2021年06月02日

◆ カブがおいしい

 今はカブが安く出回っていて、おいしい。さらにおいしく食べるには……

 ――

 「一番おいしい野菜は何か?」
 という問いには、なす・トマト・きうり などの名が上がることが多いが、私としてはカブを掲げたい。深い玄妙な味わいが得られるからだ。

 私がカブの美味しさを知ったのは、高級和食店で、カブのお吸い物を食べたときだ。ダシがよく利いていて、そこに煮込んだカブが、精妙な味わいを出していて、あまりにもの美味しさにびっくりした。
 これを再現しようとして、自分でも作ろうとしたのだが、インスタントの鰹だしや昆布だしを使っている限りでは、再現は遠く及ばなかった。たぶん、きちんとした昆布だしを使う必要があるのだろう。日高昆布のような。……とはいえ、それにはコストがかかりすぎるので、凡人の家庭料理の域を超えてしまう。(上級者の腕と金が必要だ。)

 ――

 一方で、カブのお新香は、簡単にできる。カブを薄く包丁で切って、塩で揉んで柔らかくして、しばらく塩水にひたすだけでいい。(塩で揉むだけでもよさそうだ。塩で揉んで、水で洗えば、すぐに食べることができる。)

 これだけでもおいしいカブのお新香だが、さらにおいしくする方法がある。下記の商品をトッピングするのだ。


小野万 三陸産 子持ちめかぶ

https://amzn.to/2SGBVDi


 価格はイオンで 298円(税別)。
 カブのお新香の上に、このめかぶをトッピングすると、すごく良く合う。高級和食店の料理を食べているような玄妙な味わいを得られる。白いカブの複雑な味と、緑のめかぶの濃いソース感が、絶妙なハーモニーを醸し出す。


kabu-mekabu.jpg


 これは、「イチゴのアイスクリーム」のようなデザートとは対極的だ。それには、強烈な甘酸っぱさがあり、多幸感がある。子供にもよくわかる味だ。
 ひるがえって、上記の「カブとめかぶ」は、大人の穏やかな複雑さがある。和風の庭園の雰囲気とか、高級緑茶の美味しさとか、そういった感じの味わいだ。

 高級な和食というと、たいていは時間と手間をかけて、複雑な技術を要する。しかし本項の「カブとめかぶ」は、素人でも簡単に、あっという間に作ることができる。コストも、カブは今では激安だし、めかぶも、ソースとして考えれば高くない。(少量を何回も使えるからだ。)

 カブが安くておいしいのは、今だけだ。なるべく鮮度のいいものを選んで、葉っぱも生きのいいのを選んで、おいしく頂こう。


posted by 管理人 at 21:50| Comment(1) | 一般(雑学)6 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぬか漬けも美味しいですね。
ただし、ぬか床の手入れが面倒なので、横着な自分は数か月で断念しましたが。
Posted by 菊池 at 2021年06月03日 12:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ