2020年09月24日

◆ 紙の新聞には写真面を

 紙の新聞には写真だけを掲載する面を設置するべきだ。特に、1面を写真だらけにするのが好ましい。

 ──

 わかりやすく言うと、1面をサムネの写真で埋め尽くしてしまえ、ということだ。
 どうしてか? そもそも普通の記事においてと、カラーであるべき写真がモノクロで掲載されるせいで、写真がほとんど無意味になる例があるからだ。
 その例は、下記だ。
  → (語る 人生の贈りもの)松永真:15 2大巨匠、おやじ・兄貴と慕い:朝日新聞

 グラフィックデザイナーの松永真という天才の業績が回顧されている。すばらしいシリーズ記事だ。
 本日 24日 の記事では、「燃える日の丸」というテーマのイラストが掲載された。上記記事がそうだ。
 この記事では、画像がカラーになっているので、問題ない。ところが紙の新聞では、これがモノクロになっている。赤いはずの日の丸が、灰色になっている。唖然。これではまったく意味がない。

 この記事の隣には、コム・デ・ギャルソンの記事があるが、ここでも、画像は灰色になっている。ネットでは下記。
  → 怒りで創作、元気になる服を コムデギャルソン・川久保玲が語る:朝日新聞デジタル
 このネット上のカラー画像を見て、初めてその作品の状態がわかる。紙の紙面では、モノクロなので、何のことかはっきりとはわからない。

 ──

 その一方で、同日の朝日新聞では、どうでもいい写真がカラーで掲載されている。田舎の狩猟民のスナップ写真(2面)や、スーパーの店内写真や、サッカーの選手の姿などだ。これらは、カラーで掲載する意味は、ほとんどない。白黒でも十分だ。

 まったく、ひどいものだ。どうしてもカラーで掲載するべき文化的な写真はモノクロにして、どうでもいい一般写真をカラーで掲載する。やることが、正反対だ。

 ──

 では、どうすればいいか? カラーにする面とモノクロにする面をうまく分ければいいか?
 実は、そう単純ではない。というのは、新聞は、最初の方のページと、最後の方のページが、つながっているからだ。1枚4面で、4の倍数となる。32面ならば、(1,2面)と、(31,32面)面が、セットになっている。1面と32面をともにカラーにすることはできるが、片方だけをカラーにすることはできない。融通が利かないのだ。困った。

 ──

 では、どうするか? こうすればいい。
 「写真を掲載するための専用の面を設ける。特に、1面を写真専用の面とする。カラー写真が必要な場合には、1面に写真を掲載する。そこには、小さなキャプションを設けて、該当の面への案内も示す」

 たとえば、冒頭の記事の例では、「燃える太陽」のカラー写真を1面に掲載して、そのキャプションを記して、紙面の面数も示しておく。
 一方、本記事の方には、小さなモノクロ写真だけを掲載して、「1面にカラー写真」と付記しておく。
 
 これで、万事解決だ。



 [ 付記1 ]
 この方式だと、1面にはきれいなカラー写真が並ぶので、新聞の魅力が高まる。「写真を見てから、写真に引かれて、記事を読む」という読み方ができる。画像から先に入るわけだ。そのことで、新たな読者を獲得できそうだ。
 たとえば、家に新聞が来ても読む気のなかった子供たちが、「あ、この画像、面白いじゃん」と感じて、気になって、本文記事を読むようになる。こうして若手の新たな読者を獲得できる。すると、新聞の購読数の減少を阻止できる。

 [ 付記2 ]
 こういうことをやらないから、朝日新聞の購読者は激減していく。
  → スクープ! 朝日新聞が遂に500万部割れ 実売は「350万部以下」か:FACTA ONLINE

 やるべきことをちゃんとやらないと、そのうち新聞がなくなるぞ。そうなると、あとは政府広報の媒体(放送局)しか残らなくなる。



   ※ 以下は、読まなくてもいい。ワープロの「フィールド」の話。


 【 追記 】
 新聞は版ごとに紙面の数が異なる。たとえば、東京版は 32面あって、東北版は 28面である……というふうに。この場合、記事の掲載される面の数は異なるので、版を変えるごとに、1面の写真に添えられる 【 25面 】 というような数字は変化する。
 だが、版ごとに数字が変わると、記載エラーが起こりかねない。人間がやっている限りは、どこかでエラーが起こるだろう。困った。
 これを解決する方法は、簡単だ。特別なアイデアを使う必要はない。IT知識だけで足りる。それは「フィールド」という機能だ。

 MS-Word には「フィールド」という機能があり、これで、脚注や注釈やページ番号などを処理できる。HTML タグのようなもので、表面には見えないところで付随機能が働く。
 たとえば、【 25面 】 というような面数を自動処理したいときには、
   【 {field:A37}面 】
 のような形でフィールドを記載するといい。すると、フィールド番号 A37 の記事の位置は、東京版では 25面だとわかったら、自動的に 【 25面 】 と印刷されるようになる。東北版では 23面だとわかったら、自動的に 【 23面 】 と印刷されるようになる。
 
 フィールド表示 ON では、こう表示される。
   【 {field:A37}面 】

 フィールド表示 OFF では、こう表示される。(例)
   【 25面 】

posted by 管理人 at 21:55| Comment(2) | 一般(雑学)6 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>「写真を掲載するための専用の面を設ける。特に、1面を写真専用の面とする。カラー写真が必要な場合には、1面に写真を掲載する。そこには、小さなキャプションを設けて、該当の面への案内も示す」

⇒ うーん、UI/UX(ユーザーインターフェース/ユーザーエクスペリエンス)的には逆じゃないでしょうか。紙の紙面には、見出し、記事文章、そしてQRコードを掲載しておきます。写真が見たくなったら、QRコードにスマホをかざせば、高精細のカラー写真がすぐに手元で見られるという方式です。長い文章をじっくり読むならスマホの小さい画面より紙のほうが適していますし、写真を見るだけなら今のスマホ画面の大きさで十分でしょう(現状の紙に印刷された写真よりも大きくなりそう)。

>[ 付記1 ]
> この方式だと、1面にはきれいなカラー写真が並ぶので、新聞の魅力が高まる。「写真を見てから、写真に引かれて、記事を読む」という読み方ができる。画像から先に入るわけだ。そのことで、新たな読者を獲得できそうだ。

⇒ これはわかります! だから、上で私が書いた内容にかかわらず、ビジュアル的に全体の内容が分かる「ポータルページ」みたいなものはあったほうがいいですね。これと似たような話で、週刊少年ジャンプの漫画アプリのUIについて編集部にわざわざDMで提案してきた大学生が、以前に話題になっていましたね。その大学生の彼曰く、「@ 若者がアプリを使うときは短い時間で自分の心に刺さるもの≠カゃないとすぐ離脱してしまう。A 選択したくない≠ニいう若者の欲求がある。そもそも選ぶのすら面倒くさいと感じる。B レコメンドによって漫画のコマが自動で流れてくる TikTok のような形が理想かなと思う」だそうです。

https://note.com/jumpdigitallab/n/ne9c19084fb4c


Posted by かわっこだっこ at 2020年09月25日 01:38
 最後に 【 追記 】 を加筆しました。
Posted by 管理人 at 2020年09月25日 10:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ