2021年05月27日

◆ 菅首相がほぼ毎日 会食

 菅首相がほぼ毎日、会食しているそうだ。緊急事態宣言のなかで。

 ――

 にわかには信じがたい愚挙だが、事実である。
 《 孤独感、癒やすため? 首相、連日「閣僚ランチ」 》
 菅義偉首相が連日のように閣僚と昼食をともにしている。
 26日昼、首相は野上浩太郎農水相と会食。野上氏によると、塩ラーメンをすすりながら、農林水産品の輸出などを話した。
 朝日新聞の首相動静によると、……官邸での閣僚ランチは……4月に入ると徐々に増え、5月18日以降の平日は連日のように続けている。
( → 朝日新聞 2021年5月27日

 会食は最も危険だと言われているのに、その会食を堂々とやる。なぜか? 政府の指針では「5人以上の会食は禁止」なので、「4人以下ならばOK」とされるからだ。
 これについては、専門家(分科会)の方針が煮え切らないことも原因だ。「2人以上の会食は駄目」とはっきり示すべきなのに、示さない。この件は、前にも述べた。
 飲食店における会食は、現在、最も大きな主要感染源だと見なせる。ペチャクチャとしゃべりながら、唾を飛ばして、その唾の付いた料理を他人が食べるのだから、これはもはや意図的な「感染会」も同然だろう。
 これを止めることこそが大事なのに、営業時間の短縮ばかりにこだわっているのが、政府や知事たちだ。そしてまた、8割おじさんもまた同じ。彼らの誰1人として、会食の危険性を理解できていない。
 ついでだが、専門家による分科会もまた、同様だ。「5人以上の会食は駄目」とは言ったようだが、4人以内の会食を認めている。ま、夏のころなら、それでもよかったかもしれない。しかし今や感染爆発とも言える状況にある。こうなるともはや「2人の会食」さえも禁止するべきだ。なのに、それを言うことができない。専門家による分科会もまた、政府や知事たちと同類だと言えるだろう。(同じ穴のムジナ)
( → 緊急事態宣言は ほぼ無効: Open ブログ

 これが 2021年01月05日 の記事だ。このあとずっと、事情は変わらない。政府は(種類は禁止しても)会食を野放しにするし、専門家は「人出を減らすこと」ばかりを考えていて、「会食禁止」を打ち出さない。
  → 「欧米に近い外出制限を」 西浦博教授が感染者試算: 日本経済新聞
  → 東京五輪開催で感染者数どう変化? 東大グループ試算(人出による試算)

 いずれも、「外出」「人出」を減らすことだけを重視する。「外出」「人出」が感染の原因だと考える。そこには「会食」という概念はない。

 一方で、「感染の原因の 85%は、マスクなしの感染だ」という報告もある。
  → コロナ陽性者の85%が「マスクなしでの会話や飲食」で感染と推定 福井県4月分析
 一部抜粋。
 福井県が4月の県内陽性者全286人の感染状況を分析したところ「マスクなしでの会話や飲食」で感染したと推定されるケースは 84.6%に上った。

 疫学的には「マスクなしでの会話や飲食」が原因だと判明しているのに、シミュレーションごっこをやる学者はそれを無視して、勝手な自己流のモデルで空理空論のモデルを作って「事実だぞ」と見せかける。
 一方で、政府は政府で、勝手に「5人以上だけが危険で、4人以下では安全だ」という解釈を押しつける。

 マスコミはマスコミで、このいい加減な解釈に合理的な理由を見出そうとする。NHK が代表格だ。
では、この4人と5人の線引きに、合理性はあるのか?
専門家に聞きました。

日本感染症学会の寺嶋毅指導医は、特に5人以上になると感染のリスクはより高くなり、この数字に一定の合理性はあると指摘しています。
( → News Up 会食 5人以上はなぜダメか 菅首相が反省する理由 | 新型コロナウイルス | NHKニュース

 馬鹿な専門家に聞いて、「一定の合理性はある」と記述している。しかしそれは、「悪い」と「すごく悪い」の差であるにすぎない。「良い」と「悪い」の境界ならば、「4人と5人以上」ではなく、「1人と2人以上」だろう。そのことを指摘しないまま、「5人以上はなぜダメか」という提灯記事を書く。政府の三下だ。情けない。

 NHK は徹底的に、政府の太鼓持ちになったな。受信料の支払い拒否をしてもいいくらいだ。
 だが、最悪の責任者は、NHK や政府でなく、専門家だろう。「会食は駄目だ」と言わない専門家たちが一番悪い。
 彼らは真実ではない、何か別のものを、自分たちの基礎原理としているのだ。ならば彼らは、もはや科学者とは言えない。真実を口に出す勇気をなくした科学者は、存在価値がないのである。
 

galileo3.jpg
ガリレオ




 【 追記 】
 二人で会食して感染させた事例。(会食だけでなく、箸でつつき合ったそうだ。)
 川上さんが発症する前に一緒に食事をした仲のよいスタッフがコロナに感染し、一時は危篤状態になるほど重症化してしまったのです。
 川上麻衣子さん
「一緒に食事をした時にお互いの直箸でつついてしまい、『いけないな』と思ったのを覚えていたんですよ。だから私がコロナと分かった時、すぐ彼女の顔が思い浮かびました。……自分がうつしてしまったという責任もあるし、後悔もある。本当に怖かったです」
( → 川上麻衣子さん「強い恐怖と後悔」スタッフも一時危篤状態に | 新型コロナウイルス | NHK

 直箸を問題視しているようだが、それよりは「二人で対面して会話する」(しぶきを飛ばす)ということの方が、より本質的だと思える。

 詳しくは、下記項目で示した。
  → 会食が危険である理由: Open ブログ

 そこから一部抜粋。



posted by 管理人 at 22:19| Comment(4) |  感染症・コロナ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 最後に 【 追記 】 を加筆しました。
 二人で会食して感染させた事例。
Posted by 管理人 at 2021年05月28日 07:19
日本国のトップがこんなアホなことをしてるから、アビガンが中国に取られてしまった??
https://www.mag2.com/p/money/1058348?utm_medium=email&utm_source=mag_W000000003_fri&utm_campaign=mag_9999_0528&trflg=1

Posted by SM at 2021年05月28日 20:15
 現状では日本政府が「使用禁止」にして、誰にも使わせない。それだったらまだしも、中国が権利を握って誰かが使う方が、マシだろう。
 馬鹿が宝を捨てるよりは、泥棒が宝を使う方が、まだマシである。泥棒のおこぼれにあずかれる人が出る分、マシである。
 宝をドブに捨てることほど、愚かしいことはない。それが日本の現状だ。
Posted by 管理人 at 2021年05月28日 22:07
>馬鹿が宝を捨てるよりは、泥棒が宝を使う方が、まだマシである。泥棒のおこぼれにあずかれる人が出る分、マシである。
 宝をドブに捨てることほど、愚かしいことはない。それが日本の現状だ。

これをもって日本政府が自分のバカさ加減に気付き、本来の自分を取り戻してくれるといいんですが・・。

Posted by SM at 2021年05月29日 08:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ