2021年06月10日

◆ 乳房のサイズの年次変化

 乳房のサイズは年次的に変化している。数十年前に比べて、格段に大きくなってきている。

 ――

 おっぱいの話です。
 乳房のサイズは数十年前に比べて、格段に大きくなってきている。そのことは、ブラジャーのサイズを見ればわかる。下着メーカーの調査で判明する。


bra-graph2.png
出典:CanCam.jp(キャンキャン)


 1980年には Aカップが大半だった。
 2018年には Aカップは激減して、C と D が多数派だ。B と E がそれに継ぐ。E も相当に多いのだから、巨乳が相当に多いことになる。

 ――

 さて。ここで問題だ。どうして乳房のサイズは大きくなったのか? 
 すぐに頭に思い浮かぶのは、「食べ物のせいだ」ということだ。調べると、まさしくそれが理由であるらしい。
 トリンプのPRの方によると、女性達のバストが豊かになった理由として考えられるのは、食生活の変化とサイズに対する意識の高さだそう。
( → 平成の30年間で「バストサイズDカップ以上の割合」が3倍に!その理由とは? | Precious.jp(プレシャス)

 後者の「サイズに対する意識の高さ」というのは、男の私にはわかりにくい。文字通りに解釈すると、こうなる。
 「乳房について意識が高くなると、乳房がどんどん成長する」
 しかしこれではまるで念力か超能力だ。ちょっとありえない。ならば、別の理由だろう。たぶん、次の二点だ。
  ・ 寄せて上げる
  ・ 集めて詰め込む

 こうすれば、もともとのサイズよりも、サイズが1ランクぐらい上がりそうだ。
 このことの裏付けとなる情報がある。
Eカップのおっぱいに対する男性のイメージは、女性とどう違ってくるのでしょうか。実際の男性の声を見ていきましょう。

思ってたより小さいな…

「彼女がEカップだと聞いていたので期待していましたが、実際に見たときにこんなもの?って思ってしまいました。バストはどうやって測れば良いのか分からないけど、Eカップだからといって全員が巨乳ってわけではないのかも」(30歳/男性/会社員)

「Eカップってもっと大きいと思っていたのですが…。Eカップだと言っている彼女のおっぱいを見たときに、嘘つかれていたのかなと思いました」(25歳/男性/フリーター)

Eカップのおっぱいと聞いて、期待してしまう男性は多いでしょう。しかし実際にEカップのおっぱいを目の当たりにしたとき、思っていたよりも小さい、期待外れだと感じる男性は少なくありません。
( → Eカップおっぱいに対する男性のイメージ | 「Eカップのおっぱい=巨乳?」男女が持つイメージの違いに驚き! | オトメスゴレン

 ブラジャーのサイズは Eカップでも、それは胸の脇にあるぜい肉を集めて作った Eカップだった。正味のおっぱいは C か D のサイズだった。だから、「何だ、こんなに小さいのか」とがっかりしてしまうわけだ。
 これはどういうことかというと、普段はカップの上から女性のおっぱいを揉んでいるので、いざカップを外してしまうと、いつも揉んでいるおっぱいよりも小さいので、「あれ」と意外に感じてしまうわけだ。
 そうだよね? 

 だが、そういうのは、話の主題ではない。それは「フェイクの裏話」みたいなものだから、真実とは別のことだ。



https://amzn.to/3vkcBkt


 本項で扱う話題は、真実の方だ。つまり、正味の乳房のサイズが大きくなったことだ。
 実際には A → C だったのに、ブラジャーのせいで、 A → E になったのかもしれない。が、だとしても、 A → C というサイズ・アップはあったのだ。それが正味の成長だ。その成長は、いかにしてもたらされたか?
 それは「食べ物のせいだ」つまり、「食生活の変化のせいだ」というのが、先に述べた理由だった。では、これは具体的には何を意味するのか?

 私が思うのは、こうだ。
 「昔(ちびまる子ちゃん・サザエさんのころ)は、米飯が主体で、メザシと納豆と豆腐とお新香が添えられているぐらいだった。しかし以後は一貫して食生活が洋風化して、タンパク質が豊富になった。特に、肉と牛乳が豊富になった」

 この方針で検索をかけると、次の記述が見つかった。(一部略)
 必須アミノ酸8種類は次のとおりです。……成長ホルモンの合成に関与するアルギニン。
 子どもの場合、ヒスチジンやアルギニンなどのアミノ酸は体内で合成できませんから、食物からとらなくてはなりません。このアミノ酸は成長ホルモンの合成に必要です。
 アルギニンは、牛肉や鶏肉、牛乳、……などに多く含まれており、成長ホルモンの合成に関与し、脂肪の代謝(たいしゃ)をうながしたり、筋肉を強化する働きがあります。
( → 成長期に食べさせたい食品とは - コトバンク

 肉を食べることで、成長ホルモンが多く分泌され、肉体が大きく成長していく。この過程で、肉類を多く食べる欧米人のような体に近づいていく。手足は長くなり、筋肉は増え、男は寄り男らしくなり、女はより女らしくなる。その過程で乳房も大きくなる。
 
 成長ホルモンだけでなく、女性ホルモン(エストロゲン)にも効果がありそうだ。そう思ってググると、見つかった。
Q 女性ホルモンのバランスを整えるのによい食べ物は何ですか。

A 1.肉、魚、乳製品、卵
細胞のもとであり、女性ホルモンのもとにもなるコレステロールを補うために動物性タンパク質を適量とりましょう。植物性・動物性両方のたんぱく質を半々ずつ、バランスよくとるのが理想です。
( → 女性ホルモンのバランスを整えるのによい食べ物は何ですか。 | オムロン式美人

 やはり、肉や卵などが重要であるようだ。昔の日本は、魚を食べることはあっても、肉を食べることは少なかった。それが洋風化することで、昔ながらの「胴長・短足・のっぺり」という感じを脱していったのだろう。

 というわけで、女性の乳房を成長させた食生活の変化というのが、具体的には何であるかが、およそ判明したことになる。



 [ 付記 ]
 真実ではなくフェイクの方で言うと、次のこともある。
 「服を着ていて、乳房の上半分だけを見せている女性の場合、乳房の下半分は隠れていて、ふくらみだけがある。しかし、そのふくらみの大部分は、ダミー(つまりパッド)であることもある」

 そのための商品は、Amazon でいろいろと打っている。たとえば、下記。




バストアップパッド
下半分の膨らみが、バストをぐっと持ち上げる。あたかも本物のバストのように、自然に胸を豊かに見せます。

 これをブラジャーの下半分に入れて、その上に乳房を収めれば、誰もがたちまち巨乳になる。
posted by 管理人 at 22:17| Comment(2) | 一般(雑学)6 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あやふやな記憶ですが、いつだかのタイミングでカップの表記自体がワンサイズ増えたとかなんとか・・・

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/311769.html
Posted by XFER at 2021年06月11日 18:48
 それは、胸囲の違いだけであって、カップサイズの違いは関係ないのでは? 
Posted by 管理人 at 2021年06月11日 21:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ