2021年06月10日

◆ ワクチン予約:嘘と倒錯

 コロナ・ワクチンの話題を二つ。横浜市長の嘘と、政府方針の倒錯。
 
 ――

 横浜市長の嘘


 ワクチンについては、大規模接種センターがガラガラだ、と報道されている。
 《 政府肝いりが一変、ガラガラの大規模接種 高齢者の事情 》
 政府が東京と大阪に設置した新型コロナウイルスワクチンの「自衛隊大規模接種センター」の予約が低調だ。
 防衛省によると、14〜27日の接種分の予約状況(9日午後5時現在)は、東京会場(予約枠14万件)で約8割の約11万7千件、大阪会場(同7万件)は約7割の約5万1千件が空いているという。

 横浜市では、約3万5千人(7日時点)が自衛隊のセンターで接種を予約。一方で市の大規模接種会場も6日に独自に設置されており、林文子市長はこうした状況を踏まえ、「(市内でも)間違いなく接種できるとお知らせすることで、安心して落ち着いてきたと思う」と話す。
( → 朝日新聞
 
 話の後段では、横浜市長の話が紹介されているが、これはまったくの嘘だ。「(市内でも)間違いなく接種できる」というが、そんなことはない。
 実際、 twitter を検索すればすぐにわかることだが、横浜市の大規模接種会場(ハンマーヘッド)は、すでに満杯であって、予約を取ることはできない。取れた人も一部にはいるが、今から取りに行っても、取ることはできない。つまり、「接種できる」という横浜市長の言葉は嘘である。また、その嘘を検証することもなく報道した朝日新聞は、嘘報道をしていることになる。(フェイク・ニュースも同然だ。)

 こういう政治家の嘘をはっきりと「嘘だ」と指摘するのが、マスコミの責務であるのだが、そういうことをやるのは、本サイトぐらいしかないようだ。




 横浜のハンマーヘッドで予約が取れないのは、本日だけではない。今週はずっと予約が取れない状態だ。(上の twitter を見ればわかる。他の twitter を見てもわかる。)

 結局、「ワクチン予約は取りやすくなった」というのは、おおよそ妥当なのだが、ただ一つ、横浜だけは全然ダメなのだ。ここの市長は、カジノのことしか考えていないからだろう。
  → 横浜はワクチンよりもカジノ: Open ブログ

 政府方針の倒錯


 東京の大規模接種会場(大手町)はガラガラなので、高齢者以外の人々に接種しよう、という動きがある。
 上の朝日の記事では、こう報道された。
 防衛省は予約が埋まらない状況が続いた場合に備え、接種対象者の追加も検討中だ。「高齢者の次」としていた基礎疾患のある人や、高齢者施設で働く人らを想定しているという。

 ところがその後、その方針は変更されて、対象を「全国の高齢者」に広げることにした。
 接種を予約できる高齢者の居住地を全国に広げる。予約枠に多くの空きが出ているため、65歳以上の高齢者という対象は変えず、東京会場は首都圏の1都3県、大阪会場は関西圏の2府1県に限ってきた条件をなくす。
( → 新型コロナ: 国の大規模接種、全国から予約可能に 電話窓口も設置: 日本経済新聞

 ジタバタしているようだが、最新ニュースによると、後者が決定された。
 政府の大規模接種センターで行うワクチン接種について、防衛省は、予約枠に多くの空きがあることから、対象地域を全国に拡大するとともに12日からは電話での予約の受け付けを始めることを決めました。
 防衛省は、10日の対策本部会議で、これまで、東京会場は東京、埼玉、千葉、神奈川の1都3県、大阪会場は大阪、京都、兵庫の2府1県に限定していた対象地域を65歳以上の高齢者であれば全国どこからでも予約できるようにすることを決めました。
( → 大規模接種センター 対象を全国に拡大 電話での受付も開始へ | 新型コロナ ワクチン(日本国内) | NHKニュース

 しかし、対象を「全国」にひろげるのでは、次の難点がある。
  ・ 人の流れを促すので、感染を拡大させる危険がある。(危険)
  ・ そもそも人々は、地元で接種したいと望んでいる。(不人気)
  ・ 横浜以外では、高齢者は地元で接種できている。(不要)

 というわけで、まったくの愚策である。

 では、どうすればいいか? 接種の優先順位を変えればいい。特に、65歳未満のうち、必要度の高い人々に接種すればいい。具体的には、こうだ。
  ・ 基礎疾患患者
  ・ 高齢者施設の介護士

 次いで、こうだ。
  ・ 保育士
  ・ 消防士
  ・ 警察官


 特に、基礎疾患患者は、高齢者よりも優先するべきであって、喫緊の対象者だ。ちなみに、岡江 久美子さんは、基礎疾患患者で、享年 63歳だから、いまだにワクチン接種対象ではないことになる。同様の基礎疾患患者は、他にもたくさんいるだろうから、最優先で接種対象にするべきだ。
 高齢者施設の介護士も同様だ。75歳以上の高齢者に、日常的に「密」の状態になるのだから、最優先で接種対象にするべきだ。(65歳以上の高齢者よりも優先する。)

 なのに、政府は地方の高齢者や65歳未満の人々を先に接種しようとする。ここには「順序の倒錯」がある。呆れてものが言えない。



 [ 付記 ]
 参考で、トリビアの知識。(豆知識)
 消防士は、消火活動で消防車に乗るが、消防士は救急車に乗るか? つまり、一人二役か?
 これについて調べたら、次の回答を得た。現役消防士の回答。
Q 救急車に乗る人と、消防車に乗るのは、同じ職種の人なんでしょうか?

A 消防車で活動している人も、救急車で活動している人も、どちらも同じ職種「消防士」です。
 自分が所属するようなあまり大きくない消防では、救急以外にも消防車に乗って火災の消火活動や、レスキュー活動なども行います。
 ちなみに消防士とは消防の中の階級の名称のひとつで、「消防官」もしくは「消防吏員」が正式な職種名になります。
( → 教えて!しごとの先生 | Yahoo!しごとカタログ

 
posted by 管理人 at 22:15| Comment(6) |  感染症・コロナ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ワクチン促進の話題に水を差すようで恐縮なのですが、既にコロナに罹患して病院で治療中か、自宅療養している人もワクチンを打つのでしょうか。そう言うすでに罹患した人にはワクチンは打たないのではないかと思います。
無症状保菌者が巷にたくさんいて、その人たちが普通に暮らし街中でウィルスの分散源になっているのでいつまでも病気が収まらないのでしょう。そう言う無症状保菌者がワクチンを接種するとどうなるのでしょうか。本来はワクチン接種の前に全員にPCR検査が必要ではないでしょうか。
以下のような方針の病院もあります。こう言う声を聞くと、とても怖くなります。私は歌を歌っていて、しょっちゅう東京のシャンソニエやライブハウスにいきコロナウィルスには十分過ぎるくらい晒されていますが、今までコロナらしい症状はありません。N95マスクを欠かさないこととうがいが病気を防いでいるのだと思います。
もう70歳を過ぎた先のない老人ですので、ワクチンが足らないなら、未来を背負う若者に譲ります。

新型コロナワクチンの危険性と、当院の対応について
2021年6月6日
https://matsumotoclinic.com/%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%b3%e3%83%ad%e3%83%8a%e9%81%ba%e4%bc%9d%e5%ad%90%e3%83%af%e3%82%af%e3%83%81%e3%83%b3%e3%81%ae%e5%8d%b1%e9%99%ba%e6%80%a7%e3%81%a8%e3%80%81%e5%bd%93%e9%99%a2%e3%81%ae%e5%af%be/
Posted by SM at 2021年06月11日 09:32
 ワクチンは余るほどあります。接種する人手が、横浜市では足りていないだけです。大規模接種会場はガラガラなので、さっさと予約しましょう。(近在なら。)
 
> 無症状保菌者がワクチンを接種するとどうなるのでしょうか。

 問題ないです。

> 以下のような方針の病院

 ただのトンデモです。世間にバレたら、炎上して、指弾されそうだ。
Posted by 管理人 at 2021年06月11日 09:57
> 以下のような方針の病院

注射を打った方を拒否するというところはさておき、実際に主張を読んでみますと、ごくまっとうな科学的な考えのようでした。新型コロナは緊急事態なので、多少の犠牲があったとしても集団免疫を優先するという現在の世界的な方針とは相容れませんが、平時であれば常識的な考え方と思います。化学修飾を施したmRNAを生体に打つというのは全く新しい方法で、長期に渡る試験がもちろんできていませんので、その点リスクがあることは認識しておく必要はあります。ちなみに、mRNAには完全でない出来損ないも含まれますので(すでに報告があります)、こうした「不純物」の影響もまだきちんと評価されていないところです。それでも、ワクチンを接種するメリットは集団としてはあることは間違いありません。少数出るであろう副作用をどう考えるかにかかってきます。

感染をむしろ拡げてしまう(新しい変異を生み出すもとになる)可能性はあってもその確率は非常に低いです。個別の診療で接種者を拒否する必要はないと思いますが、世界的な大きな集団サイズを考えると注意すべきです。全世界でたった1回のより感染しやすい変異が起これば、それが急速に世界中に広がることは集団遺伝学の基本的な結論です。
Posted by みむ at 2021年06月11日 11:53
> 平時であれば常識的な考え方と思います。

 今は平時じゃないんです。コロナとの戦争中です。戦時です。
 ここで「副作用による犠牲を恐れる」という方針を取ると、被害が膨大となり、国そのものが滅びかねない。
 良薬は口に苦しという。なのに「わずかな苦味を取るくらいなら、死んだ方がマシだ」という方針を取ると、自分が死ぬだけでなく、国そのものが滅びます。

 なお、「副作用が怖いからワクチンを接種しない」という人は、米国でも4割ぐらいいます。だから接種率が急速に頭打ちになって、新規接種が進まない。
 米国人は馬鹿が多いから仕方がないと思っていたが、日本でもけっこう同種の人々はいる。ただし米国人よりはずっとまともだけ、救いはある。接種者が7割を超えれば、大規模流行は避けられる。死にたい人は勝手に死ねばいいだけ。
Posted by 管理人 at 2021年06月11日 13:08
 横浜市の情報。

 横浜ハンマーヘッドは相も変わらず満杯のようだが、あちこちの大きな会場では、部分的に予約が取れるところもあるようだ。キャンセルが出たせいかも。

 かかりつけ医で予約が取れることもチラホラと生じている。多くの人は、地元のかかりつけ医を最優先にするから、かかりつけ医で予約を取れると、中規模会場をキャンセルするようだ。
Posted by 管理人 at 2021年06月11日 18:46
ホームページ色鮮やかになりましたね。てっきり別なサイトかと思いました。

こちらご参考まで
インフルエンザの100倍以上の副反応を出すコロナワクチン
https://mobile.twitter.com/akira_pt4ever/status/1401202151636930564

googleやfacebookに検閲されるイベルメクチン
https://sp.nicovideo.jp/watch/sm38902846
Posted by gunts at 2021年06月20日 10:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ