2020年06月09日

◆ 五輪の問題を解決するには

 東京五輪の来年開催が危ぶまれる。4年後のパリ五輪も開催が危ぶまれる。どう解決するか?

 ──

 東京五輪の来年開催が危ぶまれる。1年後では、まだ感染が続くので、「密集」状態の観戦は危険だからだ。ダジャレじゃないが、「観戦で感染」になりかねない。
 《 五輪・パラ、簡素化したら観戦は 会場で感染、恐れる人も 》
 新型コロナウイルスの感染拡大の長期化で、簡素化に向けた検討が進む東京五輪・パラリンピック。選手や観客の感染を防ぎながら開催することはできるのか。大会組織委員会は今秋から本格的な検討を始める予定だが、チケットを持つ人からは不安の声も出ている。

 (ある人は)国内外でのサッカーの国際試合に何度も足を運んだ経験上、会場での観戦は不安が大きいという。 入退場時に長時間、密集して並び、売店もトイレも大混雑。サッカーなら数万人が約2時間、肩を寄せ合うことになる。「10万円余のチケット代が無駄になっても、命や健康には代えられない」という。
( → 朝日新聞

 こういう危険があるので、1年後の開催は困難だ。

 一方、4年後のパリ五輪も開催が危ぶまれる。フランスでは感染者と死者が莫大な数に及ぶ上に、次の冬も、その次の冬も、大きな被害が予想されるからだ。五輪のスタジアムなどの建設が大幅に遅れそうだ。このままではまともに開催できそうにない。

 かくて、ダブルパンチだ。困った。

 ──

 そこで、困ったときの Openブログ。うまい案を出そう。こうだ。
 「東京五輪を4年、繰り延べる。パリ五輪も4年、繰り延べる。以後、順延」


 その意味は、こうだ。
  ・ 東京五輪は、延期されるので、コロナの被害を免れる。建物も無駄にならない。
  ・ パリ五輪は、延期されるので、建設遅延の問題を免れる。4年後に開催できるので、損はしない。

 こうして、双方が丸く収まるだろう。

 ──

 なお、2028年のロス五輪が影響されそうだが、それだって 2032年にすれば問題はない。

posted by 管理人 at 23:42| Comment(1) |  感染症・コロナ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
抗体保有者が予想外に少ないのでオリンピックはまだ時期尚早ですね。
政府が1年後のオリンピックに向けて無茶をしないか心配です。
Posted by あさひ at 2020年06月19日 10:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ