2020年08月09日

◆ 換気の滞留領域

 換気のために換気扇を働かせても、空気が流れず滞留している領域が残るそうだ。

 ──

 NHK の ガッテン で言っていた話。
 まあ、当り前と言えば当り前だが、いちいち留意しないと忘れがちなことでもある。

 たとえば、四角い部屋があって、東側の窓から、北側の換気扇へと空気が流れる。そこには「風の道」ができる。
 この場合には、南側や西側の空間にある空気は、換気されずに滞留してしまう。

 下記に詳しい話がある。図入り。
  → 新型コロナウイルス感染対策のひとつ「室内換気」について

 この問題を解決するには、扇風機を使って、首振り機能などで、室内の空気を掻き混ぜればいいそうだ。専用のサーキュレーターでもいいが、これだと首振り機能がない分、弱いかも。

 ──

 なお、コロナ対策では換気が大事だという話は、前に述べたことがある。
  → NHK のコロナ番組(可視化): Open ブログ
 
posted by 管理人 at 13:15| Comment(0) |  感染症・コロナ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ