2021年05月09日

◆ 朝日新聞デジタル が 500円

 朝日新聞デジタル(有料版)は、紙の新聞の購読者向けに月額 1000円で販売しているが、5月11日までは特別キャンペーンで、月額 500円になる。

 ――

 同様のキャンペーンはこれまでに何度もあって、「申込みから半年間に限り 500円」というものだった。
 しかし今回、5月11日までの申込みに限って、「永続的に 月 500円」に割引されるそうだ。元の 1000円から 500円引きだ。

 仮に 30年契約だと、
   500円×12カ月× 30年= 18万円
 なので、18万円の割引となる。 げげげっ。 大安売りだ。

 さっそく、私はポチりました。

  ※ 別途、紙の新聞の購読費が必要です。500円は追加分です。
  ※ 特に、家族の多い家庭で、お勧めです。紙の新聞を奪い合わないで済む。

 申込先: https://bit.ly/33tfSCh



 [ 付記1 ]
 使える端末は、1家族につき4個まで。PC と スマホを1人で使うなら、夫婦で PC 2台とスマホ2台ということかな。いや、各人2台ずつかな? 調べてみたら、次の記述があった。
Q 家族何人まで使えますか

A 1つのログインIDで、同居のご家族4人までご利用いただけます。なお、ご利用いただけるのは、本人および同居の家族に限ります。同時に閲覧可能な台数は4端末です。
( → 家族でのご利用 | Q&A(よくある質問):朝日新聞デジタル

 [ 付記2 ]
 紙の新聞の画像表示ができる 紙面ビューアー を使えるのも、有料版のメリットだ。これはけっこう便利だぞ。
 ブックマーク(お気に入り)に入れておくと、使いやすい。
 
 [ 付記3 ]
 使い始めてみたが、これ、思ったよりも、相当に便利だぞ。「紙をデジタル化することの便利さ」がはっきりとわかる。
 特に、自宅の外でも使えるのは、便利だね。

 [ 付記4 ]
 Amazon プライムを解約したら、月 500円の金が浮いた。
 Amazon プライム・ビデオは、無料のものが少ないので、ひと通り見たら、もう見るものがなくなった。面白いのは有料のものばかりだから、ナンセンス。
 こんなのに、月 500円もずっと払い続けて、損した。元を取れたのは、最初の数カ月間だけだ。

posted by 管理人 at 23:31| Comment(5) | 一般(雑学)6 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 ちなみにですが、一人暮らし(親と別居)の学生さんだと、月額2,500円(朝・夕刊)または月額2,000円(朝刊のみの配達地域)で紙の新聞が読めます。この学割だと、今回のキャンペーンに係わらず、デジタル版とのダブルコースはプラス500円みたいですね。
 まあ、この方法では、例え条件を満たしたお子さんがいても、その人が卒業したら値引きも終了なので、永年(30年以上!?)の継続値引きをお考えなら、今回のキャンペーンを利用したほうがいいですね。

 https://33.asahi.com/apply/w/order/?cmpn_cd=ga1d36&cid=Cclt_PR0001_Lis_gog0000___ga1d36_201906-0004&gclid=Cj0KCQjws-OEBhCkARIsAPhOkIY-MvPm81E0dZBPHkSYNdLr8OFPGEcHUBymZ1Pj976KmC5aKEEhOFgaAt_yEALw_wcB
Posted by かわっこだっこ at 2021年05月11日 00:43
 さらにさらに、Amazonプライムにも学割があります! 商品?名はPrime Student=B会費が半額(月額500円⇒250円)になって、他にもPCソフトが割引になったり、音楽サブスクリプションなどイロイロ特典があるようです。
 申し込みは「学籍番号」を入力するだけですし、さっきの朝日新聞のように販売員がワザワザ家まで確認しにくることもありません。同居だろうと別居だろうと、対象の学生さんが身内にいれば、家族(もしくは親族)の多くが恩恵を受けられます。なお、対象となる学校は「大学、大学院、短期大学、専門学校、もしくは高等専門学校」のようです。
 おまけに、通常のプライムから切り替えてから6か月(だったか)の体験期間は、その月額250円も無料になります。ちなみに私も利用しています 笑!

 https://field-mafia.com/amazon-prime-student-02/
Posted by かわっこだっこ at 2021年05月11日 00:58
 有料版は過去記事検索ができて、便利。関連記事を見るために、数週間前の記事を探すことがあるが、紙の新聞だと大変だった。ネットで記事を探しても、無料版だと半分以下しか読めないことが多い。
 有料版だと、簡単に過去記事が見つかる。また、「この記事の新聞切り抜きを見る」というのをクリックすると、該当の記事の紙面を画像で見ることができる。ビューアの一部だけの切り取り。

 あれこれと高機能があって、かなり時間を節約できる。私のように新聞をよく読む人にとっては、とても価値がある。500円は十分に元が取れる。
 普段「時間が足りない」と言っている人には、最適だ。

Posted by 管理人 at 2021年05月11日 13:39
「スクラップブック」という機能が便利だ。一種のメモ機能。
 私は本ブログを書くに当たって、朝日新聞の該当記事を引用することがしばしばある。そこで、
  ・ 下書きふうに記事をメモする
  ・ 実際に本文を書く
 という二つの手間がある。時刻も異なる。

 通常は、下書きページでメモを取るときにリンクを記すが、記事の方を簡単に記録しておくと、いちいち下書きページを作らずに済むので、手間がかからない。楽に済む。

 スクラップのページをブックマークしておくと、ふたたび訪れるのが簡単だ。
Posted by 管理人 at 2021年05月14日 10:58
 日曜の夕刊は休刊だが、デジタル版を取っていると、夕刊に当たる記事が読める。夕刊が一つ増えたようなもので、お得だ。

 ――

 照ノ富士が優勝したという記事を見ていて、ついでに昨日の「物言い」の取り組みが気になった。朝日の写真では、落ちる寸前なので、どっちが勝ったか微妙だ。
 ググったら、次の画像が見つかった。
  → https://www.chunichi.co.jp/article_photo_chuspo/list?article_id=258865&pid=1109417
 これで勝負がよくわかる。
Posted by 管理人 at 2021年05月23日 20:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ