2021年01月10日

◆ 大雪で立ち往生 2

 高速道路で、車の立ち往生が起こった。北陸自動車道。

 ――

 北陸道で 1000台以上が立ち往生しているそうだ。
  → 北陸道 福井で1000台余が立往生(午前11時)自衛隊が活動中 | NHK

 原因は、こうだ。
 雪でスリップした大型トラックが2車線をふさぎ、
( → 北陸自動車道で125台が立ち往生 福井:中日新聞Web

 
 動画もある。




 続報もある。
 北陸自動車道の上り線では雪による事故の影響で……
 事故のあと現場付近で渋滞していたおよそ330台はこの区間を出ましたが、別の事故の影響で後続の車が立往生し、10日午前11時の時点でも42台が立往生しています。
 しかし、その後もインターチェンジの閉鎖などに時間がかかって新たに車が入ってきたり、降り続いた雪で渋滞していた車が動けなくなったりして、10日午前11時の時点で下り線の2か所で合わせておよそ740台が立往生しているということです。
( → 北陸道 福井で1000台余が立往生(午前11時)自衛隊が活動中 | NHK

 まったく、何度も何度も、同じ失敗を繰り返すものだ。先に大渋滞があったときに、私は警告していたのだが。
  → 大雪で立ち往生: Open ブログ(2020年12月29日)

 ――

 では、対策はどうすればいいか? 
 上記項目では、次のことを提案した。
 「高速道路に入場する時点で、冬用タイヤ限定に規制する」

 これでよさそうに思ったのだが、それだけでは足りなかったようだ。そこでさらに、次のことを加える。
 「中型・大型トラック(最大積載量 4.5トン以上)は、高速道路に入場禁止とする」
 「一般乗用車は、チェーンなしで立ち往生した場合には、罰金 10万円を課する。同時に、その罰金の資金で、チェーンを無償交付して、その場で付けてあげる(装着費も無償)」

 後者は「料金 10万円で、チェーンを強制的に付けさせる」ということだ。これで、動けなくなる車は激減するだろう。
 「 10万円は高すぎる」と思うかもしれないが、値段が安いと、サービスする人員の人手が足りなくなる。大量の人員を用意して、あっという間に装着させるには高値にする必要があるのだ。
 「やだ、そんなに大金を払いたくない。暴利だ!」と思うのなら、高速道路に入る前に、チェーンを買っておけば済む問題だ。取り付け方がわからないのなら、隣にある車の人に頼んで、料金 2000円ぐらいを払えば済む問題だ。
 これさえもできないのなら、こう騒動に入るべきではない。一般道なら、立ち往生しても、罰金は取られないのだから。

 「払いたくても、手持ちの 10万円がない」と弁解する人もいそうだが、問題ない。罰金を払うのは、後日でいい。1週間ぐらいたってから、罰金を払うだけだ。
 なお、そのために、警察署に出向く必要はない。銀行か郵便局で納付するだけでいい。
  → 交通違反反則金の納付方法
 
 「なあんだ。警察に行かなくてもいいのか。だったら、払わないで、すっぽかしてしまおう」
 と思う人もいそうだが、そうなると、納付しない罪が生じるので、今朝いつのご厄介になる。不納付罪みたいな罪が発生するので、警察に出頭する必要が出てくる。
◎ 納付期限までに納付できなかった場合は、出頭指定日に通告センターに出頭してください。
◎ 期限内に納付された方は、出頭する必要はありません。

 と上のリンクに記してある。

 警察署の前で立ち往生しても、知らないよ。

 
posted by 管理人 at 14:24| Comment(0) |  地震・自然災害 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ