2021年04月01日

◆ 新キャベツの浅漬け

cabagge.jpg
 春だ。新キャベツがおいしい。浅漬けにするのがベストだろう。

 ――

 新キャベツは甘味が感じられておいしい。他の季節だと、ほのかな苦味があるので、私はキャベツが嫌いなのだが、新キャベツだけは別だ。苦味がなくて、おいしい。
 加熱してもいいが、加熱するなら、他の季節のキャベツと変わらなくなる。味も香りも落ちてしまって、無味無臭に近くなる。これではおいしくない。
 だから、加熱しない方がいいのだが、そのまま生で食べると、硬いので、食感が良くない。キャベツの千切りみたいなのは、あまりおいしくない。もっとおいしくして食べたい。


cabagge.jpg


 そこで良いのが、塩で揉むことだ。生野菜は、塩で揉むと、柔らかくなって、食感が良くなる。だから、キャベツを塩で揉むといい。(キュウリも塩で揉むといい。)
 といっても、いちいち手で揉むのは、面倒だ。手間がかかる。そこで、お手軽な方法は、「漬け物器で漬ける」ということだ。これなら、塩をまぶして、圧迫するだけで、半日後には、柔らかくなっている。
  → 漬け物器と浅漬け: Open ブログ



https://amzn.to/2tHGGg5


 柔らかくなったら、あとは、水で洗って、水にひたして塩抜きして、そのあとは、浅漬けとして食べることができる。浅漬けの調味液を使ってもいい。



https://amzn.to/328DVGq



 ※ いっしょにキュウリの薄切りも塩で揉むと、キャベツ相乗効果で、おいしくなる。



 [ 付記 ]
 ネットでは、「無限キャベツ」というような名称で、生のキャベツに味付けして、サラダのように食べる方法も人気になっている。
 だが、これだと、キャベツが硬いままなので、大量に食べるには向いていない。硬いと、たくさん食べるうちに顎が疲れる。野菜を大量に食べるには、やはり、生ではなく、柔らかくしてからの方がいい。ただし、加熱すると、風味が飛ぶ。だからこそ、「塩で柔らかくする」という方法がお薦めだ。

 ※ ネットで調べると、「無限キャベツ」には3通りある。
  ・ 切るだけ。
  ・ 切ってから、塩で揉む。
  ・ 切ってから、電子レンジで加熱して、さらに塩で揉む。

 「塩で揉む」という過程を加えたものは、柔らかくなるので、大丈夫だろう。
 ただし、無限キャベツは、味付けが強いので、飽きやすい感じだ。素朴な味付けの方が、飽きにくいので、何度も続けて食べられる。

 

posted by 管理人 at 23:34| Comment(0) | 一般(雑学)6 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ