2020年03月17日

◆ 新型コロナウイルスの話題 16

 新型コロナウイルスの話題を六つ。

 ──

 (1) WHO が検査推進

 WHO が各国に、検査の推進を要請した。
 《 WHO「疑い患者全員の検査を」 新型コロナで各国に要請 》
 WHOのテドロス・アダノム・ゲブレイェスス(Tedros Adhanom Ghebreyesus)事務局長は、スイス・ジュネーブでの記者会見で、「目隠しされたまま炎と闘うことはできない」と言明。WHOは各国に対し、「検査、検査、検査。疑いのある患者全員を検査するよう」勧告していると述べた。
( → AFPBB News

 「誰が感染しているのか分からなければ、流行を防ぎようがありません。各国は“疑わしい人すべてをとにかく検査”です。そして、もし陽性反応が出たら、その人を隔離し、症状が出た2日前までさかのぼって、その人が濃厚接触した人を見つけ出してください。そして、その人もさらに検査するのです」(WHO テドロス事務局長)
( → WHO事務局長、感染防止に向け「とにかく検査を」 TBS NEWS


    ※ 検査の必要な人が対象だ。「希望者全員」ではない。


 この方針(検査推奨)は、まともに検査をしていない国が対象だ。事実上、日本だけが対象だろう。
 というのは、日本以外の他国は、ちゃんと検査しているから。実際、多数の陽性者がいる。下記は 18日朝のデータ。


corona-num6.png
出典:https://www.worldometers.info/coronavirus/#countries


 一方、日本はどうか?
 検査能力は1日 6000件以上もある。(政府公称)
 なのに、検査実施数はずっと少ない。
 14日には 859人だけだ。
  → http://j.mp/2UfXHuM 
 15日は107人で、16日は 43人だけだ。
  →  http://j.mp/2vsmqUm 、http://j.mp/2vwrN52

 ただし、どういうわけか、上記の要請がなされたあとで、突然変異みたいな状況変化が起こった。
 17日の検査実施数は、いきなり 3416人にアップした!!
  → http://j.mp/2Qp3e11

 これはもう、「能力がない」とか何とかの問題じゃないね。これまでは意図的に数を抑制していたからだ、としか思えない。……(ただし、下記の (2) が真相かも。)
 なお、グラフは下記だ。突発的な変化が見て取れる。
  → http://j.mp/39Uh97a 

 ──

 16日以前では、保健所に検査を拒否された事例が見つかる。
 前にも紹介した例がある。
  → http://j.mp/2wXkxzr 
 さらに、報道された事例もある。今月初めの記事。
 《 ウイルス検査依頼を保健所が拒否 7道県で30件報告 日本医師会 》
 新型コロナウイルスの検査について、日本医師会は、医師が保健所に検査を依頼しても断られた不適切なケースが、3日までに7つの道と県で、合わせて30件報告されたことを明らかにしました。
( → NHKニュース

 ともあれ、以上に情報を示した。

 《 加筆 》

 次の情報もある。
  → 新型コロナのPCR検査拒否 26都道府県で290件


 (2) 迅速検査キット

 迅速検査キットについては、前にも簡単に紹介したが、もっと詳しい情報を得たので、追加で示す。
 《 ホームライフイノベーション クラボウ 15分で判定 新型コロナ検査キット 》
クラボウは12日、新型コロナウイルスの検査キットを16日に発売すると発表した。イムノクロマト法を用い、15分で感染の有無を目視で判定できる。衛生研究所や臨床検査会社などに、1日当たり1万テスト分を供給する計画。
 キットは感染時に体内で生成される特定の抗体を検出する。PCR法で検出が難しいとされている感染初期でも判定できる。PCR法は検体中のウイルス量の影響を受けやすいが、同キットは血液中に抗体が存在すれば判定可能。サンプル採取の方法や部位による偽陰性も出にくい。
 感染の初期段階で生成される抗体「IgM」用と感染後長期間にわたり最も多く生成される抗体「IgG」用の2種類を用意し、正診率はそれぞれ95.72%、94.24%。陰性判定率については、ともに100%。併用することで検査精度は高まる。2種ともに価格は税別で2万5000円。
( → クラボウ 15分で判定 新型コロナ検査キット | 化学工業日報

 なるほど。いろいろと技術的な情報がありますね。
 血液から検査するということで、私は先に「感度が低いのでは?」と懸念したのだが、その心配は必要ないようだ。というのは、ウイルスそのものを測定するのではなく、ウイルスに対する抗体を測定するからだ。ウイルスが少なくても、抗体はたくさんできるので、うまく検出できるようだ。初期においては PCR検査よりも感度が高いらしい。
 軽症者の検出という目的のためには、PCR検査よりも優れていると言える。

 もしかしたら、これを使ったから、検査実施数が激増したのかもしれない。
 また、そうだとすれば、「軽症者の検査は(医療崩壊を防ぐために)必要ない」と言っていた医者の言い分が、崩れたことになる。
 
 いや、もしかしたら、「 PCR検査は保健所の許可が必要だが、迅速検査キットは医者が自力で勝手にやれる」ということなのかもしれない。案外、これが真相かも。


 (3) CTスキャンによる検査

  CTスキャンによる検査もあるそうだ。日本では、世界にも珍しいほど CT がたくさん普及していて、検査費用も安めだ。だから、高額な PCR検査よりも、CTスキャンの方を上手に利用しよう、という趣旨。
新型コロナウイルスを疑う例は?
普通感冒であれば3日で良くなるので、4日目でも調子が悪ければ、CTスキャンのある入院設備のある急性期病院を受診して下さい。胸部CTスキャンで肺炎の所見があれば、コロナウイルスのPCR検査をして結果が出るまで入院となります。
( → 新型コロナ防疫で、地味に活躍する「CTスキャン」の話 - Togetter

 「胸部CTスキャンで肺炎の所見があれば」ということだが、これだと、重症者がわかるだけだ。
 もちろん、軽症者はわからない。とすると、軽症者は隔離されずに外部に出回るので、感染者がウイルスをバラマキ続ける。感染予防の点では、とてもお薦めできない。

 やはり、検査をすることは大切なのである。WHO のお薦め通り。


 (4) 検査を恐れる人々

 世界的には、WHO のお薦めが標準なのに、なぜか日本だけは、「検査を少なめにした方がいい」という変な意見がやたらと出回る。
 たとえば、下記もそうだ。
  → 孫さんがPCR検査を大々的にやるとツイートしたら……
 これには、賛同の意見をつける人が多い。
  → はてなブックマーク

 だまされる人が多いようだが、これは数字を使ってゴマ化した、数字ペテンである。理由は二つ。

 第1に、「感度60%・特異度98%」と仮定しているが、この数値が著しく低すぎる。迅速検査キットなら感度は 95% だし、PCR検査ならば特異度は 99.5% ぐらいある。両者を組み合わせれば、誤判断の恐れは少ない。なのに、実際よりもはるかに多くの誤判断があると、勝手に想定している。(ほとんどデータの捏造に近い。)

 第2に、誤判断の人数が2万人あると想定して、「2万人が、病院に押し寄せる」ということで、「医療崩壊になる」と結論している。しかし、とんでもない理屈だ。そもそも2万人という数字が、第1の点によって過剰であるが、ここではそれを措(お)いておこう。仮に誤判断を受けて、偽陽性になったのが、2万人だとしよう。その場合、2万人が一挙に病院に押し寄せるか? いや、そんなことはない。
 なぜか? 100万人が1日で検査を済ませるわけがないからだ。実際には、100万人が検査を受けるには、40日以上がかかるだろう。当然、検査の結果を受ける人々も、40日以上に分散されることになる。
 したがって、1日あたりで言えば、2万人を40日であって、「 500人/日」となる。1日に 500人だ。この程度の患者増加は、日本全体では、誤差の範囲だとも言える。何の問題もない。
 どちらかと言えば、今は日本中の病院がガラガラだ。( → http://j.mp/3cQIR6p ) こういう状況では、医療崩壊どころか、患者さんは干天の慈雨になるだろう。医療崩壊を懸念するのは、あまりにもナンセンスだ。

 上の点からもわかるように、日本では「検査すること」を過剰に心配する人が多すぎる。世界の標準からは大きく隔たっている。


 (5) 入国規制

 欧州が域内への入国制限をするそうだ。
 しかし、これはナンセンスですね。域内ですでに蔓延しているのに、今さら入国制限をしても、手遅れだ。「馬が逃げてから、厩の扉を閉める」というのも同然だ。
 そもそも、WHO が言っているように、欧州は今や世界の感染の中心地である。感染の中心地が「外部からの流入を規制する」なんて、意味がない。

 ただし、航空機を止めることで、「欧州から域外への感染の輸出を止める」ということであれば、意味がある。
 原理的には間違った政策なのだが、結果的には目的外の効果が出てくるせいで、正解の政策となった、という感じだ。(思惑はずれというか、想定外というか、望外の効果というか。)
 身勝手なジャイアンが、自分のエゴでわがままをやったら、どういうわけか、結果的にはみんなのために奉仕してしまった、という感じかな。皮肉。

 ──

 一方、日本政府はひどい。イタリアと韓国の入国規制をしたが、そのあとは何もしない。
 感染者数は、スペイン、フランス、ドイツで急増しているし、他の欧州諸国も同様だ。ならば、これらの欧州諸国から来る人々には、入国規制するべきだろう。イベント中止や休校なんかよりは、ずっと有効な施策となるはずだ。

 ではなぜ、日本政府は、そうしないのか? 理由は、次のいずれかだ。
  ・ 頭が悪くて、馬鹿だから。
  ・ 欧州を規制すると、米国も規制することになるから。
   (対米追従なので、対米規制を避けたい。)

 なお、どうせなら、最新データに従うことで、韓国を規制解除するべきだろう。しかしこれも、「対韓政策で強硬策を取りたい」という、反韓の安倍流のせいで、最新データには従えないのかもね。(皮肉) (^^);

 ──

 その一方で、日本政府は「渡航禁止」に近い「渡航自粛」の措置は取った。
  → ヨーロッパほぼ全域「渡航自粛」以上に 外務省 [新型肺炎・コロナウイルス]:朝日新聞
 しかし、これは方向性が逆でしょう。日本人を守るには、出国禁止でなく、入国禁止にしなくては。

 ──

 ついでだが、欧州では、航空機会社が倒産の危機にあるようだ。しかし日本では、それほどひどくはあるまい。国内便は、そこそこ客があるようだ。(とはいえ、激減しているのは事実。)

 【 追記 】
 18日の朝日新聞朝刊によると、政府は欧州からの入国を規制する方針だという。
  → 欧州全域からの入国制限へ 日本政府、入国拒否も拡大 [新型肺炎・コロナウイルス]:朝日新聞


 (6) 支持率アップ

 安倍首相の支持率がアップしている。
  → 内閣支持率は49% | 共同通信

 日本も世界もひどい状況なのに、なぜか安倍首相の支持率がアップしている。不可解に思えるが、理由は推測が付く。休校とイベント自粛という方針が支持されているのだ。
 このことは、朝日新聞の世論調査からわかる。
 朝日新聞社は14、15日に全国世論調査(電話)を実施した。東京五輪・パラリンピックをどうするのがよいかを3択で聞くと、「延期する」が最も多く63%で、「予定通り開催する」23%、「中止する」9%の順だった。
 安倍晋三首相が全国の小中高校などの休校を要請したことは60%が「評価する」と答え、「評価しない」は30%だった。
( → 東京五輪「延期するのがいい」63% 朝日新聞世論調査 - 東京オリンピック [新型肺炎・コロナウイルス]:朝日新聞

 延期するかどうかは、5月の末までに決めればいいことだし、今になって考える必要はないのだが、世間では悲観論が多いらしく、「延期する」の支持者が多い。
 休校についても、支持者が多い。休校なんて、(生徒がマスクしている限りは)まったく必要ないのだが、世間では安倍首相の方針への支持者が多い。
 イベント自粛も同様だ。(狭い室内での)満員電車や会社勤務は平常通りなのに、広い空間のイベントや、屋外でのスポーツ観戦が、中止になっている。ナンセンスというしかない。なのに、こういうのを支持する人が多い。(五輪延期論もその一環だ。)

 人々がこういうふうに過剰な心配症になっているせいで、安倍首相の愚かな政策が支持されてしまう。だから、愚かなことをやればやるほど、支持率が上がるわけだ。

 また、日本は欧州諸国とは違って、感染者が著しく低いが、これも、「国民がマスクをしているから」という真実は隠蔽されて、「安倍首相が休校とイベント自粛を打ち出したから」というふうに誤って認識されてしまう。

 まったく、神風が吹いているとしか思えないように、安倍首相の支持率を上げるように、世間は動いている。呆れはてるしかない。


posted by 管理人 at 23:59| Comment(10) |  インフルエンザ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
(1)に関して
WHOが
「感染者と接触した人が(発熱などの)症状を示した場合にのみ、検査を行うことをWHOは勧めています」と注釈を入れています
Posted by 老人 at 2020年03月18日 07:06
 図表のデータを、18日朝のデータに変更しました。(更新)
Posted by 管理人 at 2020年03月18日 07:58
間違った報道を考察してるようですよ。

https://twitter.com/Perfect_Insider/status/1239738242741596161
Posted by ww at 2020年03月18日 11:02
 報道が間違っているのではなく、報道を間違って解釈する人が多い、という趣旨ですね。その twitter に書いてある通り。

 ──

 誤解を避けるために、本文中に次の記載を加筆しました。

> ※ 検査の必要な人が対象だ。「希望者全員」ではない。
Posted by 管理人 at 2020年03月18日 11:52
 (5) の最後に 【 追記 】 を加筆しました。

> 18日の朝日新聞朝刊によると、政府は欧州からの入国を規制する方針だという。

 という話。
Posted by 管理人 at 2020年03月18日 12:03
 Posted by ww at 2020年03月18日 11:02
 間違った報道を考察してるようですよ。
 https://twitter.com/Perfect_Insider/status/1239738242741596161

 ⇒上のリンク先で、原文の該当箇所などを読みましたが、

 ・疑わしい全ての症例(の人)について検査する。
 ・検査結果が陽性の場合、感染者を隔離するとともに、感染者が症状を訴えた日から2日前までに濃厚接触した人を見つけ出す。この人たちが症状を呈していれば、同じく検査する

 となっています(老人さんのコメントのとおり)。
 Posted by 老人 at 2020年03月18日 07:06

 よって、本稿(1)の論考には別段影響を与えないと思います。

> ※ 検査の必要な人が対象だ。「希望者全員」ではない。

 という補足部分の主旨ですから。

 「どういう人が検査の必要な人か」という点において、日本政府とWHOとでは認識に大きなレベル差があるというのが、本稿の主旨でしょう。WHOは「濃厚接触者」については緩い(日本政府は濃厚接触者は症状の有無に関わらず全員検査。そもそも感染者が中国人しかいなかった頃のやり方をまだ引きずっている)かも知れませんが、おおもとの「感染疑い者」についてはかなり検査に積極的といえます。
Posted by かわっこだっこ at 2020年03月18日 12:19
(5) 入国規制
> ただし、航空機を止めることで、「欧州から域外への感染の輸出を止める」ということであれば、意味がある。
> ついでだが、欧州では、航空(機)会社が倒産の危機にあるようだ。しかし日本では、それほどひどくはあるまい。国内便は、そこそこ客があるようだ。(とはいえ、激減しているのは事実。)

⇒ 飛行機内での感染伝播を防ぐという効果もあるかもしれません(目的外の効果)。「米CDCのガイダンスでは、60歳以上や基礎疾患のある人には、飛行機での旅行を控えるよう勧告しています」との報道が見つかりました。ただし、別のガイダンスでは、一般に飛行機内での感染リスクは低いとの記載もあります。日本の国内線では、キャビン内の空気は3分程度で入れ替わりますとの機内アナウンスをしている会社もあるようです(家族からの情報)。
Posted by かわっこだっこ at 2020年03月18日 19:34
検査に関して

> 昨日、Yahoo!ニュースのコメント欄に、病院勤務医の方のすごい暴露情報がありました。PCR検査を行う場合は、咽頭ぬぐい液の通常検体の他に、全血、血漿、血清などの血液検体を取っているようです。それを必ず行うよう保健所から強く要請(そのお医者さんによると殆ど「恫喝」)されるそうです。そのために、感染疑い者に書面で同意書を取ったり、その他にも沢山の書類を提出しなければならないので、1件検査して検体を国指定の機関に送るだけで一苦労だそうです。

 http://idsc.nih.go.jp/disease/sars/update111-ke.html

 当該コメントは、今日確認したらもう削除されていたようですが、感染研による「SARSにおける病原体検査方針」(上のリンク)を読むと、そういうこともあるのかなと思ってしまいます。岡田先生が、2/28のモーニングショーで、「民間に検査を委託すると国立感染症研究所がデータを囲い込めない。それで、(感染研の)OBが邪魔している」という趣旨の爆弾発言をされた件(下のリンク)もありましたよね。

 https://www.bookservice.jp/2020/02/28/post-41559/
Posted by かわっこだっこ at 2020年03月18日 20:08
 (1) の最後に、次のリンクを加筆しました。

>   → 新型コロナのPCR検査拒否 26都道府県で290件
>     https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000179407.html   
Posted by 管理人 at 2020年03月19日 08:00
> これはもう、「能力がない」とか何とかの問題じゃないね。これまでは意図的に数を抑制していたからだ、としか思えない。……(中略)
 なお、グラフは下記だ。突発的な変化が見て取れる。
 → http://j.mp/39Uh97a

⇒ 上でご提示のサイト(東洋経済のまとめ)で、究極の「突発的変化」が見られましたよ。なんと、3/18→19にかけては、累積の検査実施人数が減っています(14525名→14072名)。

 筆者も別にご提示の、厚労省のサイト(下のリンク)で公式情報を確認すると、やっぱり -453人とマイナス(減少)になっています。これはもう、厚労省には検査について「特別な定義」でもあるのでしょうか??

 https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_10335.html
Posted by かわっこだっこ at 2020年03月20日 09:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

  ※ コメントが掲載されるまで、時間がかかることがあります。

過去ログ