2021年07月05日

◆ 次のメガソーラー危険地

 熱海市の土砂崩れに続いて、メガソーラーの土砂崩れが、別のところでも起こりかねない。

 ――

 メガソーラーは全国各地にある。とすれば、同じように崩落の危険がある場所もあるだろう。
 そのうちの一つは、すでに知られている。2019年から、「こんなところを伐採すると、保水力がなくなって、崩落が起こるぞ」と危険視されていた。 まるで熱海市の崩落を予想していたかのようだ。

 それは、京都市男山の山頂のソーラーパネル予定地だ。




 この場所を Google マップで調べると、伐採を確認できない。





 ちっとも伐採されていないのだ。
 これはどういうことか? 2年前にいったん伐採されたが、そのあとで復元されて、今は元通りの緑の山になったのか? 

 いや、違う。この画像は古いのだ。たぶん 2018年以前の撮影だ。
 Google Earth でなら、ほぼ最新の状況を確認できる。2021年3月の撮影がある。その写真を転載しよう。


otokoyama.jpg


 ほらね。おおむね、冒頭の写真と同様である。
 ただし、冒頭の写真では、土壌がすべて剥き出しになっているのに対し、Google Earth の写真では、その場所にいくつか緑の木が生えている。つまり、植生が回復している。
 とすると、反対運動の影響で、建設が一時ストップしているとも言えそうだ。
 熱海の土砂崩れ(土石流)のあとでは、二の舞になるのを恐れて、建設ストップがかかるかもしれない。

 ※ 今後、山頂を禿げ山にするソーラーパネル建設が止まるかどうかは、今回の崩落の原因を正しく理解できるかどうかにかかる。「盛り土のせいだ」なんていうふうに見当違いの原因を掲げているようだと、お先真っ暗だが。「盛り土しないから大丈夫」と言って、禿げ山が続出したあげく、豪雨が来て、同じような土砂崩れが再発しかねない。
 

posted by 管理人 at 22:35| Comment(0) |  地震・自然災害 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ