2020年07月24日

◆ アビガンの有効性が証明 2(インド)

 アビガンが有効だという証明がなされた。インドで治験がなされて、有効性が統計的に判明した。

 ──

 先に示したように、バングラデシュでは、アビガンの有効性が二重盲検法で証明された。
  → アビガンの有効性が証明1 : Open ブログ

 それに続いて、新たな報道が出た。インドでも、アビガンの有効性が統計的に証明された。
 つまり、150 名を対象にした非盲検無作為化多施設共同臨床試験で、およそ 40% ぐらいの効果があると統計的に判明したという。

 情報のリンクは下記。
   → Glenmark

 これを丸ごと転載して、機械翻訳を添える。

Press release For immediate distribution Glenmark Announces Top-Line Results From Phase 3 Clinical Trial of Favipiravir in Patients with Mild to Moderate COVID-19 Phase 3 Trial Demonstrates Statistically Significant Faster Time to Clinical Improvement with Favipiravir Treatment in Mild to Moderate COVID 19 Patients Compared to ControlMumbai, India;
July 22, 2020: Glenmark Pharmaceuticals Ltd. ? a global research-led pharmaceutical company - today announced top-line results from a Phase 3 clinical trial in mild to moderate COVID-19 patients conducted across seven clinical sites in India.
The open-label randomized, multicenter clinical trial, conducted in 150 patients, evaluated the efficacy and safety of Favipiravir plus standard supportive care (Favipiravir treatment arm), versus standard supportive care alone (control arm), in mild to moderate patients, randomized within a 48 hour window of testing RT-PCR positive for COVID-19.

Favipiravir is a broad spectrum oral antiviral drug that selectively inhibits RNA-dependent RNA polymerase (RdRp) and the viral replication phase of SARS-CoV-2, and is being studied in multiple ongoing international clinical trials. Patients in the Glenmark Favipiravir clinical trial received Favipiravir tablets 3,600 mg (1,800 mg BID) (Day 1) + 1,600 mg (800 mg BID) (Day 2 or later) for up to maximum of 14 days, along with standard supportive care.
Randomization was stratified based on disease severity into mild (90 patients) and moderate (60 patients). Results from the Phase 3 trial showed numerical improvements for the primary efficacy endpoint with 28.6% faster viral clearance in the overall population as measured by the median time until cessation of oral shedding of virus in the Favipiravir treatment arm compared to those in the control arm (Hazard Ratio 1.367 [95%CI 0.944,1.979]; p=0.129).
Key secondary outcome measures for clinical improvement demonstrated the efficacy and benefit of Favipiravir treatment arm over the control arm: ?40% faster achievement of “clinical cure” defined as the physician’s assessment of normalization of clinical signs ? temperature, oxygen saturation, respiratory rate and cough with a statistically significant reduction in median time to clinical cure in the Favipiravir treatment arm (3 days [95%CI 3.0, 4.0]), compared to the control arm (5 days [95%CI 4.0,6.0])(HR 1.749 [95% CI 1.096, 2.792]; p=0.029). ?69.8% of patients in the Favipiravir treatment arm achieved clinical cure by Day 4, which was statistically significant compared to 44.9% observed in the control arm (p=0.019). ?Amongst patients who clinically deteriorated and required oxygen support, those receiving Favipiravir had a longer median time to first time use of oxygen of 5 days (95%CI 1.0,6.0) versus 2 days (95% CI 1.0-4.0) in the control arm.
 Additionally, Glenmark’s Favipiravir was well tolerated with no serious adverse events (SAEs) or deaths in the Favipiravir treated arm. One SAE occurred in the control arm and resulted in death due to worsening clinical disease and acute respiratory distress syndrome (ARDS) attributed to COVID-19 infection. Adverse events (AEs) were reported in 26 patients in the favipiravir treatment arm (35.6%) as compared to six patients in the control arm (8%) however, most AEs were mild to moderate and none led to drug discontinuation or dosing adjustments. The most commonly observed AE was asymptomatic transient increases in uric acid (12 patients in the Favipiravir treatment arm and zero in the control arm); most resolved on first follow up. Gastrointestinal disturbance was minimal and no clinically significant differences were observed between the treatment groups. Glenmark plans to submit the clinical trial data for publication in a peer-reviewed journal in the coming weeks and share our findings. Dr Zarir Udwadia, one of the Principal Investigators of this study, commented: “The results of the Indian Favipiravir study are encouraging. The trial was performed with a sense of urgency considering the gravity of the pandemic, yet scientific principles were not sacrificed. I have had a chance to independently view the initial results and they are encouraging: Patients randomised to Favipiravir seemed to have faster clinical cure, and more importantly, faster viral clearance than those randomized to the routine care group. I eagerly await the final analysis and results from other ongoing studies from across the globe. Till then, I feel we have enough evidence to consider using Favipiravir in symptomatic COVID-19 patients who have mild to moderate infection.” Dr Monika Tandon, Vice President & Head - Clinical Development, Global Specialty/Branded Portfolio said:“We are encouraged with the top-line results and these indicate that early treatment with favipiravir may improve clinical outcomes for mild to moderate patients and could potentially prevent patients from progressing to ARDS and mortality.”
About Favipiravir / FabiFluR in India On June 20th, Glenmark announced that it received manufacturing and marketing approval from India’s drug regulator for FabiFluR, making it the first oral approved medication in India for the treatment of mild to moderate COVID-19. The manufacturing and marketing approval was granted as part of an accelerated approval process, considering the emergency situation of the COVID-19 outbreak in India. The approval’s restricted use entails responsible medication use where every patient must have signed informed consent before treatment initiation. Glenmark has commenced a Post Marketing Surveillance (PMS) study on FabiFluR to closely monitor the efficacy and safety of the drug in 1000 patients that are prescribed with the oral antiviral, as part of an open label, multicenter, single arm study. Glenmark is also conducting another Phase 3 clinical trial in India to evaluate the efficacy of two antiviral drugs Favipiravir and Umifenovir as a combination therapy in moderate hospitalized adult COVID-19 patients. The combination study, which is called the FAITH trial, is looking to enroll 158 hospitalized patients of moderate COVID-19. Early treatment with combination therapy will be evaluated for safety and efficacy. About Favipiravir Globally Favipiravir has been approved in Japan since 2014 for the treatment of novel or re-emerging influenza virus infections. It is a broad-spectrum antiviral with a unique mechanism of action: it is converted into an active phosphoribosylated form (Favipiravir-RTP) in cells and recognized as a substrate by viral RNA polymerase, thereby inhibiting RNA polymerase activity and viral replication. Favipiravir was granted approval in Russia for treatment of COVID-19 in May 2020 and is being prescribed to patients in multiple countries across the globe under compassionate use for the treatment of COVID-19 infection. It also is being tested in close to 20 clinical trials across 3000+ COVID-19 patients globally, including ongoing clinical trials in the US, Canada, Japan and Italy. ?End?
About Glenmark Pharmaceuticals Ltd Glenmark Pharmaceuticals Ltd. (GPL) is a global research-led pharmaceutical company with presence across Generics, Specialty and OTC business with operations in over 50 countries. Glenmark’s key therapy focus areas globally are respiratory, dermatology and oncology. It is ranked among the top 80 Pharma & Biotech companies of the world in terms of revenue (SCRIP 100 Rankings published in the year 2019). For more information, visit www.glenmarkpharma.com For more information: Glenmark Media Contacts Udaykumar Murthy Senior Manager, Corporate Communications





プレスリリース 即時配信用 グレンマーク、軽度から中等度のCOVID-19患者におけるファビピラビル治療の第3相臨床試験のトップライン結果を発表 第3相臨床試験では、コントロールと比較して軽度から中等度のCOVID-19患者におけるファビピラビル治療の方が臨床的改善までの時間が統計的に有意に早くなることを実証
ムンバイ、インド;2020年7月22日 グレンマーク・ファーマシューティカルズ・リミテッド(Glenmark Pharmaceuticals Ltd. - グローバルな研究開発型製薬企業であるグレンマーク・ファーマシューティカルズは本日、インドの7つの臨床施設で実施された軽度から中等度のCOVID-19患者を対象とした第3相臨床試験のトップラインの結果を発表しました。150 名の患者さんを対象に実施されたこの非盲検無作為化多施設共同臨床試験では、COVID-19 の RT-PCR 検査で陽性が 48 時間以内に無作為化された軽度から中等度の患者さんを対象に、ファビピラビルと標準的な支持療法を併用した場合(ファビピラビル治療群)と、標準的な支持療法のみを併用した場合(対照群)の有効性と安全性が評価されました。
 ファビピラビルは、RNA依存性RNAポリメラーゼ(RdRp)とSARS-CoV-2のウイルス複製相を選択的に阻害する幅広いスペクトルの経口抗ウイルス薬で、現在進行中の複数の国際臨床試験で研究されています。 グレンマークのファビピラビル臨床試験の患者は、ファビピラビル錠3,600mg(1,800mg BID)(1日目)+1,600mg(800mg BID)(2日目以降)を最大14日間、標準的な支持療法とともに投与された。
  疾患の重症度に応じて、軽症(90名)と中等症(60名)に層別化しました。 第3相試験の結果、主要評価項目であるウイルスクリアランスの数値的改善は、Favipiravir投与群では対照群と比較して、経口投与によるウイルス脱落停止までの時間中央値で28.6%の改善が認められました(ハザード比1.367 [95%CI 0.944,1.979]、p=0.129)。
臨床的改善に関する主要な副次的転帰指標では、ファビピラビル治療群の有効性と有益性が対照群に比べて実証された。臨床症状(体温、酸素飽和度、呼吸数、咳など)の正常化を医師が評価した結果、ファビピラビル投与群では、治癒までの期間中央値が3日(95%CI 3.0, 4.0)と対照群(95%CI 4.0, 6.0)に比べて統計学的に有意に短縮され、「臨床的治癒」の達成率が40%向上しました(HR 1.749 [95%CI 1.096, 2.792]; p=0.029)。 ファビピラビル投与群では、4日目までに69.8%の患者が臨床的治癒を達成し、対照群の44.9%と比較して統計学的に有意であった(p=0.019)。臨床的に悪化し、酸素吸入を必要とした患者では、ファビピラビル投与群では、初めて酸素吸入を行うまでの期間の中央値が5日(95%CI 1.0,6.0)であったのに対し、対照群では2日(95%CI 1.0-4.0)と、より長くなっていました。
 さらに、グレンマーク社のファビピラビルは忍容性が高く、ファビピラビル投与群では重篤な有害事象(SAE)や死亡例はありませんでした。対照群では1件のSAEが発生し、COVID-19感染に起因する臨床症状の悪化と急性呼吸窮迫症候群(ARDS)により死亡しました。有害事象(AE)は、ファビピラビル投与群で26例(35.6%)に報告され、対照群では6例(8%)に報告されましたが、ほとんどのAEは軽度から中等度であり、投与中止や投与量の調整に至ったものはありませんでした。最もよく観察されたAEは無症候性の一過性の尿酸上昇であり(ファビピラビル投与群では12例、対照群では0例)、ほとんどのAEは初回のフォローアップで消失しました。消化管障害は最小限であり、治療群間で臨床的に有意な差は認められなかった。 グレンマークは、この臨床試験のデータを近日中に専門誌に掲載する予定であり、我々の知見を共有したいと考えています。本試験の治験責任医師の一人であるZarir Udwadia博士は、次のようにコメントしています。
「インドのファビピラビル試験の結果は心強いものです。この試験はパンデミックの深刻さを考慮して緊急性を持って実施されましたが、科学的な原則は犠牲にされませんでした。 私は最初の結果を独自に見る機会を得ましたが、その結果は心強いものでした。 Favipiravirに無作為化された患者は、ルーチンケア群に無作為化された患者に比べて、より早く治癒し、より重要なことに、より早くウイルスクリアランスを得ることができたようです。私は、最終的な分析結果と、世界中で進行中の他の試験の結果を待ち望んでいます。それまでには、軽度から中等度の感染症を有する症候性COVID-19の患者さんにFavipiravirを使用することを検討するのに十分な証拠が得られたと感じています。

グローバル・スペシャリティ/ブランド・ポートフォリオ担当副社長兼臨床開発責任者のMonika Tandon博士は、次のように述べています。
「このトップラインの結果は、ファビピラビルによる早期治療が軽度から中等度の患者さんの臨床成績を改善し、 ARDS への進行や死亡率を予防できる可能性があることを示唆しています。」

インドにおけるファビピラビル/ファビフルRについて グレンマークは 6 月 20 日、インドの医薬品規制当局からファビフルRの製造販売承認を取得したことを発表しました。今回の製造販売承認は、インドにおけるCOVID-19発生の緊急事態を考慮し、承認の早期化を図った結果取得したものです。本承認の使用制限は、責任を持って薬を使用することを前提としており、治療を開始する前にすべての患者さんがインフォームドコンセントに署名しなければなりません。 グレンマークは、経口抗ウイルス剤を処方された患者さん1,000人を対象に、本剤の有効性と安全性を詳細にモニターするため、FabiFluRの販売後調査(PMS)試験を開始しました。また、グレンマークは、中等度の入院中の成人 COVID-19 患者を対象に、2 種類の抗ウイルス剤「ファビピラビル」と「ユミフェノビル」の併用療法の有効性を評価する第 3 相臨床試験をインドで実施しています。 この併用療法試験はFAITH試験と呼ばれ、中等度のCOVID-19入院患者158人の登録を目指している。併用療法による早期治療については、安全性と有効性が評価されます。Favipiravirについて 世界的にはFavipiravirは、日本では2014年から新規または再燃型インフルエンザウイルス感染症の治療薬として承認されています。ファビピラビルは、細胞内で活性なリンホリボシル化型(ファビピラビル-RTP)に変換され、ウイルスRNAポリメラーゼに基質として認識され、RNAポリメラーゼ活性とウイルスの複製を阻害するというユニークな作用機序を持つ広汎な抗ウイルス剤で、日本では2014年に承認されました。ファビピラビルは、2020年5月にロシアでCOVID-19の治療薬として承認され、世界の複数の国でCOVID-19感染症の治療薬として思いやりのある使用法で患者さんに処方されています。また、米国、カナダ、日本、イタリアで進行中の臨床試験を含め、全世界で3,000人以上のCOVID-19患者さんを対象とした20件近い臨床試験が実施されています。 -おわりに
グレンマーク・ファーマシューティカルズ社について グレンマーク・ファーマシューティカルズ社(Glenmark Pharmaceuticals Ltd. グレンマーク・ファーマシューティカルズ (GPL) は、ジェネリック医薬品、スペシャリティ医薬品、OTC事業を展開し、世界50カ国以上で事業を展開しているグローバルな研究開発型の製薬企業です。グレンマークが世界的に注力している治療分野は、呼吸器、皮膚科、がん領域です。売上高では、世界の製薬・バイオテクノロジー企業のトップ80にランクインしています(2019年に発表されたSCRIP 100ランキング)。詳細については、www.glenmarkpharma.com 詳細については、www.glenmarkpharma.com をご覧ください。 グレンマーク・メディア お問い合わせ先 Udaykumar Murthy シニア・マネージャー、コーポレート・コミュニケーション担当 +91 9960377617corpcomm@glenmarkpharma.com


 《 注 》
 グレンマーク社は、インドにある、大手の製薬会社。(年間売上げ 1700億円。)
 グレンマーク社が公式にアビガンの有効性を公式発表しているのだから、アビガンの有効性はもはや疑いもない事実だと言える。

  ̄ ̄ ̄ ̄
 なお、富士フイルムはインドのドクター・レディーズ・ラボラトリーズと提携して、世界規模でアビガンの生産分担をしている。
  → 富士フイルム、アビガン海外展開 インド製薬大手に製造・販売権:時事
 ただし企業規模で言えば、グレンマーク社の方がずっと大きい。



 [ 付記1 ]
 富士フイルムの提携会社が、アビガンの二重盲検法試験を、新たに海外で実施するそうだ。クウェートで、千人規模の治験。
  → クウェートでアビガン治験へ 富士フイルム提携のインド大手:東京新聞

 治験の結果は、まだ判明していないが、どうなるかは予想ができる。バングラデシュ、インド、中国、ロシアの各国の治験と同様の結果になるだろう。これらの国の治験では、いずれも同様の結果が出ていたのだから、クウェートでも同様に結果になるに決まっている。(当り前だ。)

 これによって、今まで文句を言っていた人も、ぐうの音も出ないほどに完全に納得することになるはずだ。

 [ 付記2 ]
 中国でも「アビガンは有効だ」という報道がなされた。ついでに、ロシアの話も。
 現在公表されている臨床結果では、ファビピラビルがCOVID-19に対する治療効果を十分に示している。特に、患者の症状改善と退院を加速させ、30%〜40%の医療機関の負担を減らすことができる。これは全世界の医療システムの圧力を緩和し、疫病の急速な拡大を抑制する上で大きな意義がある。5月31日、ロシア衛生部は正式にファビピラビルを最初のCOVID-19治療薬として許可した。
( → 研究により、ファビピラビルが明らかに有効、生産及び使用が多国で開始:紀伊民報AGARA


 [ 付記3 ]
 なお、日本だけが別の結果になっていたのは、日本だけが不完全な試験をしていたからだ。日本でやった治験は、「アビガンの有効性の有無」を調べるものではなかった。詳しくは下記。
  → アビガンの治験が終了 2: Open ブログ

 ところが、これを勘違いして、「アビガンには有効性がないと判明した」と誤解している人がいる。たとえば、下記。
  → アビガンはなぜ「特効薬」の座から滑り落ちたのか

 こういう誤解がはびこると、有効な薬であるアビガンを処方されなくなって、治る患者も治らなくなって、死んでしまうかもしれない。重症化を避けられるのに、アビガンを処方されないまま、重症化して、死んでしまうかもしれない。
 間違った科学情報は人を死なせる、という見本になりそうだ。
 それも、相手がコロナであるせいで、このような誤解は、史上最大のトンデモとなりそうだ。死者数は莫大な数になるかもしれない。
 トンデモ連中は、命を救う薬を奪って、人を大量に死なせる。
 
 
posted by 管理人 at 16:19| Comment(5) |  感染症・コロナ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほんとに日本のアビガンのネガキャンはひどすぎる。
付記3の『アビガンはなぜ「特効薬」の座から滑り落ちたのか』の記事は、政治的なプロパガンタです。人の命をもて遊んでいるとしか思えません。

■藤田の臨床研究は、ネガキャンばかりに使われていて、臨床研究計画自体に問題があったように思えます。

▼なぜなら・・・・

◎初日から10日間投与群と
◎6日目から10日間投与群
の2群のウイルス量変化の比較研究でしたが、

『初日』が、どう定義されているのかが分かりません。(管理人さんは、ご存知ですか?)

■臨床現場では、PCR検査を受けるまで、感染からのタイムラグが、人によって大きく違うことが知られています。
また、感染から発症までには個人差が大きいことも知られています。

ゆえに、何を持って「初日」とするのかの定義が非常に難しい。
仮に「発症初日」とすると、そのようなケースでの初日投与は事実上無理です。(参考資料参照)

これでは、2群の比較データは、極めて不十分なものになります。

■つまり、この臨床研究計画は、臨床現場での「初日の定義が難しい」状況を軽視した計画と言わざる得ません。

■参考資料
COVID-19治療候補薬として注目の「アビガン」、投与開始は「早ければ早いほどいい」【Breakthrough 医薬品研究開発の舞台裏(12)〈特別編〉:西 耕一 石川県立中央病院呼吸器内科診療部長】
https://www.jmedj.co.jp/journal/paper/detail.php?id=14757
日本医事新報社 5月27日記事より以下抜粋
***************
アビガンを開発した白木公康富山大名誉教授は「胸部CTで肺病変があれば、発症後6日までにアビガン治療を開始すべき」(日本医事新報3月28日号)と主張していますが、現場の実感としてはどうですか。
西 私もだいたい6日までに投与すべきだと思います。

「風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上」という相談・受診の目安が国から示されていたため、多くの方は症状が出てから4日間様子を見て5日目に帰国者・接触者相談センターに相談します。その日か翌日にPCR検査をすると、結果が分かるまでに発症から6〜7日が経過し、アビガンを投与できるのは7〜8日目以降になるので、実は発症後6日以内に投与するというのは難しいんです。

発症後2日に投与した例があると言いましたが、その方は感染した家族を持つ濃厚接触者だったため、すぐにPCR検査ができ、アビガンを早期に使えたケースです。
****************
Posted by 塚本水樹 at 2020年07月24日 23:02
 初日は、発症日でなく入院日です。そういう記述があったはず。公式 PDF に書いてあったはず。

 入院日と発症日のズレについては、言及済み。
  http://openblog.seesaa.net/article/475196237.html
Posted by 管理人 at 2020年07月24日 23:30
厚労省は既存の製薬会社の利権をどのように守るかに特化したルーティン作業をしているということでしょうか。新規参入はハードルが高いぞと魅せしめているのかな。
Posted by 32年前は現役 at 2020年07月25日 02:15
入院日でしたか。
それでは、初日投与群の方に若干の優位性があっても、統計的に差が無いのはあたりまえですね。

発症日と入院日の時間差について、患者ごとの違いをどう考えていたんでしょうかね。
Posted by 塚本水樹 at 2020年07月26日 10:20
 本文中の記事に、次のようにある。

> グレンマークは 6 月 20 日、インドの医薬品規制当局からファビフルRの製造販売承認を取得したことを発表しました。今回の製造販売承認は、インドにおけるCOVID-19発生の緊急事態を考慮し、承認の早期化を図った結果取得したものです。本承認の使用制限は、責任を持って薬を使用することを前提としており、治療を開始する前にすべての患者さんがインフォームドコンセントに署名しなければなりません。

 ────


 つまり、承認は6月で、限定的な使用が許可された。これで使用をした結果、どの程度有効であるかが、上記のように判明したわけだ。
 有効性は、6月の時点では「見込み」程度であったのだが、7月の時点では、「判明」になったわけだ。
Posted by 管理人 at 2020年08月12日 23:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ