2020年11月03日

◆ カツサンドを作ろう

 おいしいカツを買ってきて、手作りサンドイッチを作ったら、非常に美味だった。

 ──

 「コンビニのサンドイッチは、ハリボテふうで、詐欺同然だ」という話を、前に記した。
  → サンドイッチの詐欺: Open ブログ

 そこでは、「手作りのサンドイッチを作ろう」という話もした。
 「コンビニなどの昼食は、どれもこれも、高くて、まずくて、少なすぎる。自炊の方が圧倒的に優れている」

 特に、サンドイッチは典型的だ。コンビニのサンドイッチは、見かけだけは立派だが、具がほとんど入っていない。こんなものを食べるくらいなら、スーパーでトンカツを買って、自分でカツサンドを作る方が圧倒的に上だ。

 先日、非常に疲れていたので、とりあえず、スーパーでトンカツを買って、手作りサンドイッチを作ってみた。こんなものは、あっという間にできる。
 で、食べてみたところ、トンカツがいつものとは違って、ロースカツだったので、カツサンドが非常に美味だった。肉の味もたっぷりだし、肉はジューシーだし、(牛の)ステーキを食べているような満足感が得られた。


katsusando.jpg


 ちなみに、カツサンドで有名なのは、これ。
  → まい泉のヒレかつサンドへのこだわり|とんかつ まい泉

 このカツサンドは、もちろん、おいしい。弟が手土産にときどき買ってくるので、私も何度か食べた。ただし、量が少ない割には、かなり高額である。

 で、それと比べると、手作りは、……
  ・ 価格は同程度。
  ・ 量は5倍以上。
  ・ 肉質は同程度以上。
  ・ 味も同程度以上。

 コスパから言って、圧倒的に上である。10倍ぐらい上だと思っていい。たいして手間もかからず、これほどコスパのいいものが食べられるのだから、カツサンドは非常にコスパがいい。

 ひるがえって、コンビニのカツサンドは、ひどすぎる。肉の量は手作りに比べて、 10分の1どころか、30分の1ぐらいしかなさそうだ。それでいて、金額はたいして違わないのだから、コスパは非常に悪い。

 ──

 さて。こんな話をふたたび書いたのには、理由がある。次の記事を見たからだ。
  → (フロントランナー)NPO法人キープ・ママ・スマイリング理事長 光原ゆきさん:朝日新聞
 朝日新聞・週末版 be に掲載された特集記事。趣旨は次の通り。
 難病の患者の母親が、娘を病院で介護するとき、自分自身への栄養補給がなおざりになる。疲れて忙しいので、食事を作る手間がないので、勢い、コンビニ弁当ばかりになる。しかしこれでは栄養的に貧弱すぎる。困ったことだ。そこで、栄養のある缶詰(特に野菜)を作って、提供している。

 例によって朝日新聞は「すばらしい」と持ち上げているが、これは事業的に成立しているわけではない。野菜のおかず缶詰を作って、既存の魚の缶詰などと組み合わせると、たしかに栄養的には満たされるようだ。だが、あまりにも高価なので、売れるわけではない。寄付の金を得て、無償で配布する形になるらしい。商業でなく慈善事業の形でしか成立しないわけだ。
 要するに、暇な金持ちの道楽であるにすぎない。金が尽きれば、それで終わり。一種の自己満足。

 そこで、こういう(高コストすぎる)夢想的な事業のかわりに、私は代案を出すわけだ。
 「手作りのサンドイッチを作ろう。それなら、栄養もたっぷりだし、金額も安い」
 と。

 ──

 さて。人はパンのみにて生きるにあらず。野菜も必要だ。

 カツサンドだけでは野菜が足りないから、野菜サンドイッチを作ってもいいし、野菜は別途、サラダとドレッシングで食べてもいい。

 あるいは、今ごろの季節なら、白菜の浅漬けを作ってもいい。作り方は、下記にある。
  → 漬け物器と浅漬け: Open ブログ



https://amzn.to/328DVGq


 別途、お手軽なものとして、フルーツ缶詰もある。特に、パイナップルの入っているトロピカルフルーツ缶詰だと、食物繊維が多いので、好ましい。

 ──

 ともあれ、コンビニ弁当やコンビニサンドイッチは最悪で、栄養的に問題がある。で、野菜の缶詰を併用すると、栄養的には問題が解決できるが、コスト的には高額すぎて論外だ。
 ここはやはり、手作りのサンドイッチがお薦めだ。手間は最小限で、栄養価の高いものが取れる。



 [ 付記 ]
 上記は、疲れているときの話です。
 疲れていないときには、普通に自炊するのが最善だ。

 ネットでは、男の料理として、スパゲッティが人気だ。冷凍スパゲッティをお薦めする人もいるが、栄養が不足する(肉不足)ので、私はお薦めしない。
 
 スパゲッティを茹でるときには、「アルデンテ」にするのが標準らしい。しかし私は、別のことをお薦めする。それは、こうだ。
 「 30度ぐらいのぬるい水に、30分以上ひたして、麺を柔らかくしておく」
 こういうふうにすると、生麺みたいに柔らかくなるので、美味にできる。ゆで時間も短くて済むので、省エネになる。
 茹でたあとは、そのままでもいいが、油で炒めると、「表面が硬くて、内部が柔らかくてモチモチになる」という感じになって、美味である。(パンのトーストも同様で、表面が硬くて、内部がモチモチだ。)
 この作り方は、「中心が硬い」というアルデンテとは逆である。「逆アルデンテ」と言ってもよさそうだ。
 この方式のスパゲッティに慣れたあとで、普通のアルデンテのスパゲッティを食べると、「まずくて食えたものじゃない」という気がする。アルデンテは、冷凍スパゲッティに比べると、はるかに劣るね。

 なお、スパゲッティは、私はすぐに飽きた。やはり、おいしいのは、ラーメン(中華そば)だ。五目ラーメンみたいなのを作ると、スパゲッティよりははるかに美味ですね。そもそも材料からして、スパゲッティよりはずっと豊かな材料を使うし。
 中華料理は、さまざまな具材を使えるし、手間は炒めるぐらいだし、「味/手間」の比率が抜群ですね。「味覇」または「創味シャンタン」と、香辛料と、片栗粉があれば、あとは材料しだいで、おいしい中華料理ができる。



https://amzn.to/32aPfBP


 ※ 中華料理は、残った野菜を片付けるのにも、最適だ。たとえば、「ネギの薄緑の部分」「大根の茎」「使いかけで残った人参やタマネギ」などを、全部いっしょに使うことができる。余った野菜が片付く。



 【 追記 】
 朝日の記事に反対するだけでは詰まらないので、代案を出しておこう。こうだ。
 「病院には電子レンジを設置する。手弁当などの持ち込んだ食品を自由に加熱できるようにする」
 これで、カツサンドや手弁当などを加熱すれば、暖かい食事を取ることができるようになる。

 ──

 朝日の記事では、「とても売れそうにない高価格の品を、買ってもらうかわりに、無料配布する」という話だった。その財源としては、寄付に頼るしかないのだが、寄付の案として、次の話があった。
 「缶詰を特別に高価格で一般販売して、その上乗せ価格の分で、無料配布を実行する」
 たとえば、400円の缶詰を、500円で売って、差額の 100円を無料配布の寄付に回す、というわけだ。

 しかしこれは、フェアトレードと同様の商法だ。おのれの無駄を隠蔽するために、他人の善意を利用しようとしている。一種の詐欺に近い。
 こんなことをするくらいなら、最初から普通のことをやる方がいい。つまり、こうだ。
  ・ 単純に寄付を募る。
  ・ 独自缶詰のかわりに、普通の缶詰を送る。


 たとえば、単純に 100円の寄付をもらって、その寄付の金を集めて、既存のフルーツ缶詰や、ツナ缶詰や、サバ缶詰を贈る。……これならば、まったく無駄がないので、効率的だ。
 朝日の記事の方針は、素人の馬鹿げた思いつきのために、莫大な無駄を発生させるものだ。経済観念や効率を無視したもので、フェアトレードに似ている。
 そう言えば、こういう「善意だけがあって効率をまったく無視している」という愚行をやるのが、女性に多いのは、どうしてでしょうね? 数字で考えることができないからだろうか? 
 
posted by 管理人 at 23:17| Comment(3) | 一般(雑学)6 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 最後に 【 追記 】 を加筆しました。
 タイムスタンプは 下記 ↓
Posted by 管理人 at 2020年11月04日 08:00
カツサンドにするなら、
東京圏の人でしたら、京成線の立石の駅前の
愛知屋さんのメンチカツやレバカツをソースでパンに挟んで下さい。
ソースはウスターでも中濃でも。
レタスやキャベツは、あれば旨いのは当然。

だけどサンドでなく、揚げたてのレバカツが一番です。
挟むなら冷えても旨い近江牛のメンチカツ。
Posted by メルカッツ at 2020年11月05日 22:17
 夕方のテレビニュースを見ていたら、サンドイッチの具で圧倒的な1位は、たまごサンド。(炒り卵・卵焼き・ゆで卵などを挟む)
 カツサンドは、ベスト6に入らなかった。
Posted by 管理人 at 2020年11月07日 00:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ