2020年12月04日

◆ 料理店で会話をするな(コロナ)

 大阪ではコロナで赤信号が点った。これ以上、どうするか? 料理店では、会話をしなければいい。

 ――

 大阪ではコロナで赤信号が点った。通天閣や太陽の塔は、赤色にライトアップされた。





 しかし人々は「これ以上、どうしたらいいのか」と困っているそうだ。
 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、大阪府内の警戒度は最高レベルになった。府は3日、独自基準「大阪モデル」の非常事態を示す「赤信号」をともし、飲食店への時短営業要請の延長や府民に不要不急の外出自粛などを求めた。
 「赤信号」の点灯から一夜明けた4日朝、大阪・梅田の地下街では、通勤する人たちが行き交っていた。
 同市北区の食料品店で働くアルバイトの女性(29)は「外出自粛でお客さんが減るのが不安」。4月に緊急事態宣言が出た際、勤務先が一時休業し、給料は減った。「コロナは怖いが経済も大事。店では消毒とマスクを徹底している。これ以上どうしたらよいのか」と肩を落とした。
( → 非常事態の大阪、師走の街に悲鳴「これ以上どうしたら」:朝日新聞

 一方で、京都では感染者が少ないそうだ。
 全国的に新型コロナウイルスの感染拡大が加速している中、「なぜ京都の感染者数は少ないのか」との声が、京都新聞社の双方型報道「読者に応える」に複数寄せられている。大勢の観光客が全国から訪れているにも関わらず、近隣の大阪府や兵庫県と比べても現時点で京都府は急激な感染増加に至っていない。
( → 京都のコロナ感染者、なぜ少ない? 混み合う観光地、府民は避けた?考えられる理由は…|京都新聞

 その理由は? 感染の理由は「混雑」や「密」よりも、「会食」だからだろう。マスクをしている限りは、混雑があっても大丈夫。それより、マスクを外して、会話をすることが問題だ。唾を飛ばして、その唾が食物にかかって、その食物を食べれば、感染するのは当然だ。

 私は前に「会食は二人までに」と述べた。と同時に、「感染がひどくなれば、二人も駄目で、一人のみ可」とも述べた。今の大阪は、その状況にある。
 つまり、今の大阪では、「会食は禁止。一人のみ可」とするべきだ。

 ただし、「会食は禁止」を守れば、「複数人でも可」となる方法がある。それは、次のことだ。
 「言葉を出さずに、筆談で済ませる」


 これは、「そんなのは面倒だ」と思われそうだが、現代の若者ならば、電子的に可能だ。
 「スマホでフリック入力をしながら、ラインで会話する」


 普通は離れたところで、ラインで会話をする。しかしコロナの期間には、料理店や喫茶店で、対面しながら、ラインで会話をすればいい。もともとラインに慣れているのだから、それは可能だろう。
 また、目の前に相手がいるので、顔を見ながらラインをすることができる。
 これこそ、いかにも現代的であって、しゃれているだろう。こういうのを推奨するべきだ。そうすれば、口頭の会話なしで、飲食ができる。



 [ 付記 ]
 NHK の「ガッテン」を見ていたら、山根千佳という女優が、未明の午前4島でずっとスマホをいじっているそうだ。「そんなにスマホばかりやらない方がいい」というアドバイスもありそうだが、「若い人がスマホをやめるのは無理でしょう」とも言っていた。すると山根千佳は「スマホをやめるなんて絶対に無理!」と叫んでいた。

 若い人は一日中、スマホ漬けのようだ。それだったら、実際に会って対面しているときも、スマホで対話すればいいのだ。

 ※ 電話よりもラインの方がいい、という若者が多いのだから、会っているときも、電話したり会話したりするより、スマホで筆談をすればいいのだ。それでコロナの感染も防げる。……これぞ名案というものだ。
 


 【 補説 】
 ガッテンの番組紹介はこちら。
  → ズキン!つら〜い頭痛!痛みを引き起こす意外な原因発見SP - NHK ガッテン!

 片頭痛の原因でよくあるのは、「まぶしい光」であるそうだ。山根千佳も片頭痛に悩んでいて、なかか眠れなくて、午前4時まで起きているらしい。
 で、片頭痛の原因は、「まぶしい光」なんだから、スマホ漬けになるのをやめればいいわけだ。なのに、「若い人がスマホをやめるのは無理でしょう」と言ったり、「スマホをやめるなんて絶対に無理!」と叫んだりするわけ。
 もう、頭が痛いわ。 (私は頭痛じゃないけど。)
 

 
posted by 管理人 at 23:59| Comment(0) |  感染症・コロナ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ