2021年07月19日

◆ モナリザの微笑

 モナリザの微笑の意味を、たいていの人は理解できていない。

 ――

 モナリザの原画は黄ばんでいる。そこで、これを補正した画像というのが、ネットに出回っている。先に紹介したものを、ふたたび紹介しよう。二つある。

 第1に、CG で補正した画像というのが、すでに知られている。


Mona_Lisa_CG.jpg
(出典:絵を見よう


 第2に、Britannica の画像がある。


Mona-Lisa-britannica.jpg


 一方、私の作成した補正画像もある。これは Wikipedia の黄ばんだ画像を色補正したものだ。


Mona_Lisa_04.jpg


 縮小前の画像は、次の3通りだ。(サイズは 横×縦 )
  → 中 : 603× 900
  → 大 :1207×1800
  → 特大:2469×3679 (Webp形式)

《 追加 》
  → 顔部分のアップ:1410×999 (Webp形式)
    ブログ用に加工して、ヒビ割れを大幅に除去した。

 ――

 私の補正画像を見ると、モナリザの微笑がはっきりとわかるはずだ。なぜなら、肌の微妙な階調が表現されているからだ。(特に口元のあたりで。)

 一方、最初の CG 画像では、あまりにものっぺりとした画像になっている。口元のあたりで、肌の微妙な階調は見出されない。微妙な階調はすっかり消失してしまっている。まるでマネキンのようにしか見えない。(人間らしさがない。)

 二番目の画像( Britannica の画像)は、どうか?  CG 画像に比べれば、はるかにマシである。口元のあたりで、肌の微妙な階調は見出されるようにも見える。
 しかし、私の示した補正画像に比べると、肌の微妙な階調がかなり消えてしまっていることがわかる。これはどうしてかというと、コントラストを強めたからだ。
 コントラストを強めると、ぱっと見た感じでは、鮮やかな感じがして、きれいな絵だという感じがする。しかしそのかわり、微妙な階調がかなり消えてしまっている。その絵だけを見ても、消えてしまったものはわからないが、私の示した画像と比べると、消えてしまったものがわかる。私の示した画像には、口元の豊かな階調がありありと残っているからだ。


Mona_Lisa_05up.jpg


 こうして豊かな階調で示された微笑こそ、レオナルド・ダ・ビンチが何よりも追求したものだった。他の絵画にも、似たものが見て取れる。
 また、この技法は、スフマートという名前で知られている。
スフマートとは?
レオナルド・ダ・ヴィンチが発明した技法で、簡単に言うと「ぼかし技法」のことです。

では実際にどうやってやるのでしょう?
それは描画用オイルで絵具を薄く解き、下の絵具が透けて見えるように薄く塗る(かける)のです。
それを何層も何層も乾かしてはかけ、乾かしてはかけすると、独特のつやと深みが生まれます。
そうして色と色の境目が見えなくなり、柔らかで自然なグラデーションが出来るのです。
オイルは乾くのに時間がかかりますから、レオナルドが制作に時間がかかった理由の一つがこのスフマートをやっていたからなのです。
( → 【レオナルド・ダ・ヴィンチの技法】その技法の謎に迫る! | 白いキャンバス

 薄い絵具を何度も何度も塗り重ねることで、独特の微妙な階調を生み出す。……それは、気の遠くなるような多大な手間をかける必要があったが、そのことによって、独特の質感を生み出したのだ。

 ダ・ビンチは生涯ずっと、モナリザの画像を身のそばに置いていた。なぜなら、その1枚には、他の絵画の何倍か何十倍かの手間をかけたからだ。
 そして、その微妙な階調を見るということが、ダビンチの天才性を見るということだ。
 ひるがえって、コントラストを強めることで、微妙な階調を消してしまうというのは、ダビンチの絵画の意味をまったく理解できていないことになる。

( Britannica、おまえのことだ。)
 


 [ 付記 ]
 もっとはっきりと知るには、私の画像(なるべく大きな画像)をダウンロードして表示してから、それを、画像ソフトで「コントラストを強める」という加工をするといい。
 そうすると、コントラストが強まるにつれて、画像はキリッとして、きれいになるが、そのかわり、微妙な階調が消えていくのがわかる。
 コントラスト調整の可能な画像ソフトで、確認するといいだろう。

 ※ 画像ソフトの使い方のわからない人は、下記で。
    → Windows10標準ソフト「フォト」を使いこなそう(2) 明るさや色調の補正もお手のもの! 
 
posted by 管理人 at 23:38| Comment(1) | 一般(雑学)6 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 なだらかな階調を見て取るためには、液晶モニタのコントラストを弱めにしておくことが必要だ。
 メーカー出荷の初期設定では、コントラストが異常に強くなっていることが多い。そのせいで、なだらかな階調を表示できないことが多い。(つまり、明るい部分はすべてしろになり、暗い部分はすべて黒になり、細かな変化が塗りつぶされてしまうわけだ。)

 これではまずいので、ディスプレイの設定を変える必要がある。画面右下(底面)のボタンを押して、数値を変更するわけだ。

 モナリザの微笑の微妙な階調が表示されていれば、あなたの液晶モニタは正常だ。
Posted by 管理人 at 2021年07月20日 15:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ