2021年05月18日

◆ 1日 100万回接種という目標

 コロナのワクチンの接種を1日 100万回にする、という政府目標がある。

 ――

 これは菅首相が掲げた目標だ。
 高齢者向けの新型コロナワクチンについて、菅義偉首相は「1日100万回接種」との目標を新たに掲げた。
( → 1日100万回接種、掲げたが 焦る首相、再三の電話:朝日新聞 2021年5月10日

 きわめて楽観的な目標だ。


kabu_chart_smartphone_man_happy.jpg


 だが、これが実現すれば、コロナの蔓延を防げる、という試算も出た。
 1日100万回のワクチン接種が実現すれば、感染状況はどう改善するのか−。東大の仲田泰祐准教授と藤井大輔特任講師の研究グループによるシミュレーションでは、東京都で9月に入ると感染者減少の効果が見え始め、再度の緊急事態宣言を出す必要がなくなるとの結果が示された。
( → ワクチン接種100万回達成なら再宣言不要に 東大准教授らが試算 - 産経ニュース

 一方、ワクチン供給の不足も懸念されたが、本日、バイデンが世界向けに 2000万人分を供給すると言明した。
 バイデン大統領は17日、ホワイトハウスで演説し、国内で接種を進める3種類の新型コロナウイルスのワクチンのうち、少なくとも2000万回分を6月末までに各国に供給すると明らかにしました。
 バイデン政権は、すでにイギリスの製薬大手アストラゼネカなどが開発したワクチンおよそ6000万回分を必要な国に供給する方針を示していて、今回、これに追加して支援を急ぐ姿勢を示しました。
( → 米大統領 “2000万回分のワクチン 6月末までに各国に供給” | 米 バイデン大統領 | NHKニュース

 米国の盟友である日本には、かなりの量が来そうだ、と期待できる……と思って、一安心する人も出そうだ。
 だが、ちょっと待ってほしい。仮に日本にワクチンが来るとして、それを接種するだけの医療体制があるのか? 下手をすると、無駄に腐らせてしまうだけではないのか? 
 冒頭の記事には、懸念する声が出ている。
 ただ、4月中旬のスタートからこれまでに終えた高齢者の接種は34万回余り。劇的にスピードを加速させ、首相が約束した7月末までに接種を終えることはできるのか。接種を担う自治体や医療の現場からは、戸惑いの声も上がる。

 現実には 100万回でなく 34万回 しかできていない。しかもこれは1日あたりでなく総数だ。1日あたりだと1万回ちょっとしかやっていない計算だ。実施率1%ぐらいだ。
 
 別の記事もある。
 2回目の接種を終えた65歳以上の高齢者(約3600万人)は4万5819人、医療従事者(約480万人)でも152万284人にとどまる(いずれも13日時点)。
 政府は10日と17日の週に計約1872万回分(1瓶6回接種換算)の高齢者ワクチンを各自治体に発送。その後も順次送り出し、6月28日の週には高齢者全員が2回打てる分量のワクチンが各地に届く見込みだ。「1日100万回」の供給体制は整いつつある。
( → ワクチン「1日100万回」、道筋どう描く- 産経ニュース

 「1日100万回の供給体制は整いつつある」とのことだ。たしかに供給体制は整いつつある。だが、問題は、接種体制だ。それが心許ない。

 別の記事もある。
 高齢者への新型コロナウイルスワクチン接種が4月12日にスタートして約1カ月。政府のまとめによると、5月10日までに少なくとも1回のワクチン接種を終えた高齢者は40.0万人。対象となる約3600万人の1.1%に過ぎない。2回目の接種まで終えた人は全体の0.01%で全国でたった1万5699人。横浜アリーナに収容できる程度の人数だ。
  …………
 残り3カ月足らず、高齢者3600万人×2回=7200万回の99.4%が残っている。

vaccine-ritu.png

( → 高齢者のワクチン接種、開始から1カ月でたった1% : 1日100万回への遠い道のり | nippon.com

 こんなことだと、米国からワクチンをもらっても、無駄に腐らせてしまいそうだ。
 というか、すでにそれが現実化しつつあるようだ。
 《 福岡で医療者ワクチンのロジが破綻 「大量のワクチンが眠ったまま」 》
 福岡。
 “超低温冷凍庫のある拠点病院(基本型接種施設)から、医療従事者が接種を受ける中小規模の病院(連携型接種施設)への移送などを手配する県の委託業者がパンクした"
 "拠点病院では大量のワクチンが眠ったままになっている。"

「ところが2回目まで終えたのは7日現在、約5万2千人で、希望者約21万人の25%にすぎない。県によると、委託を受けた広告代理店の情報集約、手配業務が追い付かずワクチンの行き場が決まらないままになっているのが原因という」
“県が業務委託した福岡市の広告代理店が地域の医療従事者の接種希望をまとめ、連携型と接種日程を調整し、基本型からの移送を手配する段取りだった”
 
   ̄ ̄
 「広告代理店に頼むってのがバカなんじゃないの?」
( → Togetter

 広告代理店に頼んだら、「接種しています」という広告ばかりをやっていて、接種はろくにやっていなかった……というジョークみたいな話。広告代理店はせっせと広告していたのなら、「ちゃんとやっていましたよ」と誇るかもね。
 何で広告代理店に頼んだかというと、竹中とか、パソナとか、電通とか、そういうキナ臭い奴らが理由だろう。たぶん。
 
 まったくひどいものだ。

 ――

 すると読者は言うだろう。「そういうときこそ、困ったときの Openブログで、うまい案を出せ」と。

 はい。わかりました。打ち出の小槌のごとく、うまい案を出します。ただし、私のアイデアではなく、既知のアイデアだ。先日、話題になった方法だ。
  → 福岡県宇美町が新型コロナウイルスワクチン接種会場で動きの遅い高齢者のために導入した方法が画期的



 この方式でやれば、接種回数が 10倍になる(能率が 10倍アップする)ので、1日100万回は実現可能だろう。
 「これで ほっとできる」
 と思う人が多そうだが、そう甘くはない。上のことがネットで話題になったあと、この方法が全国で採用されたかというと、そうでもない。一過性のネット上の話題になっただけで、ちっとも導入されていないようだ。テレビでワクチン接種のニュースを見ても、従来方式の接種ばかりだ。
  → 歯科医によるワクチン接種 神奈川・大和市で全国初(テレビ朝日)
  → 高知県内各地でワクチン接種進む(テレビ高知) - Yahoo!ニュース

 能率アップをもたらす方法があっても、それを実施することができないのだ。(馬鹿というのは、そういうものだ。)

 ――

 何しろ政府は、「システムに欠陥がある」と教えてくれた相手に、感謝するどころか、非難する。
  → 岸防衛相、朝日新聞出版と毎日新聞に抗議へ 架空の接種券予約で - 産経
  → 山口二郎教授 岸信夫防衛相の投稿に「欠陥を指摘してもらって、逆切れ」


 改善するべき点を教えてもらうと、感謝するどころか、非難する。
 こんなことでは、「ワクチンの接種の能率を 10倍アップする方法」を教えてもらったら、「現状は 10分の1の能率だと、おとしめるのか? 許せん!」と怒り狂いそうだ。

 ――

 で、その結果は? 1日 100万回の目標は、どこへ吹っ飛んだことやら。
 政府の目標は、たぶん、「五輪開催」ということだけなんだろう。それ以外はどうでもいいんだろう。というか、ほとんど何も考えていないんだろう。
  → 命か、五輪か 答えぬ首相 | 毎日新聞
  → 国会集中審議、野党が五輪中止を訴え 菅首相は同じ答弁繰り返す
  → 五輪開催、首相17回同じ答弁 国会騒然でも説明変えず:朝日新聞
  → 小沢一郎氏、菅首相の要領得ない答弁を「壊れたロボット」と批判
  → 【壊れた】菅総理、答弁がズレてバグってしまう。 - YouTube



 [ 付記 ]
 「ほとんど何も考えていないんだろう」
 と書いたが、これで思い出すのは、過去の類例だ。無能なトップの指揮下にある部隊の運命。
  八甲田山 死の彷徨。 インパール作戦。 ノモンハンの悲劇。

 詳細は下記。
  → ノモンハンとコロナ: Open ブログ

 こういう過去の事例が、日本の命運を暗示している。いずれも最悪のトップがいたときに起こった事例だが、その条件を、現在は満たしている。
 違いは? 過去の事例は部隊レベルだったが、現在の事例は国レベルだということだ。部隊が滅びても国は残ったが、国が滅びたあとに何が残ることやら。

 国破れて山河あり。
 
posted by 管理人 at 22:02| Comment(2) |  感染症・コロナ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 福岡の宇美町の担当課には、工場のラインで働いていた人がいたのでしょうね〜。この方法でも、医療従事者のほうが疲れてしまうので、椅子に座った高齢者がベルトコンベア式(スキー場のリフト式)に動くラインを作りたいところですね。工程の数(書類確認⇒身支度⇒酒精消毒⇒医師問診⇒接種⇒待機所案内)にもよりますが、20〜25mでいけるでしょう。しかし、「人間をモノ扱いするのか!」とか怒り出す輩が、いつものように湧いてきそうですが。
Posted by かわっこだっこ at 2021年05月19日 01:22
> 医療従事者のほうが疲れてしまうので

 私もそう思ったので、対策を考えました。
  ・ 男性補助員が、椅子を押してあげる。
  ・ 医者は予診だけにして、注射は看護師に任せる。

 前者は、無資格の男性補助員でいい。看護師資格不要。
 後者については、前に引用した話を参照。下記の通り。

> 予診に医師2人、接種に看護師2人、薬液充填・接種補助に看護師2人、接種後の状態観察に看護師1人
  http://openblog.seesaa.net/article/481410799.html

 つまり、注射は看護師に任せると公式に示されている。

 
Posted by 管理人 at 2021年05月19日 07:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ