2020年03月21日

◆ 新型コロナウイルスの話題 18

 新型コロナウイルスの話題を七つ。

 ──

 (1) 日本の検査数

 日本では検査の実施数が不足している、としばしば言われる。その具体的な例を見るために、データを探したら、次のデータが見つかった。都道府県別の図表だ。

corona-ken.jpg
( → 新型コロナ検査可能数、月内に日7000件 病床は逼迫も:日本経済新聞

 データの日付はちょっと古いが、参考となるだろう。

 なお、日本の検査実施数が世界的にも少ないということは、各国における感染者数を見ればわかる。1日に数千もの感染者を検出している国が多い。検査実施して全員が陽性になるということはありえないから、陰性の人を含めて、大量の人数を検査しているとわかる。
 仮に、日本で1日 500人ぐらいの感染者が出たら、もはや検査をまともに実施できなくなってしまうかもしれない。


 (2) ドイツの検査数

 ひるがえって、ドイツでは十分な検査をしている。こうだ。
 感染者数が約1万6千人と急増するドイツでは致死率が今のところ0.2%程度。感染者の8割が60歳未満のうえ、集中治療の病床はイタリアの5倍の約2万5千床。週16万件のウイルス検査をこなし、早めに対応に当たれているのが奏功したとみられる。
( → (時時刻刻)イタリア死者、中国上回る 北部、医療崩壊の危機 新型コロナ:朝日新聞デジタル

 ここでは、大量の検査を実施することのメリットが示されている。
 軽症のうちに発見すると、軽症の状態で治療を開始することができる。だから、重症化しないし、死者も少ない……というわけだ。
 そして、そのためには、まさしく大量の検査を実施する能力があることが前提だ。週 16万件も実施しているのだから、日本とは雲泥の差だ。
 一方で、日本では、「大量の検査をすると、医療崩壊が起こる」なんて言って、大量の検査に否定的だ。たとえば、こんな記事が出回る。
  → なぜワイドショーは解説しないのか? 「PCR検査をどんどん増やせ」という主張が軽率すぎる理由 | 文春オンライン

 ※ ここでは、とんでもない屁理屈も使われている。「十分な数の検査をしましょう」という意見を否定するために、「東京都民1000万人の検査をしたら大変なことになる」という、ありもしないことを仮定して、否定している。(藁人形論法だ。)……もう、メチャクチャである。


 (3) 軽症者対策が大事

 世界各国で感染者の急増が生じている。これに対しては、次の方針が取られつつある。
 「軽症者専門の施設を作って、そこに軽症者を収容する。そのことで、高度な装置のある施設には重症者を収容できるようにする」
 これは、韓国やイタリアでも見られた方針だが、米国でもなされつつあるそうだ。
  → 米国防総省 NYでホテル客室など1万室以上を病室に改装へ | NHKニュース

 また、この方針は、私も前に提言で示した。
  → 欧州の医療崩壊を救うには?: Open ブログ の (5)

 なお、軽症者を「自宅隔離」でなく「施設に収容」することの重要性は、すでに判明している。それは、「自宅隔離だと、家族が感染してしまうので、感染者が増えてしまう」(※)ということだ。……だから、軽症者についても、なるべく施設に収容した方がいいのだ。(高度な隔離設備は必要ないが。)

 ※ この件は、ここで初めて述べた。これまでは未言及。


 (4) 補償の巨額化

 政府はあれこれと所得補償などを考えているようだ。フリーについて1日 4100円の補償など。
 だが、こういうのを世間の要求に応じて、どんどん詰み増すと、とんでもない巨額になる。この金は、空から降ってくるわけではなく、金をもらう人々以外の全員が支払うことになる。(将来の増税という形で。)
 人々は、「所得補償してもらえていいね」なんて羨ましがっているかもしれないが、実は、その金は、あなたの財布から支払われているのだ。盗まれているのも同然だろう。気がつかないだけで。

 困った。どうする? そこで、困ったときの Openブログ。正しい案を出そう。
 「休校やイベント自粛は、ただの無駄なのだから、さっさとやめればいい。そうすれば、休校やイベント自粛にともなう所得補償も不要になる」
 つまり、赤字を埋めるのではなく、赤字の発生そのものをなくせばいいのだ。これが正解だ。


 (5) 休校で祖父母が悲鳴

 休校で自宅にいる孫の面倒を見るために、祖父母が駆り出されるが、疲れて悲鳴を上げているそうだ。
 臨時休校や休園の長期化により、子どもを祖父母に預ける共働き家庭が増えた。「大変だ」「疲れる」。孫を預かる高齢者は悲鳴を上げながらも、孫や子のために奮闘している。
  ──
 「感染したくないので、本当は人の多い大阪市には来たくない」と打ち明けるが、電車で1時間以上かけて通う。
  ──
 「自分が世話をする」と実家の祖父は買って出てくれたが、1週間で体調を崩してしまったという。「父は責任感が強く、張り切ってしまっていた」と悔やんだ。
( → 「孫預かり」悲鳴 共働きに頼られる高齢者 専門家「断ることも大事」・新型コロナ(時事通信) - Yahoo!ニュース

 感染者を減らすための休校だが、そのせいでかえって高齢者を危険にさらしている。子供を守ろうとして、高齢者を死の危険にさらす。
 つまり、危険の少ないものを過剰に警戒するせいで、危険の高いものをかえって招き寄せるわけだ。……本末転倒とはこのことだ。 それが「休校」だ。


 (6) スポーツジムの感染

 感染した高齢者がスポーツジムにずっと通っていた……という事例が見つかった。
  → 3/1から入院までに“ジム11回利用”…19日に新型コロナ感染確認の80代男性 新たなクラスター化に警戒

 これについては、関連する話題がある。
  → お婆さんが『わざわざ銭湯に来る理由』を力説していた→真面目に考えなきゃいけない課題なのでは?→様々な意見が集まる - Togetter
 銭湯。「ババアがわざわざ銭湯に来るのはね!家に風呂が無いからでも大きな風呂に入りたいからでも知り合いに会いたいわけでもないんだよ!足腰が弱って風呂を洗うのも難しいからだよ!」と熱く語る知らない婆ちゃん。これ、割と真面目に考えなきゃいけない課題なんじゃなかろうか。

 なるほど。自宅では風呂には入れないから、銭湯の風呂に入る。
 だが、よく考えると、銭湯は値段が高い。一方で、スポーツジムでは、銭湯付きのスポーツジムが月 1.1万円ぐらいで使えることが多い。そこで計算すると、銭湯に毎日通うよりは、スポーツジムの風呂に毎日通う方が、安上がりだ。
   1.2万円 ÷ 30日 = 400 円/日

 銭湯は 560円ぐらいだから、銭湯の方が高いことになる。

 スポーツジムだと、毎日風呂に入れて、おまけにスポーツ用具も使える。だったら、銭湯に通うよりもずっとお得だ。暇で時間の余っている高齢者にとっては、スポーツジムはお得であるわけだ。

 実際、身近な高齢者がそうしている、というコメントもある。
  → はてなブックマーク

 では、どうすればいいか? 
 風呂・プールを目的とする人が多いようなので、とりあえずは新型コロナの流行中の期間(つまり今)は、風呂を閉鎖すべきだろう。シャワーだけに留めるべきだ。……そうすれば、風呂目的の人が来なくなる。つまり、高齢者の排除だ。
 その分、会費を半額以下に値下げすればいいだろう。

 なお、現在、「新型コロナの危険があるから、スポーツジムには通わない。当分、この状態が続くだろうから、スポーツジムを退会した」という人が多い。こういうことを避けるためにも、価格の引き下げは必要だろう。(さもないと退会者が続出だ。)
 一方で、新規入会の優遇もなされている。「今入会すれば、3カ月間は無料です」というようなキャンペーンをしているスポーツジムもある。(ただし風呂がないスポーツジム。)

 《 加筆 》

 スポーツジムで風呂を閉めた方がいいのは、次の理由だ。
  ・ 現状では、銭湯代わりに、ジムの風呂を使う高齢者がいる。
  ・ そういう人は、感染・発熱していても、ジムの風呂を使う。
  ・ ジムの風呂を閉めれば、運動具を利用する人が来るだけだ。
  ・ 運動具を利用するためなら、感染・発熱した人は来ない。
  ・ 結局、ジムの風呂を閉めれば、感染・発熱した人を排除できる。



 (7) 欧米人がマスクをしないわけ

 欧米人がマスクをしない理由を考察した記事がある。
  → フランス人はなぜマスクをつけないのか? 「感染防がない」の奥にある本音
 
 一部抜粋。
「長い間、マスクをした同僚や友人と対峙するのが苦手だった。なぜこんな落ち着かない気持ちになるのかと考えたとき、微笑みや、顔のしかめ方、唇の持ち上げ方などの表情が、我々西洋人のコミュニケーションにどれほど意味を持つかに考え至った」

 一方で、フランス政府は「マスク購入禁止令」を出したそうだ。(3月4日)
 フランス政府は、同日付で国中のマスク徴集の政令を出し、さらにそれまでは自由に買えていたサージカルマスクを、処方箋なしには購入できないものと定めた。
 3月6日には、政府スポークスマン、シベット・ンディアイが、マスクは感染者とその世話をする人が着用するもので、健常者には必要ないものだと述べる動画をツイッターで流す念の入れようときている。

 ただしこれは、「マスク無用論」ではなくて、「マスクは貴重品なので、一般人ではなく、病人などの真に必要な人だけが使えるようにする」という意味かもしれない。それなら妥当かも。

 一方で、次の報道もある。
  → 中国、イタリアからのマスク受注量が40倍近く増加--人民網日本語版--人民日報
 中国からイタリアへマスクの大量輸出。(とはいえ、もともとがゼロみたいに少ない量だから、あまり意味はないかも。)
 ※ ちなみに、日本に出回っている大量のマスクの9割ぐらいは中国製であるようだ。日本製は高級・高価な一部商品のみ。
 ※ 一方、トイレットペーパーは、国産品が大部分だ。かさばるせいだろう。(かさばるので、輸入だと運賃がかかりすぎる。)
 
 
posted by 管理人 at 22:54| Comment(19) |  インフルエンザ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>軽症者を「自宅隔離」でなく「施設に収容」

複数の国家公務員から聞いたのですが(まだニュースになってないと思いますが)、軽度陽性者を国の研修所などの研修寮に入れる可能性があるとのことです。

以前、クルーズ船の乗客を税務大学校に収容したことがありましたが、あのときは、陰性の人を対象にしていました。

が、今回は軽症の陽性者を収容する可能性があるとのこと。

高度な隔離設備は確かに不要かもしれませんが、ちょっとセンスがないように思えます。というのも、宿泊施設のある国の機関は、わりと市街地にある機関が多いから。あと、その機関で働く職員の安全が脅かされる恐れもありそうです。
Posted by 反財務省 at 2020年03月21日 23:40
> 一方で、日本では、「大量の検査をすると、医療崩壊が起こる」なんて言って、大量の検査に否定的だ。たとえば、こんな記事が出回る。
  → なぜワイドショーは解説しないのか? 「PCR検査をどんどん増やせ」という主張が軽率すぎる理由 | 文春オンライン

 ⇒ 困ったものですね。そして、一般の人向けには、ご提示の「文春オンライン」のような記事が、そして少しレベルの高いサイエンス志向の人向けには、下のリンクのような記事がちゃんと用意されているのです。(誰かの作為があるのかは分かりませんが、ホント用意がいいですね!)

 集団自殺ほう助、とでも表現しましょうか……。

 https://note.com/sheemer/n/ne297d1e846fe
Posted by かわっこだっこ at 2020年03月21日 23:56
イタリアとドイツでは
1000人あたりの医者の数は同じ程度だが
1000人あたりの看護師・助産師の数は
イタリアはドイツの半分以下で
スペインや韓国もドイツの半分以下
パニックの起こっている国は患者の介護をできる人が圧倒的に少ない
Posted by 老人 at 2020年03月22日 07:37
追記
東京都の1日当たりの検査能力は民間を含めてを340件まで拡大する予定らしい
(全員検査したら100年以上必要 あほの計算)

東京都の特設サイト
https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp/

みたら1日100件を越える検査をした日は稀
(ただし、検査数に民間は含まず)
Posted by 老人 at 2020年03月22日 08:08
https://shinjukuacc.com/20200316-01/

https://m.youtube.com/watch?v=RWMtO0d3xXk


検査はただ多ければいいというわけではないそうです。
それと病院とイベントは集団感染のリスクが高まる可能性もあるとのことであるので、やはり出来るだけ控え、自宅療養のほうが良いかと。
マスクがあったとしても各種リスクを下げる努力は必要でしょう。

まだコロナの治療法が確立してない以上、集団感染抑制の各種手法を可能な限り並行していかないといけないと思います。

(新宿会計士さんの読者投稿のコロナ関連記事もおすすめです)


Posted by イカロス at 2020年03月22日 09:10
 新宿会計士さんって、見たら、単に「嫌韓」を言っているだけですね。
 朝日記事に「韓国を手本に」と書いてあるところに噛みついているが、話の内容は、朝日の記事と同じ。朝日を批判しているが、自分の言っていることは朝日と同じ。ただ「韓国を手本に」というのが気に食わないので、やたらと噛みついていうだけだ。

 別に、韓国を手本にしなくても、ドイツや米国やイタリアを手本にするのでもいいのだが。日本だけがことさら検査が少ないのだから。

 「韓国を手本に」と書く朝日もちょっとアレだが、そこにばかり噛みつく人も逆の意味でアレだ。
 韓国なんかどうでもいいから、ドイツあたりと比較すれば、まともに議論ができるのに。
 コロナの問題で、右や左の政治論議なんかするべきじゃない。
Posted by 管理人 at 2020年03月22日 09:51
>コロナの問題で、右や左の政治論議なんかするべきじゃない。

全くその通りだと思います。
PCR検査が難しいのは、ニュースには少しも出てきませんがバンドの染色にエチジウムブロマイドという発癌物質を使う点があります。ゲルをドボっとつけておきます。PCRをやったことのない人に、にわか仕込みでどんどんやらせる事はちょっとどうかと思います。
それよりも、数時間で感染が判明する他の方法、いくつもの会社が新しい方法を提案しているようですが、そういう方法を考えるべきでしょう。
Posted by SM at 2020年03月22日 11:03
検査抑止は全面封鎖とセット思います。誰が感染しているかわからない状態で、かつ学校だけ休校にしているのでは、それ以外の感染を防げません。偽陰性が出歩くリスクを言うなら今の日本は皆コロナと思ってないから出歩いているわけで、より悪い状態。また偽陽性になる確率はコロナの特性を見ると非常に低そうです。0.1%以下ではないでしょうか。
Posted by gunts at 2020年03月22日 11:40
 (6) の最後に 《 加筆 》 という6行を追加しました。
 スポーツジムの風呂を閉めた方がいい理由。整理したまとめ。
Posted by 管理人 at 2020年03月22日 11:56
新宿さんが韓国周りをよく記事にしているのはその通りですが、ただ単に「韓国だから」、「左右の話をしている」というのは誤解でしょう。そもそも対象ブログではコロナ関連記事内容に左右の話との関連性はほとんど無かったです。
(韓国を引き合いに出している≠左右という視点で話している)

他国との比較についても、イタリアも韓国と同じく医療崩壊していますから、参考にならないでしょう。
ドイツもアメリカも感染者数が日本よりも圧倒的に多いですし、移民関連での問題や命令無視してのイベント開催が無くならないとのことですから同様に参考としては不適切でしょう。
Posted by イカロス at 2020年03月22日 12:18
> 他国との比較についても、イタリアも韓国と同じく医療崩壊していますから、参考にならないでしょう。

 ここでは、PCR検査を実施するか否か、という点だけに話を絞っています。何もかもイタリアや韓国に学べ、という趣旨ではない。

 この件、本日夜の記事で解説します。
Posted by 管理人 at 2020年03月22日 12:32
SM様

>PCR検査が難しいのは、ニュースには少しも出てきませんがバンドの染色にエチジウムブロマイドという発癌物質を使う点があります。

コロナのPCR検査は、realtime PCRによる定量ではないでしょうか。
PCR装置にセットするまでは、おそらく人力ですが、
その後は機械が数値データを出すところまでやってくれると思います。

発色もエチジウムブロマイドでなく、
Taqmanプローブを使っているようです。

https://www.thermofisher.com/jp/ja/home/clinical/clinical-genomics/pathogen-detection-solutions/coronavirus-2019-ncov/genetic-analysis.html#TaqMan-2019-nCoV-Assay-Kit
Posted by サク at 2020年03月22日 12:50
PCRは精度が高くないとのことなので、どちらにしても行うべきではないでしょう。
代替の検査方法の選定は継続してもいいでしょうが、現在は検査と隔離よりも治療法の模索にリソースを割くべきかと。

それと新宿さんの記事が左右と関係ない点については納得したということでよいでしょうか。
Posted by イカロス at 2020年03月22日 13:45
 無症状の人にはやらなくていいが、中程度の症状の人にはやるべきです。というか、検査能力が問題で、あるのなら無駄にしないで(遊ばせずに)使うべき、という趣旨。WHO だって検査しろと言っているでしょ。
 今夜、書きます。

 右左というのは、「嫌韓 = ネトウヨ」という意味です。いちいち嫌韓の話をするな、という趣旨。
 韓国で医療崩壊をしたというのはデマだと判明したのに、そのデマを主張しているところが駄目。


Posted by 管理人 at 2020年03月22日 14:19
サク様 
お示しいただいたABIの情報を見てみましたが、Taq ミックスの紹介ですね。この中に染色物質は入っているのですか??
ゲルはどうするのですか?この中にあらかじめエチジウムブロマイドが入れてあるという方法もありました。

私がPCRの実験をしていた頃は、すべてエチジウムブロマイド液を使って紫外線で発光させていました。今はエチジウムブロマイドの代替えはあるようですが。

RT-PCRは通常のPCRと比べてコンタミを起こしやすく、通常の実験室ではなく無菌チャンバーでやっていました。病院や保健所なら空気中のRNAを拾って偽陽性ということもあるように思いますが、回転数はどれくらいなんですか。30回くらい? 35回くらい?



Posted by SM at 2020年03月22日 14:50
検査についてはPCRは精度があまり良くないのは先ほど述べた通りで、やるとしても最小限が良いと思います。これについては自分ては以上です。

新宿さんの件に対してはまだ問題があります。自分が取り上げた記事は単に朝日のフェイクニュースの指摘ですから嫌韓と捉えるのは間違いです。
そもそも「嫌韓=ネトウヨ」という図式も間違っている上に周回遅れですよ。
韓国の実情も、感染者増加が止まらない上に隔離施設が足りなくなっているのが実情です。

https://jp.yna.co.kr/view/AJP20200307000600882
http://www.donga.com/jp/List/article/all/20200227/1990610/1/%E6%84%9F%E6%9F%93%E8%80%85%EF%BC%91%EF%BC%91%EF%BC%90%EF%BC%90%E4%BA%BA%E3%80%81%E7%97%85%E5%BA%8A%E4%B8%8D%E8%B6%B3-%E9%95%B7%E6%9C%9F%E5%8C%96%E3%81%AB%E5%82%99%E3%81%88%E3%81%A6%E5%8C%BB%E7%99%82%E8%B3%87%E6%BA%90%E3%81%AE%E5%88%86%E9%85%8D%E6%88%A6%E7%95%A5%E3%82%92%E7%AB%8B%E3%81%A6%E7%9B%B4%E3%81%9B
Posted by イカロス at 2020年03月22日 14:54
> 朝日のフェイクニュース

 その指摘が嘘なんですよ。よく読めばわかるが、フェイクではない。朝日の言っていることと、新宿さんの言っていることは、同じことだ。勝手に誤読して「フェイクだ」と言っている。

 「全数検査は必要ないが、十分な量の検査をするべきだ」
 というのは、朝日もナゾ氏も新宿さんも WHOも、みんな同じ意見だ。

 なのに新宿さんは「朝日は全数検査を主張している」というふうに誤読して、勝手に朝日を批判している。誤読して、藁人形論法。

> 韓国の実情も、感染者増加が止まらない上に隔離施設が足りなくなっているのが実情です。

 これが誤報。詳しくは、本日夜の記事で。

 ※ ちょっとググるだけでも、すぐにわかることだが。
Posted by 管理人 at 2020年03月22日 15:48
新宿さんの記事は「朝日は全数検査を主張している」という内容でもありません。以下のような内容です。

@ナゾさんが朝日の取材で「韓国のように検査数を増やすべき」と言った
A韓国は検査や隔離にリソースを割きすぎて医療崩壊しつつあるので、手本にならずむしろ反面教師だ
B取材の詳細はわからないが、ツイッターの内容から「検査能力の拡大は必要だが検査数を増やすのは良くない」との主張と考えられ、記事のような発言をするような人物とは思えない
C以上から、朝日がきちんとした取材をしたか怪しい
(その他、どうするのが良いのかを過去記事や読者投稿を振り返りつつまとめているほか、韓国で現在進行形で問題が起きている旨を提示している)

後については今夜の記事を待ちます。
Posted by イカロス at 2020年03月22日 17:57
SM様

確認してみました。

https://www.thermofisher.com/jp/ja/home/clinical/clinical-genomics/pathogen-detection-solutions/coronavirus-2019-ncov/genetic-analysis.html#TaqMan-2019-nCoV-Assay-Kit
先ほどのページのTaqman probeの
専用注文書ダウンロードをみると、プローブの蛍光は三種類から選べるそうです。
またTaqManRプローブの濃度が10μMになるように調整するとのことです。

https://www.thermofisher.com/order/catalog/product/4444432
こちらにも、Primer-Probe Detectionと書かれています。

https://assets.thermofisher.com/TFS-Assets/LSG/manuals/MAN0019096_TaqMan2019nCoVAssayKit_PI.pdf
先ほどのページのプロトコールをみると、
37サイクル未満で陽性、40サイクルを超えると陰性とのことです。

realtime PCRなので、反応は96 wellなどの液相で行い、
それぞれのサイクルで蛍光を測定し、それで完了です。
泳動は行いません。

>今はエチジウムブロマイドの代替えはあるようですが。
SYBR Greenが有名ですね。ゲルにもrealtime PCRにも使えます。

https://www.niid.go.jp/niid/images/lab-manual/2019-nCoV20200319.pdf
国立感染症研究所のマニュアルをみると、
それぞれの施設で、初回はrealtime PCRだけでなく、
確認のためゲル泳動も行えよと書いてありますね。

2回目以降は、realtime PCR単独でよいと書かれています。
私が想像するに、簡便性、安全性を考えてのことだと思います。
Posted by サク at 2020年03月22日 21:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ