2021年05月08日

◆ 茨城の殺人事件の経路

 茨城一家殺傷事件の容疑者が逮捕された。自宅から現場までの経路はどうだったか?

 ――

 この事件では、犯人がまったく浮かばず、謎に思えたので、私も推理してみたことがあった。しかし、いくら考えても、合理的な犯人像が思い浮かばず、まったくのお手上げとなった。
 その後、今回の容疑者が逮捕されたが、その犯人像はまったく非合理的なものだった。まともな頭で殺人をしたのではなく、殺人性癖のある粗暴な人間が衝動を抑えきれずに犯行をしたという感じだ。合理性もへったくれもない。それゆえ、当初の「合理的でない」という点には合致するので、真犯人としての要件を満たす。
 岡庭容疑者は16歳だった11年、14歳と8歳の少女を刃物で切りつけたとして、殺人未遂容疑で逮捕され、その後起訴された。
 さいたま地裁での裁判員裁判では「今のままでは、また(同様の事件を)やっちゃうと思う」などと話す一方で、こうした状態を「変えたい」とも述べ、専門家の指導を受けることを希望した。
( → 熊よけスプレー、容疑者購入 催涙成分入り 茨城一家殺傷事件:朝日新聞

 また、熊よけスプレーを購入していたのに家宅捜査では見つからなかった(故意に捨てた)という点も、状況証拠となる。
  → 熊よけスプレー、容疑者購入 催涙成分入り 茨城一家殺傷事件:朝日新聞

 ――

 とはいえ、一つだけ納得しがたいことがあった。それは経路だ。
 容疑者宅と現場は三十数キロ離れている。県警の説明では、岡庭容疑者は運転免許を持っておらず、事件当日の移動手段は分かっていないという。
( → 熊よけスプレー、容疑者購入 催涙成分入り 茨城一家殺傷事件:朝日新聞

ibarak.png

 地図を見ると、容疑者宅から犯行現場に行くには、川を越えなければならない。そのための橋はあるのだろうか? うまく橋が見つからないと、犯行現場に到達できないが。あるいは、遠回りをすることになるが。
 上の地図だけでは、そのことがはっきりとしない。「距離的に可能である」ということを示さないと、犯人だとは言えなくなる。

 そこで調べてみた。
 犯行現場は、ググればすぐに地図上の位置がわかる。それと照合すると、おおまかに次のような経路が見つかった。
  ※ 現場は「兎谷津へら鮒センター」の隣だ。






 約 34kmで、徒歩7時間という経路が見つかった。これならば、橋を渡ることができる。(詳細は、上の地図を拡大すればわかる。)

 ※ なお、上の経路は「徒歩」の経路だが、「自転車」の経路を取ると、橋を渡る代わりに、「川を横切って、道路でないところを進む」という異常な経路が示される。





 この地図の上方(現場付近)を拡大すると、こうなる。


map-ibaraki.png


 ここで点線で示されているように、川の中を自転車で横切って、さらに畑のなかを横切っていくことになる。地中を掘って進むか、空中を飛ぶか、どちらかだろう。まったく、わけがわからん。

 ――

 殺人事件の経路については、「到達可能」という結論がうまく得られたのだが、「Google マップにおけるバグ」という、新たな謎が生じたことになる。



 [ 付記1 ]
 朝日の記事によると、こうある。
 今回の事件当時、岡庭容疑者は24歳。捜査関係者によると、茨城県警が過去に同種の事件に関与した人物を調べるなかで浮上した。

 なるほど。過去の犯罪者を調べたのか。良い方法だ。よく頑張りましたね。警察を褒めておこう。


 [ 付記2 ]
 経路の距離は 34km だ。これは自転車で2時間なので、かなり頑張らないと、到達できない距離だ。
 とはいえ、女性や高齢者ではなく、24歳の若い男性なのだから、頑張れば、このくらいは可能だろう。到達できるギリギリぐらいの距離だと言えそうだ。
( ※ なお、上記の距離は片道である。実際には往復するので、距離は2倍となる。)

 ――

 ついでだが、「東京から群馬県まで、若い女性が自転車で往復する」という話がドラマにあった。(「半径5メートル」というドラマで芳根京子が演じた。翌日は足がパンパンになった、という設定。)
 試しに調べてみたら、群馬県の一番東京寄りでさえ、自転車で片道 100km 、6時間半もかかる。
  → Google マップ
 これを一日で往復するというのは、相当に厳しいね。芳根京子本人がやるとしたら、たぶん無理でしょう。

 [ 付記3 ]
 34km を自転車で行くというのは、かなり頑張る必要があるが、ロードサイクルのような自転車ならば、かなり楽に走破できる。だから、この容疑者が、ロードサイクルをもっていたかどうかが、重要な論点となる。



https://amzn.to/3o1p22z
(Amazon ベストセラー1位)



 そう思っていたら、「もっていた」という報道があった。
 岡庭容疑者は運転免許を持っておらず、普段はスポーツタイプの自転車に乗っていたという。県警は自転車で現場を訪れた可能性があるとみている。公共交通機関が使われた形跡はないという。
( → 容疑者、スマホで被害者宅周辺を撮影か 茨城一家殺傷:朝日新聞

 スポーツタイプの自転車に乗っていたということだから、これで容疑はバッチリ固まった。

 さらに、次の記述もある。
 容疑者宅を家宅捜索。押収したスマートフォンから、被害者宅の周辺を撮影した動画が見つかった。

 「被害者宅の周辺を撮影した動画が見つかった」ということから、容疑は決定的だ。私が裁判官なら、明確に「有罪」と判決するね。
posted by 管理人 at 20:42| Comment(1) | 一般(雑学)6 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 最後に [ 付記3 ] を加筆しました。
 スポーツタイプの自転車を所有していたと判明した……という話。
Posted by 管理人 at 2021年05月09日 12:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ