2021年06月27日

◆ 下着の色を決める校則

 下着の色を決める校則がある、という問題。さんざん批判されているが。

 ――

 どこの田舎の話かと思ったら、東京都でさえ半数近くで、こういう変な校則があるそうだ。
  → 校則で下着・肌着の色柄規定、東京23区の区立中で4割超。一斉検査で「教員がチェック」の訴えも

 校則で決めるだけでなく、目視によるチェックまでしているそうだから、これはもうセクハラだね。ひどいものだ。人権無視。

 これは、本日(2021-06-27)の記事だが、以前にも同趣旨の報道があった。

 TVでは、この報道があった。





 また、福岡の事例もある。こちらは何と8割だ。
 違反している下着は学校で脱がせる、整髪料は発見したら洗髪させる――。福岡県弁護士会は22日、福岡市内の全市立中学校に実施した校則調査の内容を明らかにした。8割以上の学校に下着の色規制があり、大半の学校で頭髪や眉毛に関する校則があった。
 県弁護士会は、市に情報公開請求して市立中学校全69校の校則を調査した。また、複数の生徒や保護者、教職員に、生徒手帳などに書かれていない校則などがないか体験や見聞きしたことを聞き取り調査した。
 69校が生徒手帳などで明記している校則のうち、髪形・髪の長さを規制しているのが62校▽髪の色が58校▽(肌着などの)下着の色が57校▽眉毛が56校――あった。
 違反者には「整髪料は発見次第、洗髪させる」「眉が生えそろうまで描くこともある」「下着を学校で脱がせる」などの記載もあった。下着は白と決めている学校が目立った。頭の側面を刈り上げ、頭頂部を長めに残すツーブロックは禁止など、それ自体に合理性がないものもあった。
 生徒らへの聞き取り調査によると、校則の理由として教諭から、耳より下に後ろ髪を縛らなければいけないのは「男子がうなじを見て欲情するから」、髪形やゴムの色を決めるのは「統一感を出すため」などと告げられたという。
 見聞きした話や体験談では、校則にはないのに、おでこの産毛をそったら職員室前で1時間半立ったまま指導され、泣いていても指導が終わらなかった▽校則では髪を結ぶゴム色は茶色も許可されているが「明るすぎる」と指導され、買い直した▽不登校の生徒が登校しても服装違反で学校に入れてもらえなかった――などの話が出た。
 市教育委員会は「校則について合理的でない理不尽なものは見直すよう各学校に通知している……
( → 行き過ぎ校則 下着脱がせる、眉は描く、整髪料は洗髪…福岡県弁護士会調査 - 毎日新聞 2020/12/22

 最後に「教育委員会」とあるが、これは、教育委員会で決めることではあるまい。自治体の首長が条例を出して、議会で議決すればいい。そっちの方が優先するからだ。
 具体的には、学校の衣服にはすべて、色規制をなくすべきだ。制服があるのはいいが、制服以外の上着やシャツや下着はすべて、色規制をなくすべきだ。模様の規制はあってもいい(無地とストライプとチェックに限ってもいい)が、色については、赤だろうとピンクだろうと、好き勝手にしていいと決めるべきだ。(条例で。)
 だいたい、「派手な色の服は不良になりやすい」というのが、時代錯誤なんだよ。19世紀じゃあるまいし。
 また、制服はあってもいいが、それと併用するセーターやカーディガンやベストやコートなどは、好き勝手にするべきだ。

 ――

 こういうことは、自治体が決める以前に、文科省が指針を出してもいいし、国が法律で決めてもいい。……とはいえ、自民党に、そんなリベラルな法律を作れるかというと、きわめて疑問だが。

 自民党が決めるとしたら、むしろ、こうかな。
 「上着はすべて黒。下着やシャツや靴下は白。セーターやカーディガンは着用禁止。下着は、男の下半身ははフンドシ、女子の胸はサラシ。女子の下半身は、着物着用として、下着は無し」
 
 うむ。これならいかにも自民党らしい好色さだ。



 [ 付記 ]
 冬には、手袋の着用も推奨するべきだ。コロナやインフルエンザの予防に役立つ。
  → インフルエンザが減ったわけ: Open ブログ

 一方、驚くことに、マフラーや手袋の着用を禁止している学校があるそうだ。
 男子は学生服、女子はセーラー服で、着用できる防寒着は規定のセーターやカーディガン。マフラーや手袋は昇降口で着脱し、規定外のジャンパーやハイネックは認められない。
( → 教室で防寒着ダメ?コロナ対策で真冬も窓全開…凍える生徒(西日本新聞 2020/12/19 )

 これでは、免疫力低下をもたらして、かえってコロナの感染を増やす。感染を、減らすどころか、増やす努力をしているわけだ。呆れる。人災だね。(冬の話だが。)
posted by 管理人 at 22:40| Comment(1) | 一般(雑学)6 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 日本ではいつからか、そこで生まれて育つうちに、多くの人が、自尊心とか独立心とか、自分でモノを考える力を、常に少しづつ剥ぎ取られていく仕組みになっているんですよ。
 だから、実は今の日本が、国民が無意識のうちに(自動的に)「独裁者」を作って(選んで)しまう社会の体制になっている(与党の党首というだけの人が、国会で最も影響力を持ち、行政の長となり、最高裁の長官や裁判官の人事権も掌握している)ことにも気づかないし、そのことを変えようともしないのではないでしょうか。
Posted by かわっこだっこ at 2021年06月28日 01:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ