な化石的な人物だと言える。
 こんなのをデジタル庁の事務方トップに据えようというのだから、呆れて、ヘソで茶を沸かすしかないね。

 ──

 ただし、仕方ないのかも。どうせ、就任しても、すぐにクビになるからだ。
  ・ 九月下旬の自民党総裁選で菅首相が負ければ、首相が交代。
  ・ 十月下旬の衆院解散で、その後に自民が負ければ、首相が交代。自民と公明の合計で勝ったとしても、自民が惨敗すれば、首相が交代。

 いずれにしても、内閣改造にともなって、デジタル庁の事務方トップも交替だろう。就任したとしても、すぐに交替となる運命だ。
 だったら、ただのお飾りみたいなものだから、誰がなっても、同じことなのかもね。風前の灯火みたいな余命しかなわけだ。



 [ 付記 ]
 これに比べると、小池都知事は、はるかにマシだった。民間におけるデジタル能力という点ではトップに当たる人物(宮坂学 )を、東京都参与という好待遇で迎えて、さらには副知事に昇格させた。
  → 宮坂学 - Wikipedia



 [ 余談 ]
 東日本大震災の直後に、孫正義が Yahoo 内に「地震対策プロジェクトチーム」を作って、そこでは若手のチームリーダーが大活躍した……という出来事があったはずで、そのときのチームリーダーが宮坂学だったような気がするのだが、うろ覚えだ。ネットで情報を探っても、見つけることができない。本人の書いた後日談があったはずなのだが。
 ご存じの読者がいたら、コメント欄でご教示ください。

 《 加筆 》
 自力で見つけた。下記ページだ。
  → https://note.com/mmiya/n/n746eb2e36f81

 ※ さらにコメント欄で、次のページを教えてもらった。
  → https://toyokeizai.net/articles/-/11729

 私の記憶(うろ覚え)は、上記の二つのページの内容がごちゃ混ぜになっていたようだ。正確には、上記の二つのページの通り。
 
posted by 管理人 at 23:22| Comment(6) | コンピュータ_04 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 最後に リンクを加筆しました。(探していたページが見つかったので。)
Posted by 管理人 at 2021年08月27日 09:17
1985年7月 ハーバード・ビジネス・スクール経営学博士は慶応や早稲田じゃ卒業は難しい
学歴主義者じゃないが、でも大昔過ぎるか
Posted by 民間官僚 at 2021年08月27日 15:52
[余談]に書いてある内容の記事はこれじゃないですか。
https://toyokeizai.net/articles/-/11729
Posted by きたきた at 2021年08月27日 23:05
 情報提供、ありがとうございました。
 私の掲げたリンクだけだと、話の半分しか記してなくて、話の半分が抜けている感じだった(震災の話が抜けていた)ので、欠落していた半分を補うことができました。

 本項の最後に、記述を付け足しました。
Posted by 管理人 at 2021年08月27日 23:26
どうでもいい話かもしれませんが、laptop は英語圏の IT 関連アセットではふつうに使います。むしろ note PC みたいな表現は皆無です。
Posted by alkalifearts at 2021年08月28日 10:21
 ニュース。

 → 商用画像を無断転載の嵐、「デジタル庁」事務方トップの石倉洋子さん公式サイト
   https://buzzap.jp/news/20210903-digital-yokoishikura-official-hp-photo-unauthorized-reproduction/

 ――

 私も調べてみたが、次のページは無料イラストがある。
  → https://yokoishikura.com/?p=36393

 出典
  → http://kids.wanpug.com/illust143.html

 もともと高解像度の画像が用意されていて、無償提供されているのに、サンプル用の小さな画像を3×3 倍に拡大した上で、高圧縮の JPEG をかけているので、モアレみたいな歪みが出ている。汚い画像。
 目が悪くて、よく見えないんだろうか。

 ――

 上のページでは、日経の記事を無断転載している。批評目的の引用ではないので、著作権的には完全にアウトだ。

 ※ 本サイト( Openブログ)では、批評目的に最小限の転載はあるが、これはセーフ。
Posted by 管理人 at 2021年09月03日 09:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ