2020年05月29日

◆ 人工呼吸器と ECMO

 前項の話を引き継ぐ。人工呼吸器や ECMO と、アビガンとの関係。

 ──

 人工呼吸器とアビガン


 前項では、次の図を掲げた。(再掲)


cg-ecmo.png
出典:朝日新聞

 
 この図から、「アビガンの効果があったのだろう」と推定した。そのことは、図の赤色の部分の減少を見てもわかるが、
  ・ 赤色と黒色の和は、4月20日ごろから急減している
  ・ 全体数は、4月20日以後も同じペースで増加している

 という比較をすると、いっそうわかりやすい。この二点から、桃色の数については、次のように結論できる。
  ・ 桃色の数は、4月20日ごろから急蔵している

 ここで、黒色の部分が4月20日ごろから少しずつ増えていることに着目すると、次のように結論できる。
 「赤色は、4月20日ごろから急減している。そこで減った分は、黒色と桃色の増加に転じている。黒色は少し増加しているが、桃色は圧倒的に大幅に増加している」


 つまり、次のことが言える。
 「4月20日ごろから、人工呼吸器を離脱した回復者(軽快車)が急増している」


 そして、このことは、アビガンの効果だ、と推定できる。
 前項で述べたことよりも、本項で述べたことの方が、いっそう正確だろう。

 なお、正確な数値を知るには、次のグラフを見てもいい。


cg-ecmo2.png
COVID-19 重症患者状況


 ECMO とアビガン


 人工呼吸器でなく、ECMO について見ると、どうか? 状況はいっそうはっきりとする。
 前項に示したグラフを再掲しよう。


cg-ecmo.png
出典:朝日新聞

 
 もっと正確に見るなら、次のグラフもある。


cg-ecmo3.png


 これを見ると、次のことがわかる。
  ・ 4月28日以後は、総数がほとんど増えていない。
  ・ 4月30日以後は、赤と黒の和が急減している。
  ・ 5月8日以後は、特に変動は大きくない。


 このことから、次のことが結論できる。
 「4月30日以後は、ECMO からの回復者が急増している。ただし、5月8日になると、その効果は頭打ちであり、さらに伸びる気配はない」


 上のことから、次のように推定できる。
 「ただの重症者よりもひどい重篤な患者については、人工呼吸器の患者よりも 10日ほど遅れて、離脱する回復者が増えた。この 10日間は、《 重篤 → 重症 → 軽快 》 という余分な行程を取るせいで、余分にかかる日数であろう。とすると、これもやはり、4月20日ごろから何らかの回復要因があったことになる。それはやはり、アビガンだろう」


 こうして、ECMO の患者についても、「アビガンの効果があった」と推定できる。しかも、その開始日は、4月20日ごろである。

 さらに、次のことがわかる。
 「4月28日以後は、総数がほとんど増えていない。これは、人工呼吸器を使う重症者が、ECMO を使う重篤者に転じることが、ほとんどなくなったからだ」


 つまり、アビガンは、「重症 → 重篤」という悪化を防ぐこともしているわけだ。
 すでに述べたのは、「軽症 → 中等症・重症」という悪化を防ぐことだが、それとは別に、「重症 → 重篤」という悪化を防ぐ効果もある、と推定できるわけだ。



 [ 付記 ]
 ECMO の利用時に、アビガンの処方は当然だが、オルベスコの処方についても、データを出すべきだろう。
  → COVID-19 重症患者状況

 これでわかるかと思ったが……
 見たら、(集計していない)個別データの利用はできるが、できる人は専門医師だけであって、一般人には非公開であるそうだ。
 誰か統計データをまとめてくれるといいんですけどね。
 というか、(専門医師が)自分たちでやれよ。まったく。
 
posted by 管理人 at 23:50| Comment(0) |  インフルエンザ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ