2021年08月11日

◆ テーブルとは? 机と表

 テーブルという言葉が意味するのは、机と、表とがある。どうしてか?

 ──

 日常生活では、テーブルと言えば、食卓のような家具を意味するのが普通だ。
 一方、コンピュータ用語では、テーブルと言えば、(行と列のある)表のことだ。( table タグ を使う。)
 この両者は、まったく別々のものだが、どうして同じ言葉を使うのか? 

 ──

 この問題には、前項のことから類推が付く。こうだ。
 「テーブルとは、もともとは平板のことだろう。それが家具に使われると、(平板状の木を使うので)机や食卓の意味となる。また、それが表に使われると、(表が二次元の平板状に見えるので)表の意味となる」

 要するに、「テーブル = 平板」なのであって、その言葉が、家具の分野や表の分野で、平板状のものを意味するために使われるわけだ。

 ──

 上の類推を得たあとで、ネットでググれば、裏付けとなる情報はすぐに得られる。
 テーブルの語源は、フランス語の "table" および古英語の "tablee" の両方であり、ラテン語で板を意味する「タブラ (tabula)」の派生である。
( → テーブル (家具) - Wikipedia

 語源はラテン語にあり、その語は tabula である。これが板ないし平板の意味をもつわけだ。

 もっと直接的な解説もある。
 英語の table の語源は、ラテン語の tabula ですが、これは「平たい板」という意味です。 これを水平に置けば、卓になります。 立てると、板になるわけで、英語の table には、銘文などを刻んだ「石板」の意味もあります。 「一覧表・表」は、このような立てられた「板」に書かれたことから、table とよばれました。 それが「表」自体を表すことになり、紙に書いて平らに置かれても、やはり table と呼ばれるようになりました。 尚、ラテン語の tabula に由来する英語には、tablet があり、これも「石板・記念碑」を意味します。 パソコンのタブレットがこれです。

 ※ 出典は知恵袋だが、すでにページは削除されている。
    → キャッシュ

 なお、table と tablet の違いは、前項に記したとおり。let は語尾で、「小さな〜」の意味。tablet は「小さな table 」の意味になる。

posted by 管理人 at 22:29| Comment(0) | コンピュータ_04 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ