2020年07月24日

◆ Go To キャンペーンは失敗

 Go To キャンペーンは、賛否両論があったが、今や賛成者も批判に転じたようだ。失敗は明らかだ。

 ──

 Go To キャンペーンは、賛否両論があったが、今や賛成者も批判に転じたようだ。一例が、下記にある。(ネットの観光業の人。)
 一昨日くらいまでなんだかんだでGoToはやった方がいいと思っていた。
 業界全体が前年比97%減と死活問題に直面しているいま、旅行してもいい、とういメッセージを国が主体となって発信してくれることはものすごく重要だった。正直、観光市場は年間25兆円規模の巨大マーケットなので、1.7兆円なんてほんと雀の涙でしかない。だけど、GoToで直接市場にばらまかれるお金と、それに誘発されて動くと思われる個人資産の数兆円と、旅行をしてもいいんだという空気感がまた生まれることが希望だった。
 日本の将来を考えた時に多額の税金を投じて取り組む価値がある政策だと思っていた。
 GoToは1兆7000万円をばらまくのではなく、1兆7000万円で旅行のできる世の中を買うものだと思っていた。だから青写真は普通に支持できるものだった。
 でも正直、今となっては私の期待は打ち砕かれ、前に進めなければ後ろにも下がない、1.7兆円が無為に帰すだけのただの虚無になったと思っている。
( → 「GoToキャンペーン」の虚無を言語化する|HOTEL SOMEWHERE|note

 この記事の目次には、「(おそらく)秒で消化される予算」という項目がある。これは、次のことによるのだろう。
 観光市場は年間25兆円規模の巨大マーケットなので、1.7兆円なんてほんと雀の涙でしかない。

 なるほど。25兆円の規模に、1.7兆円の半額補助となると、売上高は 3.4兆円だから、1割ちょっとだ。2割にも満たない。夏休みの観光規模が大きいことを考えると、1カ月分にも満たない額だ。これでは、実施しても、あっという間に消えてしまいそうだ。

 ともあれ、この記事では、Go To キャンペーンがただの無駄(有害無益)になったことを感じているようだ。
 これはまさしく正しい。感染拡大のさなかで 「GoTo感染会」なんかをするのは、まさしく狂気の沙汰だからだ。
  → Go To 感染会: Open ブログ

 ──

 朝日新聞のエッセイでも、伊東理佐という漫画家が、GoToキャンペーンをやる政治家を批判している。
 わたしはでっかい声だった。
「間違えた、って言って、気づいた時すぐやめればいいんだ。なんで途中でやめられないんだバカ」
 と言ったのだ。

 言ってすぐさま、その言葉が自分に跳ね返ったので、反省した……という笑い話みたいな文章。

 とはいえ、気づいた人はまだマシだ。
 いまだに「 Go To キャンペーンは良い事業だ」と思って、旅行拡大を推進している人がけっこう多いのだから、呆れた状況だ。
 なかでも、改められない政府は最悪だね。

 今後、東京都が 366人を越えて、どんどん拡大したら、どうするつもりなんだろう。

 ちなみに、全国の数値はこうだ。ほとんど指数的な急拡大となっている。(新規感染者数)


zenkoku-07-24.png
出典:Worldometer




 [ 付記 ]
 イスラエルはもっとひどい、という報道もある。人口は日本よりも圧倒的に少ないのに、日本を大幅に上回る感染者数になっている。一時はほとんど収束させることに成功したのだが、ロックダウン解除後に急増したそうだ。
  → 第2波対策、揺れるイスラエル 早すぎた経済再開/規制再強化後ろ向き:朝日新聞

 ロックダウンは3月19日に始まり、5月5日に緩和された。
  → イスラエルのロックダウン、47日でほぼ終わる|

 当初のロックダウンは非常に強力なもので、マスク義務化も併用された。そのせいもあって、いったんはコロナを収束された。5月中も感染者は少なかった。しかし6月から増え始め、7月には急増している。大流行と言えそうだ。
 それでも経済が持たないという理由で、再度のロックダウンは実施しない見込みらしい。
 
 ※ 私の想像では、マスクをしない人が多いから。
 ※ 日本の方がまだマシなのは、マスクをする人が日本ではまだ多いから。
 ※ 日本でも最近は増えているのは、マスクなしや、多人数会食が増えているせい。
 
posted by 管理人 at 10:01| Comment(1) |  感染症・コロナ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
NHKニュースより
『北海道 新型コロナ感染の80人 宿泊療養先ホテルに入れず』
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201108/k10012701681000.html


ニュースでは明確に言及されていませんが、
「感染者の急激な増加でホテルの入退所の手続きが遅れたり、スケジュールの調整に時間がかかったりして、7日の時点で80人がホテルに入れず、自宅療養を余儀なくされている」の件(くだり)、go toトラベルの影響で旅行者の宿泊が増加していることが原因のひとつかもしれませんね。

Posted by 反財務省 at 2020年11月08日 23:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ