2021年03月12日

◆ 防災用のモバイル電源

 震災の 10周年で、防災用品が話題になっている。いろいろあるが、スマホ用のモバイル電源がほしいところだ。

 ――

 防災用品としては、非常電源や非常食などが常識だ。セット販売されていることもあるが、自分で 100円ショップのものを買いそろえた人もいる。
  → 売られている防災リュックがピンとこないので…カバンから食料まで『100均だけ』で防災グッズを揃えて検証してみた→防災士もオススメ - Togetter

 100円ショップの商品では、うまく買えないものがある。リュックもそうだが、電気用品もそうだ。特に重要なのが、スマホ用のモバイル電源だ。
 結構安く買えるらしいので、アマゾンで調べたら、安い物は 3000円以下で買える。中でも今現在、タイムセールで、2,180円という激安商品がある。下記だ。



https://amzn.to/38xiqCp
( ※ 画像が見えなければ、AdBlock を Off にする。)



 大容量の割には、ずいぶん安くなったものだ。

 ただし重量には注意。412g もある。防災用品としては、重量よりも容量の大きさが大事だから、これでいい。( Phone8に6.2回分の電池容量)

 ※ バッテリーを防災袋に入れて、長期間放置すると、放電して、容量が減ってしまう。その意味でも、なるべく大容量のものが好ましい。放電して、容量が半分になっても、まだ使える。

 ――

 一方、普段の通勤・通学のときの予備電源としては、これは重すぎるので、実用にならない。
 そのための用途なら、もっと軽くて小容量のものにしたい。
 具体的にどのくらいの容量がいいかは、人それぞれだ。毎日大量にスマホを使う人なら、容量は多めがいい。ただし、分量が3分の1でも、重量は2分の1ぐらいになる。
 たとえば、下記の商品がタイムセールになっている。



https://amzn.to/2OnHwN2


 これは 10000mAh で、210 グラム。充電量は iPhone8に約3回、その他のほとんどスマートフォンに複数回の充電が可能、とのことだ。通勤・通学用には最適だろう。(ヘビーユーザー向け。)

 ――
 
 一方、あまりスマホを使わなくて、「万一の場合の予備電源が少しあればいい」ということなら、超軽量タイプ(少量タイプ)がいいだろう。たとえば、下記。



https://amzn.to/3lbZZbG


 これはたったの 58g しかない。容量は、冒頭の機器の 10分の1もないので、スマホの充電1回分にもならないが、半分以上にはなるようだ。自動車の簡易スペアタイヤみたいな用途だと思えば、機能が足りなくても軽量であることで埋め合わせが付く。
 あまりスマホを使わない人なら、これで足りるだろう。(防災用品ではないが。)

  ※ iPhone 専用なので、他機種の人には不向きです。
posted by 管理人 at 23:27| Comment(0) |  地震・自然災害 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ