2021年05月23日

◆ アプリ手数料の引き下げ 2

 アップストアの高額手数料が裁判沙汰になっている。

 ――

 iPhone や Android の有料アプリは、アップルや Google が料金の 30%という高額の手数料を取る。これは前から話題になっていた。

 本サイトで最初に取り上げたのは、例によってずっと早い時期であり、2011年だ。
  → Apple と Android: Open ブログ

 同様の話は、昨年も述べたことがある。
  → アプリ手数料の引き下げ: Open ブログ(2020年08月23日)

 ――

 その後、2018年ごろから話題になっていたようで、最近では裁判の話が話題になっている。5月22日には、アップルが高額手数料を正当化する主張をした、と報道された。
 米アップルがアプリ配信サービス「アップストア」で独占的な地位を使って高額な手数料を課しているとして訴えられていた訴訟で、米アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)が21日、証言した。
 アップルがアップストアに多額の運営費をかけてアプリを審査し、利用者側の立場に立って安全性を確保していると訴えた。
( → 課金ゲーム手数料、アップルCEOが反論 配信の安全性強調:朝日新聞


computer_smartphone1_icon.jpg


 さて。アップルも Google も 30%という暴利を得ているが、この暴利はいかにもひどい。がめついと言われた Microsoft の方がまだマシだ。
 そこでどうせなら、 Microsoft が Android の派生 OS (フォーク)をつくればいいのに。あるいは、もともとオープンソースである Android の上に、Microsoft が独自のプラットフォーぷを作ればいいのに。

 と思ったあとで、ふと思った。Windows という OS は、一切の手数料を取らずにアプリをインストールできるので、良心的だな……と。
 だが、よく考えると、こちらが常識なのだ。ひるがえって、アップストアや( Android ストアである)Google Play を経由してでないとアプリをインストールできないという仕様の方がおかしいのだ。

 そこで、こう思った。
 「自社のストアからしかアプリをインストールできないというのは、競争を排除しており、独禁法違反に当たる」

 これはいわば、「Windows にインストールするすべてのソフトは、マイクロソフトの許可が必要であり、マイクロソフトに 30% の上納金を払う必要がある」というようなものだ。
 こんなことはとんでもない。だが、それをまさしくやっているのが、アップルと Google なのだ。がめつすぎる。

 ――

 アップルの CEO は、「審査に金がかかっている」という。
 へえ、そう。だったら、審査を売りにして、自社では高いサービス料を取ればいい。一方で、審査のサービスを必要としない人には、手数料なしでアプリをインストールできるようにすればいい。
 換言すれば、別のインストール用のプラットフォームを、別途許可するように、iOS の仕様を変更すればいい。( Android もそうだ。)


smartphone_photo_woman_tate.jpg


 この件ではマスコミも報じているが、切り口が甘い。
 クック氏は、アップストアの運営にかかる巨額の費用を念頭に「私たちの知的財産には見返りが必要だ」と説明した。
( → 「知的財産に見返り必要」 アップルCEO反論 フォートナイト訴訟:朝日新聞

 (1) 知的財産というのが、iPhone のことを言うのなら、iPhone を高額販売すればいいのであって、他人の知的財産(他社アプリ)を勝手に食い物にするべきではない。アップルは破廉恥にも、「他人の知的財産には見返りを与えなくていい」と言っているだけだ。(論理破綻)
 (2) 知的財産というのは、アップストアのことを得るのであれば、アップストアを経由しない他のストアで購入できるようにすればいい。(本項の主張。)……それならば、「アップストアの運営にかかる巨額の費用」という理屈も成立しなくなる。他社のストアで購入する人は、アップストアの運営コストは関係ないからだ。


money_yami_soshiki.gif


 とにかく、問題は、知的財産や運営コストなんかではない。「自社サイト経由でしかアプリをインストールできない」という独占的な仕様にある。
 これが独禁法違反なのだから、マスコミはここを指摘するべきだ。つまり、問題の本質を示すべきだ。被告であるアップルの言い分ばかりを垂れ流すべきではない。

 ――

 結局、これは独禁法の問題だ。とすれば、ここは、各国政府が鉄槌を落とすべきだ。「ストア以外からでもインストールできるようにせよ」と。
 公正な競争がなされるように、世界の政府は協調するべきだ。さしあたっては、米国政府が立ち上がるべきだ。
 

 
posted by 管理人 at 22:15| Comment(0) | コンピュータ_04 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ