2021年05月28日

◆ ベルマーク不買運動をしろ

 ベルマーク回収は悪弊のある運動なので、これを中止するために、不買運動をするべきだ。「ベルマークを付けた商品を買うな!」と。

 ――

 ベルマークが「労多くして益少なし」であることは、前に指摘した。「ごく小額のために、莫大な手間がかかる」というふうに。
  → ベルマーク詐欺(?): Open ブログ(2010年12月19日)

 この問題はその後、あちこちでも指摘されるようになったが、最近でも NHK が報道した。(3月18日)
 SNS上には、令和の時代にこんなアナログなシステムが…と、作業がしんどいという意見が相次いでいます。
「深夜までひたすらベルマーク切ってのりで貼ってセロテープで止める作業。時代錯誤すぎないか…恐るべしベルマーク」
「朝からベルマーク集計したけどしんどいな…もっと効率的にポイント計上できないの?アナログすぎる」
「平日に大人数が集まってベルマーク集計、それってなんの罰ゲーム?」
( → News Up ベルマーク アナログ作業は 変わるのか | NHKニュース

 文中のイラストを描いた人についても紹介している。
 宮瀬さんは……後日、この日の作業でまとめたベルマークの合計が6850円分だと知らされます。作業した30人で割ると、1日作業して1人当たりわずか228円の成果に衝撃を受けました。

 苛酷な労働に対して、日給わずか228円だ。(時給ではない!)
 これではもはや「奴隷労働」というしかない。
 
 ――

 似た記事は他にもある。
 母親たちからは“悲鳴”が上がっています。
 「ベルマークの仕分け作業のため、平日の日中に召集がかかるんです。『絶対休んじゃダメ』と言われるから、その都度、仕事を休んで参加しています。
1円にも満たないマークもあるんですよ。そんなものを切り貼りするために、有給使うんですよ? 『倍のお金を寄付するから勘弁して!』って、心の底から思います」
 「30人で半日作業して、たった数千円分ですから、かかる手間に対して成果が小さすぎますよね。前もって日にちがわかっていればパートの日はずらしておけますけど、『この時間にもっと稼げるよ』って思う……」
 「やり方が古すぎます。一刻も早くなくしてほしい!」
( → 「ベルマーク」は勘弁!母たちの切実な叫び | PTAのナゾ | 東洋経済 2015/07/02 )

bellmark_woman.jpg


 ――

 というふうに、人々はもはや奴隷扱いされている。このような奴隷待遇はやめるべきだ。つまり、ベルマーク回収運動は廃止するべきだ。では、どうやって? 

 (1) 自主廃止

 PTA が自主的に廃止を決めればいい。
 ところが、PTA というのは、たいていは学校の管轄下にある。学校の意に反して、自主的に決めることはできない。
 学校側はどうかといえば、ベルマークで小額の金を得るよりは、もっと多くの金を父母から集める方がいいに決まっている。ところが、それを実施できない。なぜなら、それを実施すると、「義務教育の無償化」という法制度に反するからだ。
 そこで、たとえ非効率であっても、いったん労働という形で供出してもらって、それを(非効率に)金に換えるという、馬鹿げた手法を取るわけだ。それが直接的な供出ではなく、間接的な供出であるがゆえに。
 そもそも、学校としては、自分たちの手元に金が入ればいいのであって、そのために親がどれほど苦労しようが、知ったことではないのだ。あくまで学校の都合で決めるから、親のことなどどうでもいいのだ。

 (2) PTA の独立

 PTA を学校の従属化に置かず、独立させて、父母が上手に運用する……という手法がとられつつある。IT化で連絡したりすることで、合理的になり、働く親でもスマホで連絡を取り合って、うまく運営できるという。
 ただしこれは、理想ではあるが、現実には実現することは稀だ。なぜなら「抵抗勢力」がいるからだ。若い世代(特に女性)が PTA を現代化しようとしても、年長の名士から成る PTA 会長などが、頑強に抵抗するのだ。彼らと学校の校長などが結託して、若い世代の改革を押しつぶす。
  → PTAが"ベルマーク運動"をやめない理由 | PRESIDENT WOMAN Online
  → PTA退会の増加で、子どもが登校班から排除されるトラブルが発生
  → PTAを退会したら学童保育から追い出された - Togetter
  → PTAのことがよくわかる、抱腹絶倒2コママンガ! Author: 2コマでPTAを叫ぶ母

 さらには、若い世代の父母自身の中でも、比較的年齢の高い層が、より若い層に反発する。
  → 「来年から楽はずるい」 PTA改革、立ちはだかる壁:朝日新聞

 というわけで、改革をしたくても、何層もの厚い壁があるので、実現しにくい。

 (3) 不買運動

 そこで私が提案するのが「ベルマークの不買運動」だ。「ベルマークを付けている商品を買うのをよそう」という運動だ。
 その利点は、下記だ。
  ・ PTA に頼らずに、個人で実行できる。(壁がない。)
  ・ 全国で連帯すれば、大きな運動になる。ブームだ。
  ・ 企業はベルマークの宣伝効果が、プラスでなくマイナスだと知る。
  ・ 企業はベルマークをするメリットがなくなり、自主的にやめる。


 人々がベルマーク回収運動をするのでなく、企業そのものがベルマーク制度から脱退することで、ベルマーク制度そのものを瓦解させてしまうわけだ。「根元を断つ」という方針である。
 ここには発想の転換がある。

 (4) 不買運動の名目

 不買運動をするには、名目がいる。それは簡単だ。
 「ベルマーク運動は、父母を薄給で酷使する、奴隷労働だからだ。奴隷労働に反対しよう。ウイグルの国民が奴隷労働をさせられるのに反対するように」

 言ってみれば、ベルマーク回収に酷使されるのは、ウイグルの国民と同様の非人道的な扱いなのである。とすれば、それに加担して利益を上げようとする企業は、悪魔のようなものだ。だから、十分に非難されていい。
 そこで、「ベルマークに参加する企業の不買運動をしよう」という名目が立つわけだ。

 なお、これをいっそう明確にするために、次のことを基準とすればいい。
 「ベルマークに参加する企業は、ベルマークある商品1個につき、5点(5円)以上を設定するべきだ。これに満たない点数を付ける商品は、奴隷労働に協力していると見なして、不買運動の対象となる」

 つまり、1個あたりの点数を上げるわけだ。現状は、0.1点(0.1円)のように極端に低い数字が付いていることが多い。これでは「低賃金労働」「奴隷労働」を敷いているのも同然だ。
 そこで、これを避けるように、「最低でも5点(5円)以上」というふうに設定する。こうすれば、条件を満たさないものが、奴隷労働を強いるものとして、はっきりと明示されるので、合理的な基準となるだろう。



 [ 付記1 ]
 「ベルマーク1つにつき、5点(5円)」というのは、「高すぎる」と思えるかもしれない。しかし、実例がないわけではない。
 たとえば、キヤノンやエプソンのプリンタのカートリッジには、この数値のベルマークが付いている。
  → ベルマーク一覧 ( iPhone 用 画像 )  ……

 この一覧画像を見ると、0.1点(0.1円)のように極端に低い数字が付いている商品も見つかる。1点以下の商品もかなり多い。これらはすべて「5点」という基準をクリアしていないので、不買運動の対象となる。

[ 付記2 ]
 一方、ベルマークを付けていない商品は、不買運動の対象とはならない。たとえば、スーパーの自社ブランド製品(プライベートブランド商品)の食品がそうだ。ベルマークを付けていることは、ほどんどないはずだから、不買運動の対象とはならない。
  ※ ただし、食品には付いていなくとも、文房具には付いていることもある。
  → 上の

 とにかく、ベルマークをやっていること自体が悪いのではなく、 5点未満の低い数値を付けているのが駄目なのだ。そして、大部分の企業は、それに当てはまる。5点以上を付けている商品はごく少ない。
  → 上の
 
 それぞれの商品は、偉そうに顔を並べているが、「 1点をくれてやるから偉いんだ。社会貢献しているんだ」などと自惚れているわけだ。そういう傲慢な企業は、恥を知れ。おまえたちは奴隷労働を強いているだけだ。

 [ 付記3 ]
 不買運動は、自分でやるだけでなく、他人にアピールするといい。たとえば twitter などで駄目企業を指摘して、拡散するといい。
 「××××社は、ベルマークで 0.1点という低い数値を付けているので、奴隷労働を推進する反社会的企業だ!」
 というふうに拡散するといい。
 タグも  #ベルマーク不買運動 というようなタグを付けるといい。

 《 加筆 》
 私がリンクしたら、どういうわけか、上記のリンクはリンク切れになってしまった。(データが古いことに気づいたせいかもしれない。あるいは、本記事を見て不都合に感じたせいかもしれない。)
 そこでかわりに、古い画像を探し出して、そちらの画像と差し替えておいた。
  画像出典 → スキャナ画像




 【 関連サイト 】

 ついでだが、次の話もある。
  → 怪奇!PTAの仕事はなぜ減らないのか? | PTAのナゾ | 東洋経済
  → PTAの伝統 ベルマークを集める単純作業 実は貼らなくてよかった
  → PTA:出席代行サービスが人気 親たちのニーズつかむ | 毎日新聞
菊池桃子さん「PTAは任意」 発言に広がる共感なぜ?:朝日新聞デジタル


posted by 管理人 at 23:22| Comment(4) | 一般(雑学)6 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 ベルマーク一覧のリンク先が、リンク切れになっていたので、リンク画像を差し替えておきました。
 前は表示されませんでしたが、今では表示されます。
Posted by 管理人 at 2021年05月29日 09:00
>私がリンクしたら、どういうわけか、上記のリンクはリンク切れになってしまった。(データが古いことに気づいたせいかもしれない。あるいは、本記事を見て不都合に感じたせいかもしれない。)

普通に公式サイトに情報はありました
https://www.bellmark.or.jp/storage/2021/04/05/1427386935/6935.pdf
Posted by そもそも at 2021年05月29日 20:18
> PDF

 情報ありがとうございます。よく見つけましたね。
 だけど、これ、2.2MB もあるので、量が大きすぎる。私の示した画像は、155KB なので、10分の1以下のサイズです。
Posted by 管理人 at 2021年05月29日 20:26
全面的に賛成です。

ベルマーク回収やっているPTAは昔からとんでもない重労働。なにしろ、メーカー別に仕分けして点数を集計する。

しかも、PTA内の権力関係から拒否しずらい空気感が半端でない。



Posted by 塚本水樹 at 2021年05月31日 21:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ