2020年05月01日

◆ 感染者数の予想

 感染者数はどのように変化していくか? グラフから予想してみよう。すると、緊急事態宣言を解除すべき時期もわかる。

  ※ 本項の掲載日を、4月30日から 5月1日に移しました。( 順序の都合で。)


 ──

 政府は緊急事態宣言を1カ月ほど延長するつもりらしい。その根拠は「感染者数がまだ多い」ということらしい。
 では、感染者数は今後、どのように推移していくか? グラフから予想してみよう。

 ──

 とりあえずは、朝日新聞社の全国データから、その将来を予想してみる。


c-asahi5.png


 日ごとの変化が大きいので、あまりはっきりとした見通しは得られないのだが、おおまかには、ピンク色の線のように予想される。この場合、5月20日ごろに感染者数がゼロになる。
 5月20日にそうなるとしたら、その効果を出すのは2週間前の5月6日だ。だから、このころまでは緊急事態宣言を維持していいことになる。そこで解除すれば、あとは自動的に(慣性のような感じで)そのまま感染者数はどんどん減っていき、5月20日ごろに感染者数がゼロになる。
 だから、この予想の場合には、「5月6日まで解除せず、7日に解除すればいい」となる。

 ──

 別のグラフを採用しよう。神奈川県のグラフがわかりやすいので、これを採用する。


神奈川県
c-kanagawa0.png


 これに予想の線を引くと、こうなる。


c-kanagawa1.png


 これも、日ごとの変化が大きいので、あまりはっきりとした見通しは得られないのだが、おおまかには、ピンク色の線のように予想される。この場合、5月6日ごろに感染者数がゼロになる。
 この場合、2週間前は4月22日だから、もうすでに「解除していい」時期を過ぎていることになる。(本日は4月30日。)

 ──

 以上、二つの予想を示したが、実は、確度はあまり高くない。「直線的に進行する」と予想したが、直線的に進行するとは限らず、傾きがだんだんなだらかになる変化(二次曲線)かもしれない。その場合には、直線の場合よりも、もっと先に日が延びることになる。
 ただ、いずれにしても、減少傾向が続いているのは確実だ。




 そこで私としては、(心配症の人の気持ちも考えて)、次のことをお勧めしたい。
 「延長するか否かを一週間ごとに判断する」


 具体的な手順は、こうだ。(6日前の決定、という原理)
   ※ 面倒なので、いちいち読まなくてもいい。
  • 5月7日に解除するのならば、6日前の5月1日に「解除」を決定する。
  • 5月1日の時点で決定できないのなら、次の月曜日(5月11日)まで解除を延期することにする。(4日間の延長)
  • 5月11日に解除するのならば、6日前の5月5日に「解除」を決定する。
  • 5月5日に決定できないのなら、5月11日から5月18日に解除を延期することにする。(1週間の延長)
  • 5月18日に解除するのならば、6日前の5月12日に「解除」を決定する。
  • 5月12日に決定できないのなら、5月18日から5月25日に解除を延期することにする。(1週間の延長)
  • 5月25日に解除するのならば、6日前の5月18日に「解除」を決定する。
  • 5月18日に決定できないのなら、5月25日から6月1日に解除を延期することにする。(1週間の延長)

 こういうふうに延長の方式を決めておけばいいだろう。
( ※ 面倒なので、国民は方式をいちいち理解しなくてもいい。「延長するか否かを一週間ごとに判断する」ということだけ理解すればいい。)

 ──

 このことのメリットは何か? こうだ。
 「延長の期間を最小限にできる。そのことで、休業・閉店・失業といったデメリットを最小限にできる」


 実際、もうこれ以上の延長は、民間の小規模の飲食店にとっては、限度を超えている。大量の解雇や失業が避けがたい。経営者にとっても、労働者にとっても、大惨事だ。
 その問題をなるべく回避したい、というのが狙いだ。



 【 追記 】
 朝日新聞で新たなグラフが出た。全国の感染者数、7日間平均のグラフ。


c-asagraf.jpg
出典:朝日新聞


 この全国数値の延長をすると、おおよそ5月11日ごろに感染者数がゼロになると見込まれる。
 本項の冒頭で示したグラフによる推定よりも、精度が高そうだ。

posted by 管理人 at 21:40| Comment(16) |  感染症・コロナ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
専門家会議の評価を待たずに延長の言及をするとか政府は何がしたいんだか
Posted by 匿名 at 2020年04月30日 23:46
管理人さんのお示しくださったNHKのベッド数の調査のように、ベッド数は十分足りています。東京だけがオーバーしていますが、隣の神奈川県は十分余裕があり融通可能です。
緊急事態宣言の延長は、生命の尊重という誰も逆らえない美名を利用して、戦後自由を覚えた国民に時計の針を巻き戻し、再び統制に慣れてもらうことが大きな狙いだと思います。
米中が諍いを始めています。米国の世論が中国を敵視し始めています。世界中の個人や団体が中国に賠償金の請求を起こしています。この2国が諍いに入ったとき、日本国民は国家統制に従ってもらわないと困るのです。自由を覚えた国民が議論百で出舟山に登るでは政府は困るのです。そのための訓練としての意味が大きいと思います。マスクをしながらの集会は全て解放すべきです。個人の接触もマスクをしていれば全て解放すべきです。
Posted by SM at 2020年05月01日 09:46
 最後に  【 追記 】 を加筆しました。
 朝日新聞が新たなグラフを出したので。
Posted by 管理人 at 2020年05月01日 10:48
欧米とは比較にならない程少ない死亡者数・罹患率なのに、欧米諸国と同じくらいの締め付けで経済疲弊・・・もう、アホすぎて笑えてきます。
陰謀論大嫌いですが、あまりにもひどい茶番劇に、ショックドクトリンを横行させたい人たちの陰謀かと思ってしまいます。
経済が大事か命が大事かというバカバカしい極論、ゼロリスクの危険性を全く分かろうとしない愚民…そりゃ、政治家のやりたい放題になりますよ。
Posted by 名無し at 2020年05月01日 14:43
>>感染者数はどのように変化していくか? グラフから予想してみよう。すると、緊急事態宣言を解除すべき時期もわかる。

全検査数はどうなっていますか?
なんにせよ人口に対する検査数が少なすぎてまともな予想はできないはずですが。
Posted by 細波 at 2020年05月01日 15:55
> 全検査数はどうなっていますか?

 前にも答えたでしょ。絶対数を見る必要はなく、相対的な増減だけを見ればいい。
 あなたは質問したあと、回答を受けても、すぐに忘れてしまう。保存したものを読み直しましょう。
Posted by 管理人 at 2020年05月01日 15:57
官僚のやりたい放題になりますよ
Posted by 正しくは at 2020年05月01日 16:09
本日5/1の東京都の新規感染者数は165人と多く見えますが、休日などの関係でここ2日ほどの分がずれ込んだだけですね。全体としては増減を繰り返しながら順調に減っています。明日からは2週間前の連続の雨の影響で、感染者数はかなり減るはずです。
Posted by みむ at 2020年05月01日 16:34
>>前にも答えたでしょ。絶対数を見る必要はなく、相対的な増減だけを見ればいい。

相対数みたって全検査数が少ないと影響をもろに受けるでしょ。
Posted by 細波 at 2020年05月01日 17:11
世界的には陽性者の統計はバイアスがかかっているし、国ごとにも基準が異なり比較もできないので、全体の死者統計もモニタ流れになっています。
Posted by 細波 at 2020年05月01日 17:19
全くもってその通り。
政治家は目安を先行して示し、予算を組み、
最後は最終決断をもって執行する。

大局にり、先行目安も示さず、予算も場当たり
最終決断も直前。
誰か彼らを粛清してくれぃ。

長期連休に入って、明ける直前に最終決断。
政治家がすることか。
マスコミも弾劾が弱い、ペンは剣に負けたか。
政治屋を必要な時に弾劾し、政治家を誕生させる
それがペンの存在意義で仕事、矜持なのでは?

大企業に5月末までの在宅を打診しときながら
マスコミには5/4まで最終決断を発表しない。

期限を、心の支えに耐え忍んでいる中小零細。
金が届く前に暴動ですね。
悪いのは政治屋。今から未来に対し同情します。
Posted by メルカッツ at 2020年05月01日 21:33
5月20日に0になるなら、それを確認した後で解除した方が良いと思います。先は読めませんから。
Posted by DF at 2020年05月01日 23:36
 0を求めると、3年以上も休業を続けなくてはならないので、日本が破綻してしまいます。
 0でなく、10 以下 を求めれば十分。

 確認するかどうかは手続きの問題なので、1日遅れぐらいで済みます。
 たとえば、5月11日 に 10以下が見込まれるなら、それに対応する準備をしておけばいい。
 ただ、1〜2日のズレが生じても、結果に大差はありません。別にここで急上昇に転じるわけじゃないので。
 
> 先は読めませんから。

 先は読めます。次項の3番目のグラフを見ればいい。12日ごろには「感染者ゼロ近辺」になることがほぼ確実に見込まれています。
 
Posted by 管理人 at 2020年05月02日 00:16
この先の感染者数動向は、厳格なコントロールができているイスラエルの動向が参考になります。感染者数、これまでの動向とも、日本が時間遅れで追いかけているような形になっています。オーバーレイしてみるとよくわかります。

https://www.worldometers.info/coronavirus/country/israel/

イスラエルでは外出禁止令以降減少傾向にあるものの、200人を切ったところからは下がり方が鈍ってきています。日本もおそらく同じような経過をたどるでしょう。
Posted by みむ at 2020年05月02日 02:53
日本の回復率は3割を越えてきたし、収束間近という解析情報にとても安心しています。
なんだかんだ言って、国民の健康状態と意識レベルの高さが証明されるのは嬉しい限りですね?
問題は、安倍と小池が何を喋るかだけど、この状況で1ヶ月延長も、第二次補正予算の検討も有り得ない!
https://m.youtube.com/watch?v=frqALmIIVEs
Posted by Hidari_uma at 2020年05月03日 08:30
>>0を求めると、3年以上も休業を続けなくてはならないので、日本が破綻してしまいます。

3年以上という数字はどこからきましたか?

>>0でなく、10 以下 を求めれば十分。

10という数字の根拠はなんでしょうか?
全検査数を考えない管理に算方式だと、検査しないだけで簡単に達成できそうですが。

今の検査体制だと0に設定しようが、10に設定しようが緊急事態宣言は解除できません。
Posted by 細波 at 2020年05月03日 10:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ