2021年06月21日

◆ 無料の和文フォント

 明朝体やゴシック体のフォントで、無料のものを使えるようにする。本項から直接、ダウンロードできます。(私が頒布します。)

 ――

 4K モニターを使うと、画面表示用に さまざまなフォントを使いたくなる。また、ただの 2K モニターであっても、印刷用には さまざまなフォントを使いたくなる。
 「游明朝・游ゴシック」というのが、もともと Windows10 に標準で備わっているが、いろいろ試して、最適なものを使いたい。もっと良いものも多々あるのだ。

 ――

 すでによく知られているのは、「源ノ明朝」「源の角ゴシック」だ。これらと同等のものは、Google では「 Noto Serif 」「 Noto Sans 」という名称でも交換されている。
 では、同じものであるとはいえ、どちらがいいか?

 インストールのしやすさは、Google 版の方だ。簡単にファイルを見出して、簡単にインストールできる。しかしながら、インストール後のファイル名が「 Noto Serif 」「 Noto Sans 」である。日本語のフォントなのに、フォント名がアルファベットだ。前者が明朝体だとはわかりにくいし、後者がゴシック体だともわかりにくい。実用上の使いやすさが、大幅に劣る。

 「源ノ明朝」「源の角ゴシック」は、その問題がない。フォント名を見て、素直に使える。使いやすさの点では、何ら問題がない。ところが、インストールがしにくい。ファイルのありかを知るには英語で探し当てなくてはならないし、わかりにくいところにある。また、サイトによっては、ダウンロードするには、18GB という巨大なファイルをダウンロードする必要があるので、光回線でもすごく長い時間がかかる。(日本語だけでなく他国語のフォントを一括してダウンロードするため。)

 結局、二通りのうち、どちらも一長一短だ。あちらが立てば、こちらが立たず。困った。どうする?

 ――

 そこで、困ったときの Openブログ。うまい方法を示そう。
 「必要なファイルだけを、私が一括してまとめて、二次配布するので、そのファイルを一つダウンロードするだけでいい」


 もともと二次配布が許されているので、私がまとめて(コンパクトにして)ダウンロードできるようにしたわけだ。
 すごく細い字や太い字は除いて、使いやすい中間の太さの字だけを精選した。
 また、IPA明朝 と IPAex明朝も入れておいた。
 さらには英字で、飾り文字の斜体デザインフォントも入れておいた。見本は下記。
 

embassy.jpg


 ――

 該当のフォントのセットは、これだ。
  → フォントパック(85MB)

 85MB なので、ダウンロードには少し時間がかかるが、光回線ならば大丈夫。(スマホでは、ギガを食うので、注意。)

 なお、これは zip ファイルなので、解凍して使う必要がある。
 「 ZIPエクストラクターで開く ▼ 」
 という表示が出るが、無視していい。
 画面上部の右端に    というダウンロードアイコンがあるから、これをクリックして、ファイルをダウンロードすればいい。あとはWindows10 が勝手に解凍の処理をしてくれる。
 フォントのファイルをダブルクリックすると、インストールが可能となる。(ダブルクリックすると、画面の左上に「インストール」というボタンが現れるから、そのボタンをクリックすると、インストールが開始される。)
 


 【 関連サイト 】

 解説サイトがある。ファイル名などについて知りたい人向け。
  → 【文字フォント】源ノ明朝(げんの みんちょう)のインストール手順

posted by 管理人 at 22:14| Comment(0) | コンピュータ_04 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ