2020年11月09日

◆ 逆らうやつはクビ(菅)

 「逆らうやつはクビ」というのが、菅首相の方針だ。だからこそ学術会議の件では、絶対に譲ろうとしない。

 ──

 菅首相は、学術会議の問題では、断固として譲ろうとしない。法律面で自分に非があるということは、もはやはっきりとしているのだが、それでも意地になって、絶対に譲ろうとしない。
 これは一見、不思議なことである。世間からさんざん批判されているのだから、方針を改める方が、ずっと利口だろう。方針を改めて、6人を任命したからといって、特に不具合が生じるわけではない。6人が学術会議の委員として、政府批判の提言をするわけでもない。むしろ、任命すれば、世間から袋だたきになっている状況を脱することができる。ならば、さっさと方針を撤回して、6人を任命する方が、ずっと利口というものだ。なのになぜ、方針を改めないのか? 

 そのわけは、これが「見せしめ」であるからだ。つまり、「おれに逆らうやつは処罰してやる」ということだ。
 任命拒否とは、一種のクビのようなものである。つまり、菅首相は「逆らうやつはクビ」ということを誇示したいのだ。そこであえて見せしめのようなことをしたがるのだ。

 ではなぜ、そんな馬鹿げたことをしたがるのか? ジャイアンじゃあるまいし。子供の喧嘩じゃあるまいし。子供の仕返しみたいなことはをするのは、大人だったら、みっともないだけだ。なのになぜ、そんな馬鹿げたことをしたがるのか? 

 それは、「逆らうやつはクビ」というのが、菅首相の基本方針だからだ。この件は、ただの小さな問題であるように見えるが、実は菅首相の基本方針なのだ。彼にとっては基幹なのだ。一本の樹木でたとえれば、どうでもいいような枝葉末節ではなく、最も重要な幹なのだ。それを譲れば、全体が崩壊してしまう。だから絶対に譲れないのだ。


tree2.gif



 「逆らうやつはクビ」というのは、菅首相の一貫した方針である。これは彼の政治家としての基本方針でもある。
 特に官房長官時代には、これが頻発した。有名なのは、ふるさと納税に反対した局長を左遷したことだ。
  → Google 検索

 他にも、「反対する担当者をクビにする」というのは、いくつかの例で見られた。NHK の国谷裕子さんがクビになったのも、NHK の相澤冬樹 記者が左遷されたのも、官邸からの圧力があったからだと推定されている。NHK の会長も、官邸の意のままになった。( NHK の人は公務員ではないのだが。)
 これらの影響で、NHK の記者は政府寄りのことを言う人ばかりとなって、NHK の報道の中立性は破壊された。
 こうして「逆らうやつはクビ」というふうに人事権を行使することで、政府内や NHK を「独裁者の犬」にしたがるわけだ。

 ──

 一般に、独裁者体質の人は、「逆らうやつはクビ」という方針を取りたがる。トランプ大統領も、意のままにならない部下を、これまで何度も解任してきた。何度も何度もだ。
  → Google 検索

 のみならず、これを売りにして、テレビで番組をやっていたこともある。その口癖は「 You're fired 」(おまえはクビだ)である。

 あまりにも何度も口に出したせいで、最後にはこう皮肉られた。(大統領選で落選した直後)


 ──

 菅首相も、トランプ大統領も、スターリンも、独裁者というのは、みな似た体質を持つ。この件については、前にも論じたことがある。
 日本学術会議の新会員が6人任命されなかった件では、菅首相の体質が露見している。その本質は「反対者の粛清」だ。
( → 菅首相の方針は粛清だ: Open ブログ

 この延長上に学術会議の任命拒否がある、ということが、本項からもわかるだろう。

 実を言うと(学術会議の委員でなく)学術会議という団体そのものを粛清する……という冗談のような話もある。だが、これは現実だ。
 首相周辺はこれまで何度も、論点そらしの形で、学術会議を批判してきた。のみならず、組織そのものを「縮小」「削減」という形で粛清しようとしている。前に述べたとおり。
  → 学術会議を粛清する !?: Open ブログ

 まったく、独裁者というのは、ひどいものだ。
 そして、このような独裁者を歓迎するのが、日本国民なのである。
 NHKの世論調査によりますと、菅内閣を「支持する」と答えた人は、先月の調査より1ポイント上がって56%、「支持しない」と答えた人は、1ポイント下がって19%でした。
( → 菅内閣を「支持」 1ポイント上がり56% NHK世論調査 | 2020年11月9日

 悪夢のようだが、これが現実だ。

posted by 管理人 at 21:23| Comment(3) | 一般(雑学)6 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「世間からさんざん批判されているのだから、方針を改める方が、ずっと利口だろう。」
「むしろ、任命すれば、世間から袋だたきになっている状況を脱することができる。」

毎日新聞世論調査2020年11月7日
https://mainichi.jp/articles/20201107/k00/00m/010/124000c

日本学術会議の新しい会員として推薦された6人の任命を菅義偉首相が拒否したことについて
「問題だとは思わない」44%
「問題だ」37%

菅政権が学術菅内閣支持率57%会議のあり方について見直しを検討していることについて
「適切だ」58%
「適切ではない」24%

NHK世論調査2020年11月9日
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201109/k10012702831000.html
日本学術会議」が推薦した会員候補の一部を任命しなかったことについて、
菅総理大臣のこれまでの説明は十分だと思うか聞いたところ、
「十分ではない」62%、
「十分だ」17%、

政府と自民党が、「日本学術会議」のあり方を検証するとしていることについて、
「適切だ」45%
「適切ではない」28%


国民は菅首相の学術問題について説明不足だと感じているが
6人を指名しなかったことについては問題ないと感じている人が多く
学術会議のありかたを見直すor検証することについては
概ね賛成のようです。

管理人さんのいう
「袋叩きにあっている状況」とは支持率の少ない野党が国会で追求し
(菅首相の答弁がグダグダで支離滅裂)ていることを指しているのでしょうか?
Posted by A at 2020年11月10日 00:34
 学術会議の件での世論調査で政府支持率が高いのは、「何のことかよくわからないので、黙っているけど、わからないから、政府を支持しておこう」という人が大多数だからです。

 わかっている人は政府を批判しているので、声を上げている人々だけを見ると、政府批判が圧倒的多数となります。
 政府支持の声を上げている人は、ごく少数なので、マスコミに出ると目立つ。
Posted by 管理人 at 2020年11月10日 06:37
 毎日新聞の記事の孫引き。

 ──

> 「今度の日本学術会議人事は、菅義偉首相が認めなくても、公安関係者によれば、安倍政権の特定秘密保護法・安全保障関連法・共謀罪法に反対した学者を見せしめに排斥する狙いが濃厚という。」

https://bunshun.jp/articles/-/41422?page=3

毎日:(有料記事)
https://mainichi.jp/articles/20201107/ddm/005/070/006000c
Posted by 管理人 at 2020年11月10日 19:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ