2021年08月03日

◆ 盛り土の正体は産廃

 熱海の土石流で話題になった盛り土は、実は産廃であったそうだ。新たに証言(告白)が得られた。

 ──

 毎日新聞の報道。
 「盛り土という表現はよくない。産廃捨て場だ」。起点周辺の土地を以前所有し、盛り土を造成したとされる神奈川県小田原市の不動産管理会社(清算)の元幹部が取材に語った。
 元幹部によると2009年ごろ、この土地には熱海市内にあった社員寮の解体で出たコンクリートがらやプラスチック片、ガラス片が大量に持ち込まれた。「建設残土の受け入れを商売にしていた」「乗用車を数台埋めた」などと聞いたこともある。社長がパワーショベルを運転して作業に当たるのを目にした。
( → 熱海土石流 盛り土、実体は産廃 安全対策なく基準も守られず | 毎日新聞

 「盛り土を造成したとされる神奈川県小田原市の不動産管理会社」というのは、「新幹線ビルディング」という名前の会社だ。これは、記事によれば、すでに清算されてしまったそうだ。(事件の賠償金を免れるためだろう。)

 で、その会社の元幹部が「あの盛り土は産廃だった」と証言しているわけだ。これで疑惑は確定したと言えるだろう。

 ──

 「盛り土の正体は産廃だ」というのは、実は、本サイトでは前にも指摘していた。
  → 土石流の正体は産廃: Open ブログ

 盛り土が崩れて土石流となったあと、どの土石流の残土を調べて、中には産廃のゴミがいっぱい含まれていることを確認した。
 7月3日の熱海土石流(泥流)に含まれる物質を観察すると、安山岩質の岩や土砂は含まれず、全く別の種類の石やタイルの破片、コンクリ片等から成ります。

 この証言を引いて、「土石流(盛り土)の正体は産廃だ」と、本サイトでは前から指摘していたわけだ。

 そしてそれが、本日の毎日新聞の記事で、「犯人の自白」という形で裏付けられたわけだ。

 ※ 新たに検索してみたところ、本サイト以外でも、「土石流の正体は産廃だ」と指摘するマスコミはあった。(当時)





 ────────────

 さて。それとは別に、朝日新聞の記事にはこうある。
 県は、盛り土が条例に基づく基準の3倍を超える危険な高さになっていたとみて、経緯を調べている。
 朝日新聞が入手した11年前の現場写真にも、基準超過をうかがわせる様子が写っていた。
 ハイキング中の男性が、現場を車で通りかかったのは2010年7月8日。黄土色の山肌とは異なる黒い土砂を、重機が階段状に造成中で、土にはゴミのようなものも混ざって見えたという。その異様さに車を止め、幾度もシャッターを切った、と男性は証言した。
 盛り土の造成のルールは現状、都道府県ごとにまちまちだ。静岡県では「届け出制」だが、隣の神奈川県ではより厳格な「許可制」で、関連の条例違反への罰則も神奈川のほうが厳しい。
( → 熱海の盛り土、「人災」解明は 基準の3倍超、造成時から放置か:朝日新聞

 もともと違法行為を覚悟で、大量の盛り土を造成していたことになる。よくある「悪徳産廃業者」の典型だろう。
 そして、これを規制するのは、現状では自治体に任されているのだが、その自治体が疎かだと(規制を手抜きしていると)、その自治体に悪徳産廃業者が押し寄せて、ゴミをどんどん捨てるわけだ。

 こういうのは、サボる自治体が悪いとも言えるが、自治体任せにして、何ら規制をしない政府こそ、最大の罪があると言えるだろう。
 金儲けしか考えない自民党政治の下では、悪徳土建業者が跋扈(ばっこ)して、そのせいで、自然破壊や不法投棄が はびこるのである。

 コロナで日本が惨憺たるありさまになるのも、熱海が土石流に襲われるのも、みんな自民党政治のせいなのだ。むべなるかな、というところか。
 

posted by 管理人 at 23:12| Comment(0) |  地震・自然災害 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ