2020年12月18日

◆ 1兆円を泥沼へ投入

 1兆円という巨額の金が、ただの泥沼へ投入されつつある。血税の膨大な浪費。
 
 ――
 
 ここでいう泥沼というのは、抽象的な意味ではないし、比喩でもない。まさしく現実の泥沼に1兆円が投入されている。ただし正確に言えば、泥沼となっているものは、池ではなく海だ。泥沼となっている海。そこに1兆円が投入されている。その場所は、沖縄の辺野古だ。
 この問題については、朝日新聞の社説がうまく要約しているので、転載しよう。
 辺野古の工事は民意を踏みにじったまま進み、きのうで土砂投入から2年が過ぎた。来年9月までに予定面積の4分の1の埋め立てを終える計画だ。
 だが投入された土砂の量は、この11月末時点で4%に満たない。水深が深く、マヨネーズ並みとされる軟弱地盤が広がる海域が手つかずだからだ。国の試算でも完工までに12年、1兆円近い費用が見込まれ、米国の著名なシンクタンク戦略国際問題研究所(CSIS)は、先月発表した報告書で「完成する可能性は低い」と分析している。
( → (社説)土砂投入2年 理なき沖縄政策改めよ:朝日新聞

 初心者向けに解説すると、次の経緯があった。
  ・ 普天間基地が問題となっているので、基地を移転する必要があった。
  ・ 移転先として辺野古が選ばれた。
  ・ 辺野古の平野部は少ないので、基地の大半は海を埋め立てることにした。
  ・ 「埋め立てる場所の海は、軟弱地盤だから、埋め立て無理」という声が出た。
  ・ 「その意見は、反対派の意見だから」という理由で、政府は認めなかった。
  ・ 「軟弱地盤で埋め立ては可能だ」と言って、政府は埋め立てを強行した。
  ・ しかし埋め立てを強行しても、軟弱地盤では、埋め立ては完成しない。
  ・ 泥沼のごとき海に、土砂が次々と投入され、無駄金も投入される。← 今ココ。


 最終的には、1兆円が投入されて、何も完成しないままで終わりそうだ。その1兆円は、自然の破壊と、土建業者のボロ儲けと、自民党の袖の下となるわけだ。(だから自民党は推進する。)



 [ 付記 ]
 似た例は、他にもある。陸前高田で、人の住まない高台を造成するために、3000億円もの血税が投入された。これもまた巨額の浪費だ。
  → 数千億円の盛り土が無駄に: Open ブログ
  → 盛り土費用は1戸 5800万円: Open ブログ

 辺野古では泥沼(泥海?)を埋めるために1兆円が投入され、陸前高田では高台を作るために 3000億円以上が投入される。
 どちらもよく似ていますね。工事も似ているし、金の規模も似ている。
  ※ 陸前高田以外の分も含めると、東北の造成費の合計は1兆円。
 地面をかさ上げしたり、山を削って高台に宅地を造ったりする工事に、岩手や宮城、福島を中心に被災地全体で約1兆円が使われた。
( → 盛り土費用は1戸 5800万円: Open ブログ

posted by 管理人 at 20:49| Comment(2) | 一般(雑学)6 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そもそも、サンゴ礁でかさ上げられた水面は軟弱地盤であり、
屋上屋を重ね続けるしか・・・
Posted by yomoyama at 2020年12月19日 01:30
1兆円が投入されて、何も完成しないままで終わるんじゃなくて、さらに何兆円か投入して完成させるんじゃないかな。
このような金遣いを表現するのに「血税」という言い方してますけど、実際の税金は半分以下で、あとは未来の人に引き継がれる負債なんですよね。そっちのほうが悪いけど。そりゃ、誰も返さないつもりの借金だろうけど。
Posted by ばりかた at 2020年12月19日 14:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ