2021年05月24日

◆ ミューズ細胞と iPS 細胞

 ミューズ細胞が話題になっているが、実は、iPS 細胞の本質はミューズ細胞であるようだ。

 ――

  ミューズ細胞が話題になっている。画期的な臨床効果が出たそうだ。
  → たった1回の投与で回復…東北大が発表した「ミューズ細胞」脳梗塞患者への驚くべき可能性




iPS細胞・ES細胞に続く万能細胞『Muse細胞』の効果が明らかになりました。

Muse細胞は、ヒトの骨髄に存在し、さまざまな細胞に置き換わることができます。傷ついた細胞から出るSOSシグナルを静脈から投与されたMuse細胞がキャッチ。すると損傷のある場所へ向かい自ら置き換わって修復します。

今回、発表されたのは、脳梗塞で介助なしの生活が困難になった患者にMuse細胞を投与した治験の結果です。
東北大学医工学研究科・新妻邦泰教授:「70%近くの患者が日常生活自立まで到達。31.8%の方が職場復帰を達成」
有効性を見るため偽薬を投与したグループと比べると、Muse細胞を投与した患者は1年後に運動機能が大きく改善していました。
( → “Muse細胞”脳梗塞患者の身体機能が改善

 ミューズ細胞は「再現性がない」などと批判されたこともあったが、すでにあちこちで再現性は確認されているようだ。
  → ミューズ細胞 - Wikipedia

 ――

 さて。ここで重要なことがある。iPS 細胞との関係だ。
 《 iPS細胞のソースとしてのミューズ細胞 》
 ヒト線維芽細胞中に存在するSSEA-3陽性細胞から効率的にiPS細胞が誘導されるとの報告が2009年にされている。
 さらに2011年にはヒト線維芽細胞の中の数パーセントを構成するミューズ細胞からのみiPS細胞が樹立され、一方ミューズ細胞を除いた線維芽細胞からは山中4因子を導入してもNanogやSox2などの多能性因子の発現が見られずiPS細胞も誘導されないことが報告された。
 これらの結果はiPS細胞の樹立は確率論的に誘導されるというstochastic modelではなく、特定の細胞集団から誘導されるというelite modelに従っていることを示唆している。
 ミューズ細胞はもともと多能性幹細胞であるため、iPS細胞との大きな違いは腫瘍形成能の有無である。つまりもともと細胞集団内に存在していた、多能性ではあるが腫瘍形成能のない幹細胞に対して山中因子が腫瘍形成能を与える事でiPS細胞ができるという可能性が示唆されている
( → ミューズ細胞 - Wikipedia

 「もともと細胞集団内に存在していた、多能性ではあるが腫瘍形成能のない幹細胞に対して山中因子が腫瘍形成能を与える事でiPS細胞ができる」
 ということは、次のことを意味する。
    ミューズ細胞 + 山中4因子 = iPS 細胞 


 これは重要なことだ。iPS 細胞の正体はミューズ細胞であって、山中4因子はその隠れた増殖能力を発揮させただけだ、となる。
 山中4因子は、細胞の初期化をもたらす画期的な発見かと思われたが、そうではなくて、その能力はもともとミューズ細胞だけに備わるものだったのだ。
 そして、山中4因子は、ミューズ細胞に対して増殖能力をもたらすだけだったのだ。

 より詳しい裏付け情報として、下記がある。
 ヒトの皮膚の細胞をMuse細胞とそれ以外の細胞に分け、それぞれにiPS細胞を作り出すのに必要な遺伝子を加えた結果、Muse細胞からiPS細胞に変化したのは通常の 30倍の効率の 0.03%に達したのに対し、Muse細胞以外では逆にまったくできなかったということです。こうしたことから研究グループでは、iPS細胞はMuse細胞からしか出来ないと結論づけています。今回の研究について出澤教授は「iPS細胞が出来る仕組みの解明にもつながる」と話しています。
( → iPS細胞の種?Muse細胞 | Naka lab

 ――
 
 「山中4因子が細胞を初期化する」
 という iPS細胞の解釈は、間違っていたようだ。
 細胞を初期化する能力は、ミューズ細胞がもともと備えていた能力であり、山中4因子が引き起こしたわけではないことになる。実際、ミューズ細胞以外には、山中4因子は無効なのだ。

 ※ もっとも、だからといって、山中氏の業績が無に帰するわけではない。業績の大きさは、ほとんど変わらない。ただ、その業績に対する解釈が変わるわけだ。



  【 関連項目 】

 7年前に STAP細胞が話題になったときに、
 「STAP細胞は Muse 細胞か」( Muse 細胞を STAP細胞だと誤認したのだろう)
 という話を記した。下記項目。
  → STAP細胞は Muse細胞か?: Open ブログ

    ※ 今となっては古い話だが、参考のために記しておく。
      内容は古い。
  
posted by 管理人 at 06:43| Comment(1) |  STAP細胞 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Posted by 管理人 at 2021年05月24日 15:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ