2020年12月13日

◆ コロナ対策は何をすべきか?

 政府がなすべきことはすでに指摘されているのだが、政府は実行する気がない。では、どうすればいいのか?

 ――

 政府がなすべきことはすでに指摘されている。
  ・ GoTo をやめること。
  ・ 検査体制を充実すること。
  ・ 医療予算(人員・機器)を増やすこと。
  ・ アビガンの承認を急ぐこと。

 他にもあるが、なすべきことはいろいろと指摘されている。

 しかし肝心の政府は、やる気がない。
  ・ GoTo は絶対やめない、と宣言。( → 別項 の (6) )
  ・ 医療予算は増やさない、と国会答弁。( → 別項 【 追記 】

 やるべきことはわかっているのに、政府自身が否定的なのだ。「やりたいけどやれません」ではなく、「やるつもりがありません」と言っているのだ。これはつまり「コロナ問題を解決する気がありません」と言っているのと同じだ。インパールにも似ている。「間違っているとわかっていても、あえてその方向に進む」というわけだ。

 ――

 では、こういうときには、どうすればいいか? 
 ネットでは、「こうすればいい」という指摘が出ている。特に、専門家や医師からだ。
  → 東京都の新型コロナの状況 個々人の努力に頼った新型コロナ対策は限界にきている(忽那賢志)
  → 旭川から医師が悲痛証言「医療崩壊は音を立てずに起こる」(FRIDAY)
  → Go Toトラベル「ステージ3の一部で一時停止を」コロナ分科会が提言:東京新聞

 いかにも有益なことを言っているようだが、実は、無効である。なぜなら、政府はインパール作戦をとっているからだ。
 政府は「正しい道がわからない」のではない。「指摘されているので、この道が正しくないとわかっているのだが、わかっちゃいるけどやめられない」というふうにして、猪突猛進しているのだ。真っすぐ進むことしか知らないイノシシに、「この道が正しい道ですよ」と、横に逸れる道を教えても、イノシシはそっちには進めないのだ。

 だから、専門家の立場で、政府に正しい道を教えても、そういうことはまったく無効なのである。相手は、知性のある人間ではなく、猪なんだから。

 ――

 では、どうすればいいのか? そこは、困ったときの Openブログ。きちんと示そう。こうだ。
 「政府に教えるのではなく、国民に教える。その上で、間違った方針を取る政府を批判せよ、と国民に告げる」
 すると、どうなるか? それを聞いた国民が、政府批判をするようになる。特に、政府支持率が減少する。このとき初めて、政府は専門家の「正しい道」を進もうとする。それまではずっと専門家の声を無視してきたのに。
 菅内閣の支持率は40%で、11月7日に行った前回調査の57%から17ポイント下落した。不支持率は49%(前回36%)で、菅内閣発足後、不支持率が支持率を上回ったのは初めて。
( → 菅内閣不支持率49%、初めて支持上回る コロナ対策評価せず62% 毎日新聞世論調査 - 毎日新聞

 12日の毎日新聞の世論調査での内閣支持率急落を受け、政府・与党内に動揺が広がっている。新型コロナウイルスの感染拡大が止まらないことが最大の要因とみられるが、「にやにやして危機感がない」「発信力がない」「リーダーシップがない」などと菅義偉首相に対する不満も噴出し始めた。
 自民ベテラン議員は「毎日感染者が増えて病床も逼迫(ひっぱく)しているのに、政府はろくな手を打っていない。みんな帰省もしないのに、GoToトラベルをいつまで引っ張るのか」と語気を強めた。
 政府内からも「GoToをやめなきゃ駄目だ。接触するなと言いながら旅行しろとか、むちゃくちゃだ」と嘆く声が上がる。
( → 「にやにやして危機感ない」「発信力ない」 支持率急落、首相に党内から不満噴出 - 毎日新聞

 支持率が下がって、やっと専門家の声に従おうとする。
 だからこそ、政府に対して物を言うよりは、国民に対して物を言うべきなのだ。

 特に、政府支持の度合いが甚だしい若者(スマホ視聴者)向けに、対策することが大事だ。
  ・ YouTube で、VTuber で宣伝する。
  ・ アニメやイラストや動画で宣伝する。
  ・ アニメで人気の声優を起用する。

 こういうふうにすれば、コロナ対策も推進されそうだ。
 
 ※ ただし、注意。内容は、コロナ対策の知識の普及ではない。国民の啓蒙ではない。政府の方針の批判をするように、国民を誘導することだ。

 ※ 結局、馬鹿なのは、政府ではなく、国民なのだから、国民に「手取り足取り」で教えるしかないのだ。特に、政治のことがわからない若者向けに。……たとえば、こう言ってやるべきだ。「きみたちが政府を支持しているから、政府は動かないんだよ。諸悪の根源は、きみたちだ。もはや馬鹿政府を支持するな。馬鹿を支持する人々も、馬鹿政府と同罪だ」と。

posted by 管理人 at 20:17| Comment(4) | 一般(雑学)6 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Go toトラベルは止める必要ないです。数字を見れば簡単に分かります。
Posted by やまさん at 2020年12月13日 20:53
 GoToトラベル を中止する必要があるかどうか……という話題は、下記項目で扱っています。
  → http://openblog.seesaa.net/article/478962381.html

 特に、その最後で、エビデンスが出ています。
Posted by 管理人 at 2020年12月13日 21:02
「政府がなすべきことはすでに指摘されている。」
「 GoTo をやめること。」
「エビデンスが出ています」
「感染再拡大、旅行が原因 英、遺伝子解析で結論―新型コロナ」
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020121000716&g=int
「「クリスマスに旅行を検討中の人々に対する警鐘と言える。なるべく地元にとどまるよう勧告する」」


GOTOトラベルをやめるだけではなく
旅行・移動制限や自粛を呼びかけるべきと
お考えでしょうか?
Posted by A at 2020年12月13日 22:36
 日本は英国ほどひどくはないので、制限や自粛をするべきかどうかは、難しいところです。医療の面では抑止した方がいいのですが、関連業界のためには抑止しない方がいい。飲食などは制限されていないのに、旅行だけを制限するというのは不公平でもあります。
 現時点では、そこまでしなくてもいい、という声も強いでしょう。

 GoTo は、感染を増やすために国の大金を払うという馬鹿げた愚行なので、金を払うのをやめさせたいという趣旨です。
 金を払わない分(各人の自発的な分)については、一概には決められません。
Posted by 管理人 at 2020年12月13日 22:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ