2021年07月31日

◆ 高齢者のワクチン未接種

 政府は 65歳以上の高齢者にワクチンを接種するのを7月末までに完了すると表明したが、未達成に終わった。

 ──

 (1) 7月末までに完了と表明
 政府は 65歳以上の高齢者にワクチンを接種するのを7月末までに完了すると表明した。
 菅義偉首相は23日夜、首相官邸で記者会見し、65歳以上の高齢者への新型コロナウイルスワクチン接種について、2回の接種を7月末までに終えると表明した。
( → 新型コロナ: 首相、高齢者ワクチン接種「7月末までに」: 日本経済新聞 2021年4月23日

 65歳以上の高齢者向け新型コロナウイルスワクチン接種に関し、100%の自治体で7月末までに完了する見込みとなったことが16日分かった。武田良太総務相が同日、菅義偉首相に報告した。
( → 新型コロナ: 自治体の高齢者接種 「7月末完了」100%に: 日本経済新聞 2021年6月16日

 菅義偉首相は、希望する高齢者に7月末までに接種を完了する目標を掲げるが、いまのペースで達成できるかは不透明だ。
( → 高齢者ワクチン、「7月完了」は不透明 定義もあいまい:朝日新聞 2021年6月29日

 (2) 現状の数
 上記の公約(?)に反し、現実には未接種者が多数になることが判明した。本日7月31日の時点で、すでに判明していることだ。ただ、その数字が新聞に掲載されるのは8月2日の朝刊記事となる。本項を書いている時点では、2日前のデータしかないので、それを掲げる。 
■ワクチン接種 (29日、医療従事者は略。総接種数は年齢不明含む)
   
          1回目         2回目
 総接種数  4234万1441(33.3%) 2941万4470(23.1%)
 高齢者   3041万5815(85.7%) 2594万0633(73.1%)

( → 感染1万743人、最多 新型コロナ:朝日新聞

 1回目に限っても 86%程度。2回目の完了までやったのは74% 程度。その残りは、未接種である。それほどにも大量の高齢者が、未接種のまま、残されているのである。

 にもかかわらず、政府は最近、「若者への接種」を推進しようとしている。やることが逆だろう。高齢者の未接種者を、何とかするべきだ。
 自分が公約(?)したことも守らないで、次から次へと新たなことを吹聴するのは、困ったものだ。しかも、それがホラだと言うことも、見透かされている。
  → 「若者も接種を」言われても ワクチンないのに/予約とれない:朝日新聞

 ワクチンの供給ができていない状況で、「若者にも接種を」なんて唱えても、国民からは見透かされてしまうのだ。

 (3) 高齢者の取り残し
 ワクチンが未接種の高齢者とは、どういう人々か? 
 自力で動けるような高齢者は、東京都の大規模接種会場に行くことができた(そこでは応募の席が余っていた)ので、特に問題はない。
 問題は、自力では動けない高齢者だ。特に、自宅で介護されていたり、介護施設にいる高齢者だ。彼らがワクチン接種の対象から、ハズレてしまっている。
 朝日新聞の記事でも、事例が報道されている。
 自力での外出が難しい人たちへの接種を進めるため、お年寄りの自宅や施設を医療従事者が回る「巡回接種」。自宅で接種を受けたある「老老介護」の家族は、「病院に連れて行けないので打てないと思っていたが、本当に助かった」と安堵(あんど)していた。送迎バスやタクシー代の補助などで外出を支援している自治体もある。
 ただ、まだ「取り残されている」と感じている人たちも少なくない。
 名古屋市内の認知症グループホームでは、市から6月上旬にも紹介すると言われていた医師の手配がつかず、ワクチンを打てていない。運営法人の理事は「あまりにも遅い」と憤った。
 岐阜県内の障害者施設では、嘱託医が接種に対応しておらず、代わりに打ってくれる医師も見つけられずにいた。市外の医療機関から嘱託医に来てもらっている高齢者施設で、「自治体に割り当てられたワクチンを外に持ち出せないので、別の医師を探してほしい」と言われた例もあった。
 5月以降、自治体による大規模接種や、企業や大学の職域接種など、64歳未満で基礎疾患がない人がワクチンを打っているニュースが大きく報じられた。「優先接種」の対象でありながらワクチンが届かない自らの境遇に、疎外感を覚えている当事者もいた。
( → (取材考記)ワクチン、まだ届かぬ高齢者・障害者施設も 自力接種できぬ人、取り残さないで 松山紫乃:朝日新聞

 取り残された人々は、各地にたくさんいるのだ。若者に目を向ける前に、まずはこれらの高齢者に目を向けるべきだろう。

posted by 管理人 at 23:59| Comment(0) |  感染症・コロナ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ