2021年07月21日

◆ コロナで医療崩壊か

 コロナの感染者数が増えているので、状況は悪化すると予想されている。さらには医療崩壊を私は予想する。

 ――

 世間では単に「状況は悪化する」と予想しているだけだが、私はさらに踏み込んで、「医療崩壊が起こりそうだ」と予想する。
 以下、さまざまな論点を列挙していこう。

 (1) 尾身会長の発言

 最近のコロナについての情報をいろいろと受けて、「近いうちに危機的な状況になるだろう」と指摘しようと思った。だが、書くのを1日遅らせているうちに、尾身会長が同趣旨の発言をするに至った。
 尾身茂会長は20日、日本テレビの報道番組で、東京都の1日の新規感染者数について、8月第1週には過去最多の3千人近くまで増加するとの見通しを示した。それに伴い、医療逼迫(ひっぱく)が起きる可能性も「極めて高い」とした。
 尾身氏は番組内で、「2週間後には(新規感染者数が)2倍になって、(年末年始の)第3波のピークを超えていく可能性が出てきた」と述べた。この日の新規感染者数が 1387人だったことから、司会者が「8月の第1週には3千人に近い数字になるのか」と質問すると、尾身氏は「そういうことだ」と応じた。
( → 東京の感染「2週間後、過去最多に」 尾身会長が見通し 新型コロナ:朝日新聞 2021-07-21

 これは8月の第1週の数値だが、その先はどうなのかについては、何も語っていない。もっと悪くなるのか? それとも良くなるのか? 


 (2) はてなの予想

 はてな匿名ダイアリー(増田)で、毎週のように予想が掲載されていたが、最新版 (7月19日版)では、予想が大幅に上方修正された。
 それまでは、感染者数(週間値)を、最大でも 1.3万人程度と見なしていたのだが、前週には 9904 に下方修正したあとで、最新版では 19745 へと倍増になった。大幅な上方修正である。(いずれも8月第2週の値)
  → 東京の感染者数を5週間ふ゛ん予測した (7月19日版)

 週間値でなく1日値ではどうか? 特に、8月の第2週には 3701、第3週には 3473 という数字になっている。(最大値が)


c-yosou1.gif


 つまり、8月第1週については、尾身会長も、はてな記事も、同じような数値を出していたのだが、8月第2週以後については、尾身会長が何も語っていないのに対して、はてな記事は大幅な増加を見ている。


 (3) 現実との照合

 予想と現実とは、一致しているか? 照合してみよう。
 特にこの二日間では、こうなる。(東京都・感染者数)

       20日   21日
   予想値 1253   1821
   発表値 1387   1832 


 ほぼ一致していると言える。ただし現実は、予想値をわずかに上回っている。
 となると、(2) の予想値は十分に現実味を帯びてくる。


 (4) ベッド数

 問題は、ベッド数だ。医療逼迫や医療崩壊は起こらないだろうか? 
 この点は、NHK にデータがある。
   → 病床使用率 全都道府県グラフ|NHK


byoshoritu0721.gif


 上半分は全患者で、下半分は重症者だ。それぞれ、専用病床の利用率を見ている。(コロナで)
 最近の値(最上部)を見ると、全患者では 28%で、まだ余裕がありそうだが、重症者では 39% で、余裕が少なくなっている。

 なお、このときの日付は 7月7日だ。そのときの感染者数は 900程度だ。
 それに比べて、約4倍の値が、8月の第2週、第3週には予想されている。となると、重症者の病床使用率は 39%の 4倍に当たる 160% 程度になると予想される。
 これはつまり、使えるベッド数に比べて、1.6倍の患者が押し寄せる、ということだ。
 換言すれば、重症者の使えるベッド数は、患者 160人に対して ベッド数が 100しかないということだ。
 どっちにしても、大幅にベッド不足となる。つまり、医療崩壊だ。

 データからは、以上のように予想される。


 (5) 対策

 では、どうすればいいか? 何か対策のしようはあるか? 
 アイデアとして思い浮かぶのは、次のことだ。
 「東京の病床使用率は高いが、周辺の県では低めなので、患者を東京から、周辺の県へ移送する」

 これは、理屈の上では、何とかなりそうに思えるが、現実には厳しい。なぜなら、周辺の県では、ベッド数がもともと少ないからだ。

  東京  1207
  神奈川  199
  千葉   101
  埼玉   165


 これが、重症者用の病床数だ。( → 病床使用率 |NHK )

 東京都の数が圧倒的に多いとわかる。 1207 の 6割は 724。これが東京都であぶれる重症者数だ。その数は、神奈川・千葉・埼玉の総数を大幅に上回る。つまり、「患者を東京から、周辺の県へ移送する」という案は、実現不可能なのだ。(定員の 6割があぶれる状況では。)


 (6) 楽観

 もちろん、感染を縮小するための方法はある。「五輪中止」だ。
 このあと、ロックダウンに近い状況に持ち込めば、上記のような大幅な感染拡大は抑止できるだろう。それが正解だ。

 しかし現実には、そうならない。菅首相が(愚かしくも)先行きを楽観しているからだ。この件は、朝日新聞が詳しく報道している。
  → 首相「これから良くなる」 五輪ありきの楽観予測総崩れ :朝日新聞

 これまでも「大丈夫さ」と楽観したあとで、「感染者数がどんどん増加する」ということが何度も繰り返された。そういう失敗を繰り返したあとで、今もまた、先行きを楽観しているそうだ。
 23日の五輪開会式は、感染状況が悪化するさなかに開かれるとの予測は、いまや政府内の共通認識だ。その後、東京や各地の状況はどうなるのか。首相や側近たちから聞こえるのは、これまでと変わらぬこんな楽観シナリオだ。「8月22日の宣言の期限までには、ワクチン接種が進む。感染拡大も抑えられる。五輪もやれば盛り上がる。世論の支持も上がるだろう」

 開会式までは悪化するが、それ以後は(ワクチン接種のおかげで)感染拡大は抑えられる。五輪も大成功……という予想だ。

 あまりにも「おめでたい」としか言いようがない。



 愚か者というのは、目の前に差し迫った危険を、見ても理解できないのである。自分が目で見たものを、頭では理解できないのだ。





sick_panic_man.gif


 (7) 批判(続報)

 本項を書いたあとで、次の報道が出た。
 《 ワクチン接種巡る首相の楽観論は「誤り」 専門家が懸念 》
 菅義偉首相が繰り返す「高齢者に対するワクチン接種が進んで重症者が減ってきている」というアピールに対して、感染症の専門家たちから懸念の声が上がっている。「楽観的過ぎる」との危機感で、政府の新型コロナ分科会の尾身茂会長は21日、記者団に「入院調整で困っている人も増えている。自宅で(療養して)いる人も増えている」と強調した。
 舘田一博・東邦大教授は、……「ワクチンを打っているから、重症例が出てこないから大丈夫というのは、ものすごく大きな誤り」と述べた。「楽観論では抜けられない状況になりつつある。今週末から来週にかけて、本当にもう冗談ぬきでまずいですよ」と訴えた。
( → 朝日新聞



 (8) 重症病床の使用率 52% (続報)

 22日の朝日・朝刊の続報。
 東京都で、重症病床の使用率が20日時点で52%に達し、最も深刻な「ステージ4」(感染爆発段階、50%以上)となった。今後も感染者は増えるとみられており、五輪期間中に病床が逼迫(ひっぱく)する恐れも出てきた。
( → 重症病床、東京52%使用 五輪期間中に逼迫の恐れ:朝日新聞




 【 関連サイト 】

 選手村の部屋は、2〜8人の相部屋なので、1人でも感染者がいれば、全員が濃厚接触者となって、感染が急拡大しかねない。
  → “シェアハウス状態”の選手村 「感染者1人いれば感染が広がる」と専門家が懸念 〈AERA〉
 
posted by 管理人 at 22:49| Comment(9) |  感染症・コロナ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 (4) の図が抜け落ちていたので、入れておきました。

 ※ 図を挿入するのを忘れていました。

 ――

 (7) を追加しました。
Posted by 管理人 at 2021年07月22日 07:08
今朝のニュースで安倍が開会式欠席と出ています。安倍が怖くてオリンピックをやるのに、これじゃはしごを外されたようなものじゃないか?さっさと逮捕して、中止にしておけばよかったのに。最後ににえゆを飲まされるとは・・
Posted by SM at 2021年07月22日 09:31
>なお、このときの日付は 7月7日だ。そのときの>感染者数は 900程度だ。
> それに比べて、約4倍の値が、8月の第2週、>第3週には予想されている。
>となると、重症者の病床使用率は 39%の 4倍に当たる 160% 程度になると予想される。
> これはつまり、使えるベッド数に比べて、1.6倍の患者が押し寄せる、ということだ。
> 換言すれば、重症者の使えるベッド数は、患者 160人に対して ベッド数が 100しかないということだ。


下記の書き込みは改行がズレるので画像にしました
https://i.imgur.com/wTzkEFB.jpg



    感染者数 入院者数 重症者(NHK) 重症者(東京都)死者数(NHK)  重症者(65歳以上 東京都)

6/30   714 1514 385 47 3       30
7/7    920 1671 467 63 3       30
7/21 1832 *2466 *627 64 4       30
(7/21の入院患者は東京都発表、重症者はNHKの確保病棟数×朝日新聞52%から算出)

(東京都のデータ https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/iryo/kansen/corona_portal/info/monitoring.html
(東京都の重症者数が少ないのは人工呼吸、エクモ限定にしているため https://www.bousai.metro.tokyo.lg.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/011/435/7kai/202008207.pdf


6/30と7/21の比較・・・感染者数は2.6倍になったが、他の指標は1.0倍〜1.6倍
7/7と7/21の比較・・・感染者数は2倍になったが、他の指標は1.0倍〜1.5倍

以上のことから、感染者数が、8/11に1832人から2.6倍の4763人になったとしても
NHK基準の重症者数が627×1.6=1000人だから、病床使用率は83%です。

まだ医療崩壊は起きないと思います。
Posted by CCC at 2021年07月22日 14:13
 感染から重症化するには、1〜2週のタイムラグがあるので、感染が増えてもすぐには重症者の増加にはならないんですよね。

> 感染者数は2倍になったが、他の指標は1.0倍〜1.5倍

 これは、相関関係を示しているというより、タイムラグを示しているだけです。

 原理的に言えば、感染者数と重症者数とは、きれいに比例関係になるはずです。なぜなら、重症化の割合(重症化率)が変動することはないからです。

 タイムラグの分を除けば、きれいに正比例の関係にあると見なすべきです。
Posted by 管理人 at 2021年07月22日 15:29
デルタ型は「感染力は強い一方、味覚障害といった初期型の新型コロナに特徴的な症状は減っている」ということまでは間違いのないところだと思います。「重症化率が下がっている」とまでは言い切れませんが、「重症化率が変動化することはない」とも言い切れないと思います。
Posted by のび at 2021年07月27日 14:13
 長期的(数カ月間)にはいくらかは変動するでしょうが、短期的(2〜3週間程度)では大きく変動することはない、という意味です。
Posted by 管理人 at 2021年07月27日 14:40
 これは7月21日の記事。
 8月第2週ごろの「医療崩壊」を予想したが、現実ははるかにひどくて、昨日(30日)の時点ですでに医療崩壊が発生している。
  → https://twitter.com/doddododosukoi/status/1420717289830289413

 尾身会長の予想よりもひどいね。五輪効果で、上昇率が半端ない。
  https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/data/pref/tokyo.html

Posted by 管理人 at 2021年07月31日 09:02
楽観論が愚かであることには同意しますが、少し残念な記事ですね
・五輪が感染拡大の原因であることのエビデンスが無い
・ロックダウンや外出自粛が感染抑制に効果があることのエビデンスが無い
Posted by DDD at 2021年08月01日 11:01
> エビデンスが無い

 私はプロでもないのに、そんなエビデンスを求められても困ります。
 そういうエビデンスはプロに求めてください。それで金をもらっていて、生業にしているんだから。

 そもそも本項は論文じゃないんだから、エビデンスというものがお門違い。本項は研究発表したいわけじゃありません。ただの時評です。どちらかと言えば、エッセーに近い。
Posted by 管理人 at 2021年08月01日 11:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ